初心者は知っておきたい。メルカリで出品するときの商品選びや価格設定のポイントと注意点

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうもとんびです。

メルカリでいらない本とかを売りまくってたときに気づいたことが、結構役にたつかなと思ったので備忘録的に残しておきます。

メルカリで自分の持っているものとかを出品したいなーとか興味がある人は参考にしてくださいね。

出品するときのポイント

さっそく本題に入りましょう。

多分これ見ている人はこれが一番気になるはず。

商品選び

売れるものはなんだって話ですよね。

<売れやすいもの>

  • 新発売のガジェット
  • 家具
  • 工芸品
  • 非売品のフィギュア

結論としては、

高価だけどちょっとお得で貴重なものが売れます。

安めの雑貨とかも需要あるんだけど、どうしても高価なものを安く手に入れたいというユーザーの需要が大きいです。最近だとiPhone8とかすごい。

PSPのソフトとかも現に売れました。(そんなに高くはないけど)

ちょっとこれで終わると物足りないと思うので、中低価格の商品についても言及しておくと、

ぼくの出品した身近なものだとこのへんがよく売れました。

  • 汎用的な参考書(SPIや英語の本売ったことあります。)
  • アウター

ブックオフとか比にならないくらい高く売れます。

逆にいうとこういうものはあまり売れませんでした。

  • 小説
  • 直接肌身につける衣類(インナーに近いもの)

他にも売れにくいジャンルを上げておくと、こんな感じ。中古でも肌身につけて使い古しているタイプのシャツは全く売れませんでした。試したことはないけど生鮮食品とかの速いデリバリーが求められる商品も出品に適さないです。

価格設定

定価の60%〜80%

ここらへんはヤフオクとかでの転売みたいな感覚ではなくちょっとお得だなと思わせる価格が経験上好ましいです。やっぱり他のところと同じかそれ以上の値段では売れないです・・・

かといって弱気に出すぎてもよくないです。メルカリで出品したことがある人は経験のあるひとも多いかもしれないですが、メルカリでは出品者とメッセージができて、値切られたりすることが多いです。

最終売却価格は定価50〜75%くらいを念頭においておくべきだとは思うのですが、初期設定はすこし自分が売りたい価格よりも5〜10%くらい高くして、あとで値引きすることで購入者にお得に感じてもらうのが吉です。

商品になんらかの欠陥がある場合はもちろんそれに応じた割引が必要です。

重い欠陥のある割安な商品はあまり売れませんが・・・

商品情報のアップロード

1.イメージのいい写真をアイコンに載せる。

これが第一に大事です。芸術品とか衣類とか特に、こういう一覧画面で目の止まるようなアイコンにしておくと、購入率が上がります。

2.商品の情報(サイズ・定価)や別角度の写真をふんだんに載せること。

  

情報が不十分だとメッセージで聞かれてめんどくさいというところではあり、そんなリスクをカバーするためにも大事なことなのですが、これは大事です。

衣類とか芸術関連の品とかだと、後ろはどうなっているのかなどと疑問に思うことが多いです。欠陥がないのかとか不安を駆り立てる要因にもなります。商品に欠陥がある場合は正直に言いましょう。

より売りやすくするためにも、商品がどんなものか事細かに的確に載せることで、購入者に信頼してもらいやすくなります。

メルカリ出品時の注意点

まあ主に消費者間のトラブルを防止するために、こころよく出品するのにどれも重要なことです。

商品に関する重要な情報はすべて開示すること

そもそもあまりオープンでないと売れませんが、ちゃんと欠陥があるのであれば、軽微なものもちゃんと情報として説明の欄に記述しておきましょう。

繰り返しになりますが、写真は誇張せずにはっきりと示すことが最も大事です。

情報の開示が不十分だと、購入者が受け取った時に「写真と違うんだけど!」というクレームが来ても文句は言えません。

こうしたトラブルに巻き込まれると面倒です・・・

出品した商品を定期的にチェックすること

僕が以前失敗したことがあるのですが、1年くらい前に出品したことを忘れて友人にあげてしまったことがあります・・・

購入希望が来ていて、クレームつけられて、メルカリの運営に仲裁してもらうという失態を犯してしまったことがあります。自戒の念を込めて載せました。

すぐに出品できる状態のもののみを出品し、出品した商品を定期的にチェックする習慣をつけたほうがいいです。

メルカリを楽しく使うために

ブックオフとかに比べれば、本とかも高値で売れるし、不要なものを売るのにものすごく便利なプラットフォームだと思います。

買う場合もまたしかりで、比較的に安く買えます。何よりスマホですぐ使えてアクティブユーザめちゃ多いことが大きいですね。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する