消したい!iPhoneのアプリで出てくるうざい広告を非表示にする方法。

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

以前の記事でSafariの広告をブロックする方法を紹介しました。

ただアプリでも広告ってうっとうしいのたくさん出てきますよね・・・

Webブラウザ対応の広告対策アプリはあるけど、アプリに対応したものってないですよね・・・

前提

今回紹介する方法はすべてのアプリに使えるわけではないので、あしからず。

ある程度のアプリには有効です。

条件は一つ

  • アプリでモバイルデータ通信を利用しないこと

アプリ内でインターネット通信を使用する際はこの方法は使えないです。

方法1

アプリごとのモバイルデータ通信をオフにする

設定アプリから、広告の表示をしたくないアプリを選択

モバイルデータ通信のトグルをタップし、緑から白に変える

これだけです。

この設定が何を意味しているかというと、Wi-Fiの専用回線に接続していない時に、

特定のアプリのみで携帯キャリアの回線でインターネット通信を行わないように設定しています。

特定のアプリのインターネットからの広告ダウンロードを止めて、ほかのインターネット通信や電話回線はアクティブなままにできるので柔軟でおすすめな設定です。

Wi-Fiに接続していなければ、広告が表示されなくなります。

方法2

スマホを機内モードにする

いわずもがなよく見ている画面でしょう

設定から変えるもよし。

画面下から上にスワイプして編集するもよし。

 

これなら、スマホ自体がWi-Fiや携帯キャリア回線にそもそも繋がらないので、インターネット上から広告がダウンロードされて表示されることもありません!

ただ、スマホ自体の通信機能が使えないので、いろいろと不便が多い場面があるかもしれないです。電話すらも来ないです。

特定のアプリをオフラインで使い込みたくて、連絡とか受けとらないならありかもです。

まとめ

ぼくも方法1をつかってMusic Boxとかを使っていますが、とても勝手がいいです。

基本はモバイルデータ通信をオフにして、アプリ起動時のうざい5秒広告とかを排除しています。

オフラインでよく使うアプリとかにみなさんも活用してみてください。

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(ITコンサル)
◆santaka(SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する