ゆとり世代とさとり世代の違いとは?さとり世代の特徴も解説

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、フクロウです。

フクロウ
無欲なさとり世代なんていうけど、ゆとり世代とは何が違うんだろう?

今日はゆとり世代とさとり世代の違いについて調べてまとめて見ました。

さとり世代とは?いつから?

さとり世代とは、現代の若者が悟ったかのように無欲なところから作られた言葉です。

2013年には「新語・流行語大賞」にノミネートされていました。

いつからの世代がさとり世代なのか?という問いの答えですが、

1987-1996年生まれ

1990年代生まれ

・ゆとり世代の次世代

など諸説あります。というかゆとり世代と違って若者の特徴を指した言葉であり、制度的な境界がないのに加えて、学術的な言葉でもないので明確な定義がないのです。

だいたい今の20代の人たちを含めた若者たちの総称だと思えばいいと思います。

博報堂の若者研究所のリーダーである原田曜平さんが角川書店から「さとり世代」というタイトルの本を出版したことも広まった影響の1つのようです。

おそらく、バブル時代の「大量生産・大量生産」「高級志向」が基本だった世代にとって今の世代のミニマリズムや無欲なところが理解できなかったんだと思います。その疑問を解消してくれるキーワードとしてさとり世代という言葉が流行したのではないのでしょうか?

ゆとり世代とさとり世代の違いとは?

基本的に、ゆとり世代とさとり世代は同じ世代を指しています。ゆとり世代はゆとり教育という教育制度をもとに区切られた世代分別ですが、さとり世代には明確な境界がありません。

基本的にさとり世代のなかにゆとり世代が含まれていると考えていいでしょう。

また、ゆとり世代がよく批判的な文脈で使われることからの脱却の意味のさとり世代という言葉の流行あるのかもしれません。

さとり世代の特徴

さて、ではさとり世代の特徴を見ていきましょう。

よく、無欲だと言われる悟り世代ですが、その具体的な特徴を調べてみました。

贅沢をしない

代表的なさとり世代の特徴ですね。基本的には無駄を嫌い、安いものを好むようです。食事にしても高いというところに価値を感じず、無難に安くて美味しいものを好んでいるようです。

ブランドものやマンション、車といったものにも興味がある人は少ないようです。

また、遊びについても普段から派手に遊ぶことは少なく質素な生活をしている人が多いようですね。

特に若者を中心に流行っている「ミニマリズム」と言ってようなものを持たないということ自体に価値を置くこともあるようです。ミニマリズムについては、高くて質のいいものを好むことも多いので、一概に贅沢をしないとは言いきれないですが。

休日はのんびり引きこもる

当然、全員がそうだというわけではないのですが休日は家で過ごす人が多いようです。外で遊ぶとお金を使いすぎてしまうという理由もありそうです。

また、学校や会社での人間関係に疲れていることも多く。休日くらいは誰にも会わずにのんびりしたいなんて思いもあるようです。

過程にこだわりすぎず、結果に注目する

よく上の世代は根性が大事だ、気持ちを込めるのが大事だ。と言いますがさとり世代はそこまで過程にこだわりません。むしろ常に、いかに効率よく結果を出すかということを考えています。

怠け者を言われたらそうですが効率よく結果を出せること、そのために考えられることはとても重要なことではないでしょうか?

基本誰とでも仲良くする

人と衝突することはとてもコストになります。また、多様な考えの人間がいる世代なので無理に分かりあおうとはせず、お互いにとってちょうどいい距離を見つけるのが得意です。

また自分とは違う意見の人間にも寛容で、無理やり否定してしまうようなことも稀です。

基本的には、人間関係でもめすぎることを嫌います。

まあ、複雑な人間関係の中でトラブルに巻き込まれるのなんてとんでもないですよね。

恋愛には関心なし

恋愛には関心がない人も多いようです。お金はかかるし失敗した時のコストもすごいです。そう考えると友達でいいか・・・・という気持ちや他の趣味で時間を使うという傾向になるのかもしれませんね。

そもそも友達を作らなくてもSNSで人と繋がれますし、趣味はいくらでも作れる時代です。もはや、恋人を作るということは個人の選択肢の1つになったのでしょう。

さとり世代はどうして無欲?

経済的に厳しい状態で生まれたから

バブルがはじけた後の不況の中に生まれ、どの家庭でもお金が厳しいな状況だったと考えられます。そんな中で成長をしたので自然と節約志向や高級品に対する嫌悪が生まれたのではないでしょうか?

また、環境がそうだっただけでなく上の世代の失業率や会社での苦しそうに労働する姿を見ているので会社やお金というものへの期待も少ないのかもしれません。

お金がなくても楽しい世代だから

インターネットの普及のおかげでお金をかけなくても一日中、youtubeを見て入られますし、SNSが好きな人はツイッターでもフェイスブックでもコンテンツがなくなることはありません。

そんな中で生きているとお金を使うということのハードルが上がってしまうのかもしれませんね。また、様々な価値観がたむろしているSNSではブランドものを持つということももはやステータスではなくなってしまったのかもしれません。

さて、さとり世代についてまとめてきました。上の世代から見たらなかなか理解し難い存在かもしれないですが、自分たちなりに楽しくやっている世代のように見えます。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する