Mac OS・EclipseでRubyのプログラムを実行する

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どれくらい需要があるのかわかりませんが、備忘録がてら書きました。

普段SpringをやるのでEclipse(STS)でのデバッグとか開発に慣れているのでRubyもそこでやりたいなとおもったので環境をつくってプログラム実行してみようと思いました。

santaka
chefをやろうかなと思いまして・・・

前提

  • OS:macOS 10.13.6(特に開発環境は仮想化していない)
  • エディタ:spring tool suite4.1.2

今回EclipseをSpring用に拡張したSTSでRubyを実行しますが、Eclipseでもほとんど手順は一緒です。

最初の環境設定で開くメニューの名前が違うだけです。

手順

Rubyインストール・有効化

「ヘルプ」 > 「Eciplse マーケットプレース…」

「ruby」で検索

「Ruby(DLTK)」で「インストール」をクリック

※Rubyの動的開発キットを入れた後なので写真では「インストール済み」と表示されていますが、インストールしていなければ「インストール」ボタンが有効化されています

Eclipse(Spring Tool Suite)」のメニューから「環境設定」をクリック

「Ruby」>「インタプリター」>「追加…」を選択

「参照…」を選択

Ruby(LTDK)のインストールでRubyをいれたので、「/User/(ユーザー名)/.rbenv/shims/ruby」を選択する

「.rbenv」は隠しファイルでデフォルトでは表示されないので、「command+shift+.」で表示させるとrubyのファイルを選択できるようになります。

インタプリター名にrubyが入るのでそのまま「OK」をクリック

Rubyのスクリプト実行

プロジェクトから右クリック

「新規」>「プロジェクト」をクリック

「Ruby」>「Rubyプロジェクト」を選択し、「次へ>」をクリック

プロジェクト名を入力し、「完了」ボタンをクリック

プロジェクト名を選択し、右クリック

「新規」>「その他」をクリック

「Ruby」>「空のRubyスクリプト」を選択し、「次へ>」をクリック

スクリプト名を入力し、「完了」ボタンをクリック

虫眼鏡マークをクリックして、作成したrubyスクリプトをクリック

debug実行できます。

まとめ

デバッグ楽なのがいいですね!

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(ITコンサル)
◆santaka(SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する