Mac OS XにSourceTreeを入れてローカルのGitリポジトリを管理する方法

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Gitを使っていてなんとなく思うこと。

バージョンを一覧管理するにはSource Treeが一番良い説。

git logコマンドとかでも追っていんですけど、変更したファイルごとのステータスとかはSource Treeで増分・差分を見るのが楽だなと思います。

以前紹介したGit Hubの導入をしたリポジトリをより効率的に便利に管理するのに役立つかと思います。

Source Treeを入れよう

まず下記ホームページにアクセス

https://ja.atlassian.com/software/sourcetree

ダウンロードしたzipファイルを解凍する

赤枠のzipファイルをダブルクリックすると、オレンジ枠のアプリケーションのファイルが生成されます。

解凍し終わったらオレンジ枠のアプリケーションファイルをクリックします。

「開く」をクリック

「Move to Applications Folder」をクリック

アプリケーションフォルダにSource Treeを追加して、そこからアプリケーションを開けるようになります。デスクトップ上からすぐ開きたいときは、アプリのアイコンを右クリックし、「Dockに追加」をしておくといいでしょう。

初回は自動で立ち上がると思うのですが、アプリケーションを開くと、このような画面が開くかと思います。

リモートのリポジトリとの同期設定です。今回ローカルのリポジトリを追加する上では不要ですので、「セットアップをスキップ」をクリック

おそらく2019年1月現在の最新版だとGitHubのリンクがないです。

※「セットアップをスキップ」のリンクがなく、一番右のGitHubのリンクがない場合

GitBucketクラウドのリンクをクリックし、アカウントを作成し、暫定的に初期設定をおこなってください。

※一番右のGitHubのリンクがある場合

GitHubのリンクをクリックすればリモートのGitリポジトリを導入できます。

リモートのGitリポジトリのみが存在する場合は、リモートからリポジトリ導入して、ローカルにプルすれば、ローカルにGitリポジトリを作成できます。

ここまでで、Source Treeのセットアップは完了です。

Source TreeにローカルのGitリポジトリ追加

Source Treeの画面から「新規…」をクリック

※既存のローカルリポジトリであれば、そのフォルダを下の点線のエリアにドラッグアンドドロップでもOKです。

「既存のローカルリポジトリを追加」をクリック

今回はすでにgit initしてあるフォルダを追加する。

※Git リポジトリを作成していない場合は一つ下の「ローカルリポジトリを作成」をクリック

追加したいGit リポジトリを選択して「開く」をクリック

これでローカルリポジトリのSource Treeに追加終了です。

Source Treeの見方

リポジトリを追加すると、このような画面になっています。

追加したリポジトリをクリックするとファイルのステータスや履歴を確認できます。

●ワークスペース(ファイルステータスの画面)

現在dev_#1というブランチに置いて、最後のコミットからの変更分が閲覧できます。

未コミットのデータがなければ、現在のブランチdev_#1以外のブランチをクリックすれば簡単にチェックアウト(切り替え)できます。

またファイル名を選択すると、変更差分を確認できます。新しく増えたファイルがあればそれも当然確認できます。

トンビ
変更ファイルの確認と取捨選択をしやすいのがSource Treeのいいとこなんですよね

●ワークスペース(履歴の画面)

origin/* と書かれているのはリモートのブランチです。

今回追加したリポジトリは、Source Treeでコミット・リモートへのプッシュを行いました。

コミット時にorigin/*にプッシュするにチェックをすると、リモートにも変更が加えられて便利です。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する