サクラエディタで行の頭と末尾に効率よく入力する方法

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事の時に何かと使うサクラエディタ。

家では全く使いませんが、何気に便利。正規表現が使えるエディタであれば、他のエディタでも同様の操作はできます。

行の頭に一括で文字を入力したい場合

  1. 入力したい行を選択
  2. [Ctrl] + [R]をクリック(「検索」>「置換」でも可)

3. 「置換前」に「^」を入力し、「置換後」に入力したい文字列を入力する

☛「^」は正規表現で末尾を意味します。

4.「正規表現」にチェックをつけ、範囲が正しいことを確認する

5.「すべて置換」をクリック

これで入力完了です。黄色くハイライトされているところが確認できるでしょうか。

<タブを入力したい場合>

とりわけタブを入力したいときは正規表現を使った置換は遠回りです。

タブを行頭に入れたい箇所を選択して、[Tab]をクリックしましょう。

<タブを消去したい場合>

行頭でタブを消去したい範囲を選択し、[Shift]+[Tab]をクリックしましょう

コードのインデント調整したいときによく使いますね。

行の末尾に一括で文字を入力したい場合

  1. 入力したい行を選択
  2. [Ctrl] + [R]をクリック(「検索」>「置換」でも可)

3. 「置換前」に「$」を入力し、「置換後」に入力したい文字列を入力する

☛「$」は正規表現で末尾を意味します。

4.「正規表現」にチェックをつけ、範囲が正しいことを確認する

5.「すべて置換」をクリック

今回はファイル全体を選択し、すべての行末に「@」が追加されます。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する