行かなくても大丈夫。会社の飲み会の二次会の行かなくていい理由・回避対策

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

会社の飲み会って縛りが多くないですか?

親睦を深めるために飲み会に参加しましょう的な同調圧力がよくないですよねって話ですが。

ぼくは結構はっきり言ってしまうのですが、苦手な人や言いにくい状況も多いですよね。

僕の意見と合わせて、そんな方への対策を書いていきたいと思います。

会社の二次会に行かなくていい理由

会社で親睦を深めるには業務後に飲み会するしかないの?

たしかに親睦を深められる手段だとは思いますけど、嫌な人も多いはず。

会社の人って気を使いますからね。

個人的な話ですが、いま会社の飲み会は陽キャラっぽいノリの強要とかないし、周りも優しい方で陰キャラの自分も居心地も悪くなく、不満はないです。(ありがたい)

ただやっぱり若い人が多く、二次会とかに参加してて抜けたい自分にはやや抜けにくい雰囲気も感じたりします。

まして営業職とかで飲み会のノリが陽キャラ・体育会系だと、酒が飲めない人や陰キャラだと非常に苦痛に感じる雰囲気で、愚痴を言われることもあるような気がします。

そうでなくて酒が好きでも根掘り葉掘り自分のこと聞かれたり、愚痴や自慢を聞いたりするのが嫌な飲み会もあるはず。

ポイント

飲み会=会社で親睦を深めるための一つの手段。

飲み会≠会社で親睦を深めるための絶対参加のイベント

深夜まで外に出て酒を飲むの疲れません?

週末でも嫌じゃないですか?

ましてやオールとかね苦行ですよ。

家庭や個人的な事情がある人はつらいですよね、なくても帰るのは自由だと思いますけど。

普段日中長い時間一緒にいるわけですし、一人で休みたくもなります。

まして1次会で話しているわけで、夜遅く残ってすごく話したいことって・・・

なくないですか?

かといって面と向かって言うと反感を買いそうで怖いところもある。

空いた時間があったらゆっくり一人で休んでストレス発散・休養したいっていう趣向がない人には理解されにくいですからね

若い人が運営しないと飲み会が持たないぞ←?

  • 飲み会も仕事のうち
  • 目上の人にはお酌
  • 節目の飲み会では、若い人は余興やってね

これってなんなんですかね・・・

いい大人なんだから自分の飲み物くらい自分で注ぎましょうよ

飲み会に人がいなくて運営できない・・・いやそんなことないでしょ

自分のお金と時間を割いてまでやりたくないですよね

仕事のうち?ならば給料をくれ

santaka
金を払うサービス残業

なんというかこういう考えを悪気もなく、当たり前のように話している人が多いのが、社会不適合者にはつらいところではあります。

二次会を回避する対策

そもそも飲み会に行かない

1次会に行かなければ、2次会に行くことはほとんどないです。

事前に飲み会が突発的に行われやすい金曜日や節目の仕事が落ち着いた日には飲み会が開催されやすいので、あらかじめ予定をほのめかしておきましょう

ここらへんのことは以下の記事でいろいろ書いてます。

「飲み会に行きたくない」おすすめの帰り方6選

翌日の用事をほのめかす

これは翌日が休みである場合に効果的。

また次の日が仕事でも、「仕事で積み残しの仕事があって朝早く行かなきゃいけないんで・・・」と言い訳することも回避する理由になりうるでしょう。

朝早いですからしょうがないですよねって言う了解を得やすいです。

それでも残るように要求する人はね、もう・・・

折り合いつかないから、無理に合わせなくていいんじゃないかなって思います。

嘘も方便です。

「ちょっと今日あんま体調良くないんでパスで(おっしゃ家でアニメ見るぞー)」

これでいいんです。だれも傷つきません。

変に悩まないほうがいいです。

バックレる

バックレると書くと聞こえが悪いですが、

1次会が終わった後に溜まって残っていると2次会に流されやすい。

大人数であれば適当に挨拶してさっさと帰るのはかなり効果的。

人数が少ないとバックれにくいですが・・・

とにかく嫌なことからは素直に逃げることで精神衛生的にも健康的にも効果大です。

まとめ

santaka
筆者が陰キャラすぎる

2次会含め、飲み会は外で飲みたい人がいけばいいんです。

  • 酒が弱い
  • 職場の人とはあまり飲みにいきたくない
  • 家でゆっくりしたい
  • 別の用事がしたい

こんな人に行かなくてもいい自由が時として阻害されますが、阻害されないようになってほしいなというのが僕の願いです。

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(ITコンサル)
◆santaka(SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する