スポンサーリンク

スポンサーリンク

社畜になりやすい人の特徴。経営者・起業家と社畜の陥りがちな思考回路の違いってなんだろう。

▼この記事をSNSでシェアする▼

サウザーさんのvoicyの第77話を聞いていて痛快でしたね。

会社勤めが退屈でなんか物足りない人はこういうラジオ好きかもしれません。

社畜

会社が生活の99%くらいの社畜で楽しさや意義が見出せない・・・

こんな感情が芽生えてきたら社畜ですね。

仕事が生活の大半でもやりたいことをやれているなーって思えてる人は、社畜ではないかなーと感じています。

こんなところから社畜を再定義すると、「会社のいいなりにやりたくないことを会社にやらされている人」って感じですかね。

まあ判断基準は勤務時間ではないですね。(まあ80時間以上の残業のブラック労働を強いられている大半の人は社畜という認識で間違いなさそうですが・・・)

会社の資本の増加のためにではなく、自分の資本を増やすのにつながるような自分の好きなことを生業にできている人なら、没頭して長時間働いても趣味感覚で生きていけて、「社畜」的な負の感覚はあまり抱かないような気がしてます。

社畜的思考回路

  1. 苦行を我慢している自分に抱く自尊心
  2. 他人への妬み・愚痴の多さ
  3. 趣味・インプットの少なさゆえの単調な生活

社畜(雇われの身として生活の大半を会社に捧げてしまっている人)は大まかにまとめてこういう感じの思考に陥りがちだなと感じる。

ぼくはめっぽう社畜耐性がなくて、学生時代のバイトも週3回より多くは絶対に入れなかったし、我慢して働くのが嫌いで、会社の残業とかもなんなら週5日8時間働くのも人並み以上にめんどいと感じています。

10年も社畜続けている人がぼくの周りにたくさんいますが、普通にすごいなーって思います。自分がそんな持つ気がしないし、自分よりもはるかに残業している。

ただ同時にこういう感想も持つ。

「タスク詰まってないときもだらだら残業してるけど、家とかで外でやることとかないのかな。」

「飲み会とかで仕事の愚痴とか同僚のちょっとした悪口繰り返してるけど、これ10年以上のやってんのか・・・」

社畜になりやすい人の特徴

「社畜」にありがちな思考回路から翻って、そういう思考に陥りやすい人の特徴をまとめるこんな感じだ。

1. M的な自虐好き(体育会ノリ志向)

苦行を我慢している自分に抱く自尊心

「今月残業40時間超えちまって辛いよー」

「うちの会社ほんとブラックで上司いろいろおかしいし・・・」

飲み会とか会社の外でこういうことをちょっと誇らしげに話す人。

周りにいませんか?

ちょっと思い当たる人もいるのではないでしょうか。

部活で辛い練習に耐えている自分は頑張っている!

そんな自己肯定感を抱きがちですね。まあ自分のやっていることや続けてきたことは否定するのが難しいですからね。

よく言えば勤勉、悪く言えば愚直。

勉強とかスポーツで一本コツコツ努力してきた人とかは、こういう社畜的思考に陥る危険が高いように思える。やりたくない暗記・体力トレーニング理不尽な教育・練習に耐えて成果を上げてきた人であればあるほど、会社で働くときも残業や理不尽な上司などに耐えて働くことも惜しまない傾向にあります。

勉強とかスポーツで素晴らしい功績を上げた有能な人の中でも、大企業に身を捧げ疲弊していく人が多いのは日本の闇な気がしています。

2. 人や物のせいにしがち

他人への妬み・愚痴の多さ

なんか悪いことや気にくわないことがあると、人や物のせいにする性格の人は多いかもしれない。自分の悪いところから目を背けがち。

進学する学校を選んだのも自分、所属するコミュニティを選んだのも自分、会社を選んだのも自分。

「配属の希望が通らなかったせいでやりたいことができない」「上司があれだから自分が評価されない」

まあ環境や他人に非がある場合も多々あるとは思いますが、そういう悪い目に遭うことも含め自分で人生選択をしたはずであり、自分の行いでなんとかなる部分も0%ではないと思うんですよね。

自分のできることから目を背けて他人やもののせいにしていて変わろうとしない人は、会社の粗を探して鬱憤を晴らす社畜的ポテンシャルがある気がします。

3. 関心が狭い

趣味・インプットの少なさゆえの単調な生活

ぶっちゃけこれがもっとも大きい。1・2は社畜でなくともこういう考えになること少しあるでしょう。

休日にこれがしたい!会社に埋もれてばっかじゃなくてあれがやりたい!

やりたいことができるあの会社にいきたい!

こういう感情が希薄な気がします。

仕事以外に自分が没頭できること、やっていることがある人は、「仕事から帰って・離れて〇〇がやりたいなー」っていう感情があると思うんですよ。

会社の飲み会に長々と参加して愚痴ばっかこぼす。

家に帰ってもすることないからだらだらと残業をする。

そんな油を売る時間とお金も惜しく思えるはずなんですよね。

活力がなくて、仕事と宴会と休養くらいしかやることがない人は与えられた仕事をすることだけが生きがいになりがちになり、精神的にも会社にどんどん依存していきやすい。

社畜にならないために

ぼくは社会人経験1年ちょいのぺーぺーですが、入社して1週間でこの生活4・50年は無理だなって悟りました。

そんなわけで会社外で、気になることをいろいろやって発信しようと思いぼくはこのブログをやっています。

この記事を読んでいる人もそんな社畜にはなりたくない人が多いかと思います。

ぼくなりにこのブログに本当の意味で豊かに楽しく働いて暮らすヒントになるような記事を書いていますのでせひ見てみてください!

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する