iCloudのカレンダーをMacやiPhoneのカレンダーに同期する方法と更新されない時の対処法

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なんかMacでiPhoneからiCloud上のカレンダーに登録した予定が見れないんだ・・・

そんなことはありませんか?

1ヶ月くらい前から更新されてなくね?ってなりちょっと対処に手こずったので、iCloudのカレンダーの同期についてMacやiPhone両方の操作方法やトラブルシュート策をまとめました。

1. はじめに

以下の点に留意してページをご覧ください。

注意点・前提条件

  • 環境の差異などによって操作が違うことをご了承ください。手順に関しては一切の責任を負いません。
  • iPad持ってないので、その手順が載せられない点もご了承ください。
  • 2018/8/12現在の情報です。
  • OSの情報:iPhone6s→iOS11.4、Mac Book Pro→10.13.16
  • Apple IDに紐づいてiCloudのアカウント設定を済ませているものとします。

基本的には2と3の手順を行い、端末からカレンダーをiCloudカレンダーに連携し、登録すれば、iCloudのカレンダーを各端末のカレンダーアプリに同期することができます。

ただ同期がうまくいかない場合はあります。

その際は2と3の設定を確認した上で、それでもう悪同期できない場合は4と5の手順をみて手動でiCloudカレンダーを同期して見ましょう。

2. iCloudカレンダーへの予定登録方法(iPhone)

iCloudカレンダーを使うにはアカウントをiPhoneに設定する必要がありますので、その設定から行います。

2.1 iPhoneをiCloudに連携

まずは設定画面からiCloudに連携します。

「設定」アプリから「カレンダー」をタップします。

そのあと、「デフォルトカレンダー」をタップし、iCloudのメニューから任意のカレンダーを選びます。

 

うまく同期できていない時はGMAILの設定にチェックが入っていることも少なくないです。同期がうまくいかない際はチェックしましょう。

2.2 iCloudカレンダーへの登録方法

「カレンダー」アプリを起動して、「+」ボタンをタップしましょう。

※既存の予定を変更する際は予定を選択し、右上の「編集」をタップ

ここの予定の画面の下の方にある「カレンダー」のメニューをタップ

  

こちらから登録したいiCloud上のカレンダー名をタップして、指定しましょう。

2.3 カレンダーアプリとの紐づけ

カレンダーアプリを起動して「カレンダー」をタップします。

2.2まででiCloudの設定を行うと、デフォルトですべてのカレンダーにチェックが入っているかと思いますが、紐づけたいカレンダーが外れている場合はチェックをいれて、「完了」をタップしましょう。

 

これでiPhoneのカレンダーとiCloudのカレンダーの同期が完了します。

3. iCloudカレンダーへの予定登録方法(Mac)

iPhone同様にiCloudアカウントを設定します。

3.1 iPhoneをiCloudに連携

「カレンダー」アプリを洗濯した状態でメニューバーの「カレンダー」というラベルをクリックして、「環境設定」をクリックします

「アカウント」タブを選択肢、「+」マークをタップします。

※画面ではすでにiCloudアカウントが追加されていますが、気にしないでください。

iCloudのラジオボタンを選択して、「続ける」をクリックします。

Apple IDとパスワードを入力して「続ける」をクリックします。

これでiCloudアカウントをMacに紐づけが完了です。

3.3 Mac側での同期の設定方法

基本的には3.2までの設定を行えば、Macのカレンダーへの同期が終わるのですが、カレンダーアプリを起動して、左のサイドバーのカレンダーのチェックを見て、同期したいiCloudのカレンダーが紐づいているかを確認しましょう。

カスタマイズしてしまうと、カレンダーが同期されないです。

うまくカレンダーが同期されていない時は確認しましょう。

4. iPhone側で更新されない時の対処法

2の同期設定に問題がないのに、カレンダーが更新されないんだけど・・・

そんなときは同期設定の更新を試して見ましょう。

カレンダーアプリを起動して、「カレンダー」をタップしましょう。

そして設定のチェックを確認し、下フリックすると、手動で更新ができます。

終わったら「完了」をタップしてカレンダーを再度確認しましょう。

 

5. Mac側で更新されない時の対処法

Macでもカレンダーを手動で同期することで、カレンダーの更新を行います。

5.1 カレンダーの手動更新

  • カレンダーの画面で「command + R」を押します
  • メニューバー「表示」から「カレンダーを更新」をクリックします

5.2 カレンダーの同期再設定&アプリ再起動

カレンダーアプリのメニューバーから「アカウント…」をクリック

「カレンダー」のチェックをし直します。(設定後は左上の×ボタンをクリック)

×ボタンをクリックするだけではアプリを終了できないので、メニューバーから「カレンダーを終了」を押しましょう。( 「command + Q」を押すのでも可)

再度カレンダーアプリをクリックして、再起動しましょう。

カレンダーの情報が更新されているはずです。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する