恋活アプリはマルチの勧誘に注意!2回も怪しいサークルに勧誘された実体験と注意点を語ります。

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みなさんこんばんは。

マイブームは恋活アプリです。というかさすがに交際経験なしどうにかしなきゃというある種使命感だけで?恋活アプリを使っています。

以前の記事でも紹介しましたが、ぼくはペアーズを3ヶ月使い、彼女ができませんでした。そして懲りず今度はwithという似たようなアプリをはじめました。

今回はアプリ使っていて怪しいサークルに勧誘にあった話を反面教師的な感じでしようかと思います。

マルチかネットワークビジネスかアムウェイだかなんだか知らんが、そういう系の女性とあっても金も時間も飛ぶし、いいことなんもありません。

怪しいサークル勧誘にあった体験

①アパレル勤務26歳女性Xさん

ペアーズを使っていて、いいねが届いんたんですよ。この僕に。

内心少し舞い上がりました。ただ、3つ上かーーと思いつつもマッチング。

プロフも実際の見かけもキラキラ系の感じのTHEアパレルって感じの人でした。

会話をしようかとおもってメッセを送ったんですが、2日おきくらいに会話していて縁ないなーと思ってたんですよ。

いいね僕からじゃないしすごく合いそうな感じもしなかったのであっちのペースに会話を任せていました。

ところが早いタイミングでLINE教えてって言われて、その後もあんまり会話を積まずにいきなり今週会える日ないか聞かれ、いくかも迷いました。ただ他に縁ありそうな人がいなかったもので、会うことにしました。藁にすがるような気持ちですねー

そしてXさんはシフト勤務で夜遅くて合わせる感じで夜21時にカフェ(渋谷)で会うことに。

適当にカフェの一角で対面で座り飲み物を頼み、話し始める。

トンビ
見かけによらず意外とインドアだったんだな
トンビ
なんかあんま話噛み合わないんだけどこの人大丈夫かな・・・頭弱いんかな・・・

Xさんが仕事の悩みを良く話している。なにかにつけて僕のことも褒めたり、共感をやけに示してくれるが、主にXさんが「仕事しても生活がきついんだよねー」ということを話している。

Xさん
でもね、最近この人たち(ネットワークビジネスっぽい人たち)に出会ってすごく楽しくなったのー⤴

と30分くらいしてから切り出しはじめ、そのサークルのBBQなどのイベントの写真をマシンガンのように連発して紹介してくる。

「Pさんっていう人すごく面白い人なのー!」「でね、この人がQさんっていう人で仕事で●●をやっていて、この前パーティー開いてくれたの、楽しかったの〜〜〜」

こんな会話が延々続く。ぼくは終始相槌。(全く興味がない)

ここから話が如実にビジネスよりに傾いていく。

「でね、このへんで良く集まって活動してて、Qさんっていうできる人にビジネスを教えてもらってるの〜すごくいい人なんだ〜」

「今私アパレル系で働いているんだけど、給料あんま多くなくて結婚とかいろいろ不安だったけど、副業で稼ぐことでいろいろ生活が明るくなったんだよねー」

Xさん
人って4種類いるって知ってる?
トンビ
全然知らんです。(いきなりなんや・・・)

  • Aさん:お金なくて時間もない人
  • Bさん:お金がなくて時間はある人
  • Cさん:お金があって時間がない人
  • Dさん:お金があって時間がある人

Xさんがカフェのちり紙でペンで何か図を書き始める。

「私たちってどこにいると思う?」

「Bは学生、Aが今の私。だけど、いまいろいろビジネス教えてもらっていて、周りにDの人がいて新しい生き方があるんだって教えてもらって感動したの!」

「お、おう(はよ帰りたい)」

トンビ
てかビジネスってどういう感じのことやっているんですか?
Xさん
権利収入とか事業やっている人にアドバイスしたりするんだよー!

「え、どんなノウハウがあるんですか?」と聞くと、しっちゃかめっちゃかなことを言われサークルの自慢をされ続ける。

トンビ
なんか良く理解してなさそうだし、やばそうだな・・・

気づいたら22時半そろそろ帰りませんかと切り出し帰ることに、終始Xさんの素性についてはあまり聞けず、怪しいサークル・ビジネスの話ばっかされた。

Xさん
今週末スポーツ大会やるんだけど来ない?

「考えます!」と答え帰り、あとからLINEきましたが、すっぱり断りました。

仲良く打ち解けている風でありましたが、サークルに来ないかをめちゃ誘われるという怪しさいっぱいの会話でした。

ブロック安定ですね。

初対面の人にひたすらサークル誘うメンタルも強靭。感服した。いきなりそんなところ飛び込める勇気ないわwwwしかも身元も良くわからない人に誘われていけるかよw

②通信系勤務24歳女性Yさん

これはつい2日前のことです。

マッチングアプリを使う私のものに一通のマッチング通知がきた。

ぼくとしてはわりと無造作にいいねした人なので、良く覚えてなかったが、メッセを開始した。わりかし、大人しそうな感じでパリピじゃなかったので、うわべの話を進めていました。

なんかこのYさん無駄に返信早くね?

Yさん
トンビさんはわいわいするのは好きですか?

唐突になんだこの質問は?今思うとこれがフラグだった。。。

メッセを24時間前から開始して休日の午前にまたメッセが、

Yさん
トンビさんとは合いそうな気がします!近い日会いませんか?よかったら今日空いてません?
トンビ
話早すぎね?

と思ったが、人狼ジャッジメントの廃人と化していた僕は暇を持て余していたので、いくことに。(本当にネットリテラシーない)

そしてまたもや渋谷に。安めのピザ屋さんに入りました。

ファストフード店的な感じでした。

小さめのピザとかを頼み、セルフで運び席に着く。

出身は?仕事は?今住んでいるところは?など初対面の会話が繰り広げられる。

「話している感じ普通だなー」と思っていた。

ただここらへんからちょっとイメージが悪くなり始めるんですよね。

トンビ
人と飯食ってる時にスマホいじるなよ・・・

ピザを食べている途中にもかかわらずずっと携帯いじっているYさん。

今思うと、あれは俺と同じように出会い系で誰かとアポを取ろうとしていた可能性が高いな・・・「ちょっと仕事場の女子会がねー」とか言ってたが、嘘っぽいし、いつでも返信できるだろって感じの言い訳をされました。

20分くらいしていきなり給料の話に。こっから1時間Yさんのサークルの話が続く。

Yさん
トンビさんって月給いくらもらってるの?

あまりにも直球すぎて草生えました。ヒモになりたいのか?いや、そうではなかった。

「私ね、社会人3年目なんだけど、こないだ転職したんだけど、転職する前月給10数万しかなくてねー」

(いや聞いてないんだけど)

「子供を相手にする接客業で楽しかったんだけど、お金が全然貯まらなくてね・・・」

「平日休みだったから、大学の友達とかと疎遠になっちゃってねー」

「でもSNSがきっかけで登山とかの共通の趣味のコミュニティを見つけてねーそこの人に良く会うようになって仲いいんだー」

(なんなんだこの話の自然じゃない展開は・・・)

以下そのコミュニティの友人の写真をひたすらスマホで見せられる。

「Jさんはね、テニスがすごく上手くてね・・・これもいつも金曜の夜に集まってみんなでテニスとかしたりしてるのー⤴それでねみんな土日の休みの人が多くて、みんなで休みの日に遊んだり、パーティーとかやってるんだー」

(これは・・・)

(メッセで「わいわいするの好き?」って聞かれたのはこのことだったんか・・・)

「このコミュニティに誘ってくれてKさんはねすごい人なのー」

「すごく知り合いが多くてねービジネスで成功してるんだー私もこの人にいまの会社(派遣)しょうかいしてもらったのー」

ビジネスってなんのビジネスなんや。あまりもうわべだけ話していて、何にも伝わって来ない。

この手の誘いをしてくれる人は説明がとにかく浅い。この人はIT関係の会社にいるらしいが、会った時に、メッセで言ってたSIerってなんて読むの?しえる?って聞いてきました。

少し頭悪そうな感じを最初に察しました。1人目の人もそうだが、話し方が軽く主張もしっちゃかめっちゃかでした。

ひたすら相槌を打つ僕に対して、関心もないパリピ系サークルの話が続く。

(はよ帰りたい・・・)

Yさん
人間って4種類いるって話知ってるー?

(!!!!)

点と点がつながった瞬間であった。

以下金と時間が云々という同じ話をされましたね。

こんなことあるんだね。

呆れるのを通り越して感心しました。

当然のようにアプリとLINEでブロックしました。

実態不明のサークルのBBQに誘われましたけどね。

真面目にアプリを使っている人を逆撫でしていると思うんだわ。と同時に自分の浅はかさを身にしみて感じました。

出会い系にいるマルチっぽい人の特徴

かといって出会い系の恋活アプリは出会いを見つけやすいです。こういう人に当たらなければいいんです。じゃあどうするか。

プロフやメッセの特徴からある程度見破ることができます。

会う前のチェックポイントはこちら。ぜひ注意してほしい。

  • 出会うまでのメッセがやけに少ない。
  • 相手がカフェや安い飲食店などを指定してくる。
  • 自由業とか職業が分かりにくい人が多い。
  • 会う日時を近い日程で指定してくる。
  • プロフがミーハー

とにかく一番単純です。判別は難しいところもありますが、とにかく話があまり盛り上がらなくてもアポを取ろうとしてきます。

誘いが来ると嬉しくなってしまうところかもしれませんが、打ち解けているかどうかをちゃんと判断して、アポを取るか考えましょう。

あとは打ち解けてきたら、実際に聞いて見て確認するのがいいですね。

恋活アプリの出会いについて

恋活アプリは、僕みたいに普段出会いがないダメ男でも街コン(2時間5000円)よりもはるかにコスパよく合う人に空いやすいツールですが、使い方には今回紹介したような注意が必要です。

ただ相手の恋愛への真剣度の高さは明らかに街コンの方が高いです。アプリと違って女性も少なからずお金を払い、勇気を出してイベントにきているのは大きい。

アプリに関して言えば個人的な感触ですが、ペアーズよりもwithのほうが若い人が多くいいねを送れる数が多いので、出会いやすいです。20代の人におすすめかも。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する