視力検査表の数値の基準は何?ランドルト環の見方などの気になること|視力検査のよもやま話

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みなさんこれの名前を知っているでしょうか。

視力検査表のCマーク

これはランドルト環といいます。いつかのトリビアの泉でも取り扱われていて、「62へえ」を獲得していましたね。インパクトは強くありませんでしたが、雑学としてなぜか印象に残っています。

静止視力

概要

今回視力検査でフォーカスされているのは、静止視力であり、制している物体を認識する能力の尺度を測ることが主題です。

静止視力の対義語は動体視力で、動いている物体を視覚的に認識する能力を指し、運動神経やスポーツの出来不出来に大きく関係している。

ボクシングの選手とか動体視力がものすごく良い。高速で動く新幹線の中の文字を読めたりします。

動体視力は静止視力と相関関係はほとんどなく、静止視力がよくても動体視力が良いとは限りませんし、その逆もまた然りです。

視力の検査・計算方法

ランドルト環を用いた視力検査では5メートルの距離から、見える最も小さな向きの視角の大きさをもとに、視力を算出している。

日本では小数視力と呼ばれる指標が一般的で、1.0や0.1などの表記に親しみがあることでしょう。

学校とかだと下のような簡易表記が用いられます。

簡易評価 小数
A 1.0可
B 0.7可
C 0.3可
D 0.3不可

\(視力=\frac{1}{視角}\)

\(視角=切れ目の幅(mm)\times1.5\)

言い換えると、\(視力=\frac{2}{3\times切れ目の幅(mm)}\)

出典:https://www.ite.or.jp/study/musen/tips/tip09.html

5メートルではなく3メートルで測った場合は、\(1.0×\frac{3}{5}\)となり、検査距離を変えた場合は視力の数値に5メートル距離との比をかける。

視力の表記法

視力検査表の数値の基準は何?ランドルト環の見方などの気になること|視力検査のよもやま話
みなさんこれの名前を知っているでしょうか。 視力検査表のCマーク これはランドルト環といいま...
同一数値の表記例 使用地域
小数視力 1.0 日本など
分数視力 20/20(\(\frac{番号}{検査距離(フィート)}\)) アメリカ・イギリスなどの欧米圏
logMAR視力 logMAR 0.0(\(\frac{1}{小数視力}\)) 臨床研究とか?

小数視力ががなじみがありますが、分数も国際的にはメジャーです。

分数では視力検査表の番号を何フィートでみたのかで表し、その計算結果は小数視力に該当する。

10番のランドルト環の向きを正確に20フィートの距離から認識できたら、10➗20で最低でも視力が0.5あると言えます。

logMAR視力では、logMAR -0.3が2.0 に対応し、視力が上がるにつれ数値が小さくなる。

<対数表記に関する補足>

小数視力との関係性は以下の式で説明できる。

\(logMAR=\frac{1}{小数視力}\)

logMARの底は10の常用対数で、logMARは10に何乗すれば\(\frac{1}{小数視力}\)になるかを表す。(ただの対数の説明ですが)

小数視力1.0の場合は、当然\(10^{logMAR}=\frac{1}{1}=1\)で、計算結果が1になるのは10の0乗であり、logMARは0といえる。

視力検査表の今昔

現在の視力検査表・種類

現在日本ではCに似たランドルト環が一般的です。シェアこそ具体的な数字はわかりませんが、圧倒的なシェアと見て間違いないでしょう。

ただ他の種類の指標ももちろん存在する。

いずれの手法も片目を覆い、正確に認識できた向きや文字の中で一番小さいものを視力の計算対象とする。

Eチャート

一番左の視力検査表で、ブロック体のE字の向きを当てる。

主に米国で用いられることが多いが、非英語圏の中国でも使用が盛んである。

6メートル(20フィート)ほど離れるのはランドルト環による計測よりは遠いですが、遠くの文字の向きを当てるのはランドルト環と同じですね。

スネレン指標

一番右の視力検査表。欧米で広く用いられている指標がこちらで、6メートル(20フィート)ほど離れて、一番上から文字を朗読して行き、正しく読めた最も小さい文字が視力の値の計算対象となる。

1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されたもので、ランドルト環よりも歴史は古い。

過去の視力検査表

ランドルト環の視力検査表は1888年にフランスのランドルトという眼科医が考案した視力検査表であり、1909年の第11回国際眼科学会を機に日本ではランドルト環を用いた視力表に移行することになった。

ランドルト環グッズ

こんなグッズもあります。

ぼくは3着買ってしまいました。

いつでもどこでもぼくから5メートル離れて、片目を瞑れば、視力検査できますよ!

ぼくは目に優しくて、見やすいエメラルドグリーン推しです。

参考文献:http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_5.html

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する