【普通村】初中級者向け人狼ジャッジメントでのおすすめ部屋構成

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オーソドックス村はちょっと飽きたから他の村やりたいな。

かといって、よくわからない村構成でセオリーが様変わりするのはちょっと・・・

人狼Jを2ヶ月くらいやっていて、バランスが良くて面白いと感じたおすすめの部屋構成を紹介します!

オーソドックス村の構成とセオリー

基本的にはオーソドックス村とセオリーが変わらない村をここでは紹介します。

人狼側:3人(人狼2狂人1)

市民側:6人(市民3占い師1霊能力者1狩人1)

の合計9人

基本的には市民側:人狼側=2:1

がちょうどいいです。今回オススメする村では役職の能力バランスに応じて数を調整しています。

狂人は占い師を騙り、霊能者やパン屋が進行を行う。

下の記事で詳しいところは紹介しています。

おすすめの部屋構成

猫猫村

12人村

市民側:8人(市民3、パン1、猫又1、霊能者1、占い師1、狩人1)

人狼側:4人(人狼2、黒猫1、狂人1)

白猫と黒猫が共存する猫猫村。

猫又はとにかく村目に働き、狼に噛まれることを目指す。

鍵を握るのは黒猫。

想定される戦術(1<2<3の順でおすすめ

1.霊能者CO

狼の数がわからなくなり、ロラされることが期待できる行動パターンだが、初日につられる可能性も高い。初日なら黒猫に縄を使いやすい構成であるので、黒猫としての人外側への貢献度はやや低くなってしまうし、霊能真が確定し、生き残ってしまう。

人狼の噛まれ位置にはなりにくいことが大きなメリット

2.占い師CO

狂人含め占い師COが3人出るので真占い師が見えにくくなることが多い。

最初の塩の後に狂人がスライドすればうまいこと村を撹乱しやすい。

この路線に出た時は

  • ロラされて、村側をつれていき、雑殴りに持ち込む
  • 生き残り真占い師を気取り、狼が透けないようにする

どちらにせよあからさまに黒猫だと思われないようにほどよく村目線占い師を演じることが大事。

人狼の噛まれ位置にはなりにくいが、真占い師だと勘違いされると人狼側に噛まれて役目を果たせないので少し配慮が必要である。

3.潜伏する

この戦法を取る時は

  • 人狼に噛まれないように、序盤は程よく村目に気取る
  • 後半に処刑されて村側を連れて行く
  • 生き残り、然るべきタイミングでPPに持ち込めるようにCOする

グレーとして潜伏することでグレーが広がり、狼が透けにくくなるメリットはありますが白だしをされたりすると、狼に襲撃されやすく、狼側に貢献できないことがデメリットとなる。

ただ、黒猫が襲撃されても黒猫が死んだことはわかりにくく脅威となるので、あまり筆者はデメリットはメリットに対して小さく僕としては潜伏するのがおすすめです。

グレーとして処刑されて、無駄な縄を使わせたり、生き残ってPPなど初日処刑や襲撃以外は確実に人狼側に貢献できる。

黒猫は村を撹乱できる楽しい役職です

大狼村

市民側:9人(市民6、霊能者1、占い師1、狩人1)

人狼側:3人(大狼1、人狼1、狂人1)

人狼側は3なのでやや不利に見えるが、大狼は占い結果が白で出るので非常にフラットに発言しやすく、厄介な存在です。

占い師は能力が半減する格好になりますが、占い師は唯一の黒の炙り出しを目指しましょう。

市民側としては、議論のみの情報で人狼側を吊るのがマストであり、議論が普通村以上に重要になる。

ただ序盤とかに大狼が処刑されると、霊能者が大狼の死亡を判別できて、市民側の勝利がかなり近づく。

様子をみて、呪われし者を市民に置き換えるか狂人を狂信に変えるのもありだろう。

殉教・呪われ村

市民側:8人(市民3、呪われし者1、パン1、霊能者1、占い師1、狩人1)

人狼側:3人(人狼2、狂人1)

その他:1人(殉教1)

+15秒ルール

呪われしは覚醒すると、対象の人はロードが遅レ昼の話し合いへの参加が遅くなるので、これを追加すると良いです。あとは話しあいも通常より長くできるように設定するのが吉。

基本的には普通村のCO構成になりやすい。殉教は放置されやすいのであまりCOしないことが多い

殉教は生き残った場合、後半人外側につくのがつるのであれば、早めに吊りたいところではある。

一見構成は村有利だが、、呪われし者が覚醒すると、村側としては不利になる。

狼側は覚醒狙いで片白に襲撃しやすいのでGJを狙いたい人狼はそこを狙うとGJを起こせる確率がある。ただそこを考慮され霊能を噛まれたら非常に痛い。人狼と狩人の駆け引きが多様なところもこの構成の面白いところです。

襲撃が行われなかった時の考察はGJなのか覚醒なのかは非常に重要なことであり、人狼側は局面に応じて、機転を利かせて噛まれ位置の片白を守った狩人を騙ることも大事になったりします。このへんは高度ですが・・・

サイコ村

市民側:8人(市民5、霊能者1、占い師1、狩人1)

人狼側:4人(人狼2、サイコ1、狂人1)

9人普通村にサイコ1人と市民2人を追加しています。

サイコは夜の行動の対象となると、人狼も狩人も占い師も殺されてしまう。

基本的には潜伏が望ましい。

狂人の白だしになってしまうと、噛まれ位置になってしまい人狼陣営が破滅しかねない。

処刑されないように程よく村目じゃないグレーを演じて、真占い師に占われたり、人狼陣営として生き残ることを目指そう。

市民としてはサイコを殺すのであれば、序盤でのサイコの処刑を目指したいが、純粋に人狼のみを追うのが大事だとぼくは考えています。

アルティメット人狼村

市民側:9人(市民6、霊能者1、占い師1、狩人1)

人狼側:4人(人狼3、狂人1)

+連続ガードなし

+投票先表示

これは有名なアルティメット人狼を模した村です。連続ガードがないので、霊能者が殺されやすい。狩人としては考え所ですが、霊能者を初日に守るのが無難。占い真狂人決め打ちできればそれでもよいですが・・・

また投票先が見えるので、序盤は村の取り決めに逆らうのは禁物。疑われやすい。かなり疑われる。

他のセオリーやルールは変わらず。役職限らず村目に発言し、狼を探しましょう。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する