【Anaconda+Atom】WindowsでPythonの実行環境を作ろう

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pythonの環境構築でIDE入れる手順の記事は大半はPycharmですが、個人的にはAtomのほうがいい気がしてます。Pycharmも試したのですが、パッケージの管理が複雑な気がします。あとで個別足すのが面倒なのと、重かった・・・

1.PCの環境

OS:Windows10(64bit)

CPU:Core i5

memory: 4GB

→プログラミング向きではない。増設しようとして、ネジがうまく外れず、挫折(怒)

端末:ideapad310

lenovoのPCはやっぱくそ。二つの製品のトラブルの実体験、メリットとデメリットを語ります。

2. セットアップするもの

  1. 最新のAnaconda
  2. 機械学習でよく使うモジュール
  3. エディタ(Atom)

3. セットアップ手順

3.1 最新のAnacondaのセットアップ

Anaconda のダウンロードページにアクセスして最新のバージョンのインストーラをダウンロードしましょう

特に理由がなければPython3をインストールしましょう。

OSが64bitなので64bit版をダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラをクリックして、起動します。[Next>]をクリック

利用規約に同意し、[I agree]をクリック

Just Meを選択して、[Next>]をクリックし、自分のユーザ環境にインストールする

※ドメインの全ユーザのインストールしたい場合下のAll Usersを選択する

インストールディレクトリを設定し、[Next>]をクリック

現時点で最新のPython3.7に登録する旨のチェックにつけ、[Install]ボタンをクリック

終了した画面で[finish]をクリックして、インストールを終了します。

スタートでanacondaと入力し、Anaconda Promptをクリック

※立ち上げてからタスクバーに固定すると、すぐ立ち上げることができて便利です。

立ち上げるとこのように画面が立ち上がります。

3.2 最新のモジュールインストール

  • OpenCV:画像・動画処理のライブラリ
  • Gensim:自然言語処理のライブラリ
  • TensorFlow / Keras:ディープラーニングライブラリ

PATHと入力し、Anacondaに関するPATHをコピーし、テキストエディタ等に控えましょう。

※AtomなどのエディタやプロンプトでAnacondaを使用するため

環境変数と入力し、「システム環境変数」をクリック

pathを選択し、[編集(E)…]をクリック

[テキストの編集(T)]をクリック

※上の[編集(E)]をクリックすると、この画面でPATHを編集できるのですが、文字列が制限されます。

設定を終えたら[OK]をクリックして設定を反映しましょう。

3.3 Atomセットアップ

Atomのページから[Donwload]をクリック

ダウンロードしたインストーラをクリックし、インストールをします。

このような画面が出た後、AtomのエディタでWelcome guideが立ち上がると思います。

「Install a Package」をクリックし、[Open Installer]をクリック

Settingの画面で「terminal」と入力し、platformio-ide-terminalをインストール

※ほかのターミナルでもよいと思います。

インストールと有効化が済んでいるので表示がありませんが、[Install]ボタンと[Enable]ボタンをクリックしましょう。

そののちに、[+]をクリックし、ターミナルを展開します。

Windows10だとPowerShellが立ち上がります。Command Promptではないので注意。

$env:pathでAnacondaのpathがあることを確認しましょう。

これでpythonコマンドもjupyter notebookのコマンドも使えます!

Atomはカスタマイズが便利です。

まだ使いこなすにはプラグインは足りないかと思うので、日本語プラグインなどを必要に応じてインストールを有効化していくとよいかと思います。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する