迷っているあなたへ。Nintendo Switch版のスマブラを買った感想・旧作との変更点は何?

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トンビ
Switch+スマブラはじめました。

買いましたダウンロードで。

(ソフトで購入することもでき、スイッチにWi-Fiを繋げダウンロードすることもできます)

これを観ている方はおそらくスマブラ何と無く気になるけど今作を買うか迷っている方がきっと多いでしょう。

Switchスマブラとは?

ソーシャルゲーム全盛のこの時代に大ヒットのゲーム機Nintendo Switchのソフトとして2018年12月7日に販売された名作「大乱闘スマッシュブラザーズSpecial」のことです。

いうまでもないですね。

1999年に64で発売されたことをきっかけに約20年間愛される任天堂屈指の名作です。

(wikipediaより引用)

タイトル 発売日 ハード 売上本数
ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ 1999年1月21日 NINTENDO64 197万本
大乱闘スマッシュブラザーズDX 2001年11月21日 ニンテンドーゲームキューブ 151万本
大乱闘スマッシュブラザーズX 2008年1月31日 Wii 242万本
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS 2014年9月13日 ニンテンドー3DS 253万本
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 2014年12月6日 Wii U 73万本
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL [5] 2018年12月7日 Nintendo Switch 122万本

発売から2週間の現時点で120万本越えということで人気の高さが伺えます。

Switchスマブラの特徴

今回のスマブラはどんなところが旧作と違うのか?

簡単に特徴をまとめると・・・

  • 旧作のキャラが全部集結している。
  • なんなら旧作のステージも全部集結している
  • オンライン対戦で1:1とか複数人乱闘をいろんな形で楽しめる。
  • 1人のストーリーモードが充実

*旧作のステージ+キャラクターが集結。

上であげた旧作のステージ+キャラクターが集結しています。

それに加えて今回、以下のキャラクターが新しく増えて全部揃えると75体もいます。

デイジー、ケン、ダークサムス、リドリー、シモン、インクリング、しずえ、リヒター、キングクルール、ガオガエン

*一人のストーリーモード

1人プレイモード「スピリッツ」やアドベンチャーモード「灯火の星」さらには勝ち上がり乱闘というモードがあります。

勝ち上がりモードではこんな形で本気度というレベルを選び、出てくる敵をよいパフォーマンスで戦うと本気度が上がり、最終的な本気度の高さとかボーナスポイントに応じて戦闘力が決まる

*オンライン対戦

  • だれかと

→ランダムで対戦にすぐ入れる。世界戦闘力という自分のステータスポイントが勝敗で変動する。ある基準を越え、上位何%かに入ると選りすぐりの強者のみが入れるVIPルームが解放されます。

  • 部屋対戦

→自分でやりたいコンセプトの対戦の部屋をつくったり、他人が作成した部屋に入り乱闘を楽しめる。こちらの勝敗は世界戦闘力に影響ありません。

Switchスマブラを買った感想

トンビ
ひとりでも楽しめる

購入前の僕含め、気になっている人も多いかと思うのですが、オフラインのひとりプレイモード・オンライン対戦が豊富で楽しい。

とにかく飽きない。オンラインも友達と都合つかなくてもランダムな対戦は相手が豊富で良いです。

コンピューターが強い

WiiのXのレベル9が、今作のレベル7くらいのイメージ

今作のレベル9ではふつうに強いです。

着地とか執拗に狙ってくるし、コンボ技とかの出し方が容赦ないです。

コンピュータ特有の非人間的なところも若干薄れている気がします。

オンライン対戦が楽しい

これは上で紹介した「だれかと」のランダム対戦

世界戦闘力を競って戦うのは面白いです。

ぼくもちょっとやってみたんですが、1:1や4人などいろんな対戦形式があるので運要素もすこしありますが、1回の勝敗につき約数万〜10万ポイントが増減します。

130万越えたあたりから対戦相手も似たようなレベルにまとめられて弱い人がいなくなった印象があります。

現時点(2018/12/22)だと各キャラ130〜150万を越えると、VIPルームが解放されうらしい。

トンビ
ここで一つ注意

無線LAN接続だと通信不安定でカクカクする・・・

Switch自体にはLANの穴がなくUSBポートしかないです。

有線接続には専用の変換器が必須となります。

キャラ・ステージ多すぎる

ステージのこの数

旧作のステージがそろっているというこの最高さ。

さらにXボタンを押すことで、各ステージを「終点」・「戦場」の形に変形することができます。

これがとてもいい感じだと思いました。

ステージのキャラに殺されるステージよりもシンプルに戦いに集中できる戦場か終点ばかりを選ぶ身としては、風景のバリエーションが増えて楽しいです。

ターゲット・ホームラン競争がない

今作のデメリットになるかもしれない。

決められたコースで的を全て当てるまでのスピードを競うあのターゲットがないんです。

あとはサンドバック君を飛ばす距離を競うホームラン競争がない・・・・

ゲームのメニュー漁ってて少し悲しくなった点です。

Wii Xでガノンドルフでホームラン競争またやるしかないな。

まとめ

すこしなくなってていて残念だった点もあるがキャラ・ステージ・オンライン・ひとりモードのたのしみが充実した今作は面白いです。みんなで囲まず、ひとりでも楽しめる!

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する