【ブログ記事の盗作問題】画像・文章の引用はどこまでOK?正しい引用方法は?

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

パクリ、盗作ダメ絶対。

五輪のアイコンとかの絵などの創作の世界でもしばしば問題になりますが、ブログ(Webサイト)も例外ではないですよね。

まったく語り口で書かれた似たような記事が世の中にははびこっています。

画像や文章などをパクられることもしばしばあるし、自分が気づかないうちにパクってしまっているなんてこともよくあります。

以前ぼくの友人のバナナくんの記事で、ぼくの記事の画像が無断で使われていましたが、あれはれっきとしたパクリですね。こちらの記事と同じ画像が使われております。

こういうパクリがどういう処罰を受けうるのかというところをみていきましょう。

ブログのパクリのルール(法律)はどこを見ればいいの?

知的財産権のうちのひとつである著作権についての著作権法でこのあたりのルールが定められています。

著作物とは

「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(2条1項1号)

考えそのものや短い表現などは著作物と判断されないことが多いが、絵・音楽・動画などはもちろん

著作権法の要点

  • 商用ではなく、私的な範囲で用いる分には問題ない。

私的使用のための複製(第30条)

家庭内で仕事以外の目的のために使用するために,著作物を複製することができる。同様の目的であれば,翻訳,編曲,変形,翻案もできる。
なお,デジタル方式の録音録画機器等を用いて著作物を複製する場合には,著作権者等に対し補償金の支払いが必要となる。
しかし,[1]公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(注1)を用いて複製するときや,[2]技術的保護手段(注2)の回避により可能となった(又は,その結果に障害が生じないようになった)複製を,その事実を知りながら行うとき,[3]著作権等を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を,その事実(=著作権等を侵害する自動公衆送信であること)を知りながら行うときは,この例外規定は適用されない。
また,映画の盗撮の防止に関する法律により,映画館等で有料上映中の映画や無料試写会で上映中の映画の影像・音声を録画・録音することは,私的使用目的であっても,この例外規定は適用されない(注3)。

営利を目的としない上演等(第38条)

[1]営利を目的とせず,観客から料金をとらない場合は,公表された著作物を上演・演奏・上映・口述することができる。ただし,出演者などに報酬を支払う場合はこの例外規定は適用されない。
[2]営利を目的とせず,貸与を受ける者から料金をとらない場合は,CDなど公表された著作物の複製物を貸与することができる。ただし,ビデオなど映画の著作物の貸与については,その主体が政令(施行令第2条の3)で定められた視聴覚ライブラリー等及び政令(施行令第2条の2第1項第2号)で定められた聴覚障害者等の福祉に関する事業を行う者(非営利目的のもの限る)に限られ,さらに,著作権者への補償金の支払いが必要となる。

文化庁HPより

  • 引用する際は著作者の許可なく著作物を編集してはいけない。

同一性保持権(第20条)

著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

文化庁HPより

  • 転載禁止の著作物は引用できない。
  • 無断で他人のサイトやブログの内容を転載することは禁止です。
  • 公的機関の発行文献は引用元を示すなどの正当な手段にそって転載可能です。

引用(第32条)

[1]公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)[2]国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することができる。ただし,転載を禁ずる旨の表示がされている場合はこの例外規定は適用されない。

文化庁HPより

ブログは著作物?

もちろんです。無料・有料問わず、著作物になります。上の法律の著作物の定義にブログも例外なく該当します。

無料ブログは自分の個人の範囲の私的な趣味じゃね?

と思い、著作権の対象外なのでは?と疑問に思う方も多いと思うが、ネット上に載せると全世界中の人に閲覧可能になります。そういった点で私的利用でないという見方をされることが多いです。

引用と転載の違い

上のルール厳しすぎね?というかみんな厳密に守れてないんじゃないか?

そう思った人も多いのではないでしょうか。

それは上のルールが「転載」について適用されるからです。

では引用と転載の違いは何か?

引用の定義からそれらの違いをみていこう。

引用とは

  1. 明確に区別されていること
  2. 主従関係があること

弁護士法人 ピクト法律事務所HPより引用

当然引用する際は、自分の著作物が主たるもので、引用部分は副次的なものでなければならない。また、引用されている部分がどこからどこまでという範囲と引用元をはっきりと示す必要があります。

したがって、この限りでないものが転載となる。

転載(パクリ・盗作)とは

    1. 引用元や引用箇所が不明瞭である
    2. 引用箇所が明瞭でも著作物として、引用箇所が主たる部分を占めるものになっている

よってバナナくんがぼくの記事に載せた画像は「転載」となるわけである。

(副次的な著作物ではあるが、引用元がないため)

「転載」をする際には必ず著作者の許可をもらいましょうね。

著作権侵害により、捜査機関による操作を経て、刑事手続の対象となった場合

”0年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられる(懲役と罰金が併科されることもある)”(著作権法119条、引用元:DINFホームページより)ということが明記されています。

ブログの正しい引用とは

まあ一言で言えば、上の引用のルールを守ればいいですね。といってもわかりにくいので具体例を紹介しましょう。

悪い例

出典:ゆとり鳥日記 / ゆとりなんとかの本

  • 出典(引用元)がわかりにくい
  • 引用箇所が曖昧で明記されていない

本の題名とか情報が示されていないし、サイトにしてもURLが張っていないので出典(引用元)を探すのは至難です。それにどこからどこまで引用したのかもわかりにくいです。

良い例

出典:ゆとり鳥日記 / 「ゆとり世代の特徴」 2002年 〇〇出版 ▲▲(著者名)

  • 出典(引用元)が明瞭に示されている。
  • 引用箇所(範囲)が明記されている。

サイトの場合はURLを正しくリンクとして貼ったり、本や新聞であればタイトル・著者・版元・著作年月等を明記するのが正しい引用方法です。また、くどいようですが「”(ダブルクォーテーションマーク)」のような引用箇所を示す記号を用いるようにしましょう。

動画や画像の場合このような記号はくどい表示になってしまいますし、ほとんどのサイトはこのような表記を行なっていませんが、著作者の権利を守り正しく引用するために、このようなマナーを守りブログの記事を書いていきましょう。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

コメント

  1. ひと より:

    弁護士法人の宣伝になっている

  2. banana より:

    私はパクってないぞ〜〜〜

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する