MacBook Proを買うか迷っている人に教えたい。メリットとデメリット。

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トンビ
MacBook Pro買ったZEEEEE✌︎(‘ω’✌︎ )

いやー30万ほどはたいてしまいました・・・

これ買いました。

最近で一番でかい買い物だったw もう数年はでかい買い物はもうしないと心に決めました。

とまあこれも2月下旬くらいの話です。WindowsヘビーユーザーでMacに慣れてない人目線で感想を書いていきますね。

僕が買ったMacBookのスペック

名称 MacBookPro
値段 302800円(税別)

※327024円(税込)

ディスプレイ 15インチRetina
メモリ 16GB
プロセッサ 2.9GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)、8MB共有L3キャッシュ
ストレージ 512GB(オンボードSSD)
充電と拡張性 最大9時間、USB type-cポート4つ
サイズ・重量
  • 高さ:1.55 cm
  • 幅:34.93 cm
  • 奥行き:24.07 cm
  • 重量:1.83 kg3
そのほか 720p FaceTime HDカメラ

ざっとこんな感じ。

Macの製品といっても値段(税別)は

  • Mac Book Air:98800円から
  • Mac Book :142800円から
  • Mac Book Pro:198800円から
  • iMac:120800円から
  • iMac Pro:558800円から

と値段は様々で最低価格だと、メモリ8GB、ストレージ256GBで他の機能も最少となっていて、増強していくと値段が上がって生きます。FInal Cut Proという動画ソフトを入れたりすると、3万ちょいくらい跳ね上がります。

種類によってスペックとかノートかディスプレイかなどいろいろ異なります。

ぼくが買ったProはメモリを余裕を持たせて16GBに増やし、ストレージも512GBにしました。以前の記事で話しましたが、ぼくが持っているWIndowsのPCが4GBでメモリの追加に失敗し、この際だからスペックのいい違うOSのPCを買おうと思い書いました。

Mac Book Proのメリット

一言で言うと、操作性が高い。

詳しく見ていくと、、、

軽くて薄くて使いやすい!

持ち運びがしやすいです。

膝の上において使いやすいです。

1.8kgなのでやや軽いですね。ぼくが持っているWindowsPC(Lenovo)は同じくらいの大きさで2.2kgなので軽くなった気がします。

UI・PCがおしゃれ

Macを買った人の動機の8割がこんなもんだと思うんだ。

アイコンがWindowsとかと違っておしゃれ!(感想は個人的差ある)

MacBookは、カフェで使っていてイケてるIT企業の人みたいな感じの雰囲気醸し出すのにもってこいのアイテムです。

スタバでMacBookいじっているオシャレ系若者は、アップル信者・林檎厨の鑑といったところです。

指紋認証が使える

写真右下のところに初期設定で認証した指を当てると、ロックが解除されます。

iPhoneでホームボタンに指紋認証するのと同じ感覚で認証ができAppleの認証が求められる時にも指紋で認証ができます。ただ起動して最初にログインするときは指紋ではなくパスワードが必要です。

Touch Barが便利

写真の上を見てください。Windowsが入っているPCだとF1とかファンクションキーがあるところにタッチ画面があります。

ここではWindowsのディスプレイの下のタブで明るさとか音量とかを設定しますが、Proだとタッチバーで簡単に設定できます。

キーボード打ち込んでいると、iPhoneと同じで予測変換とか出てきます

fnキーを押すと、F1キーとかが表示されます。

トラックパッドが便利

写真の下の長方形の部分です。結構便利Windows系のPCだと、キーボード入力時に手が触れて思わぬところに文字入力しちゃうこともあるけど、それがない。

二本指で簡単にスクロールできて、三本指で簡単にウィンドウ切り替えできます。したみたいな感じで画面が引いて選択しやすくなります。

アプリケーション・ソフトの操作が重くない

メモリが16GBあるとだいぶ安心ですね。ソフトの問題で落ちることはたまにありますが、パフォーマス分析みても歴然。

Unityでゲーム起動しながらChromeでタブ複数展開でアナリティクスで常時通信していてもこんなもんです。

iPhoneとアプリが連携している

Apple IDでiPhoneのデータが同期されているのカレンダーとかリマインダーとかがパソコンからも見れるのが便利です。

ぼくはカレンダーで予定を全て管理しているので、PCからもスマホからもいじれるのは非常に便利です。

当然icloudフォトとかの連携も簡単にできるし、iPhoneをめちゃ使ってる人にはおすすめ!

Mac持っていてスマホAndroidの人とか見ると、「ん?」ってなります。

OSS(オープンソースソフト)がたくさん使える

Mac OSは、DarwinというUNIX系のOSでOSそのものがオープンソースです。

無料でいろんな便利なソフトウェアが使えるので、いいかも!

WindowsだとOSSではないので万単位の有償のソフトが多いです。

1Password(パスワード管理アプリ)とかSkitch(画像アプリ)とかちょっとしたツールとかが充実してます!

Mac Book Proのデメリット

いつも使っていたあれやこれが使えなくなります。

Windowsで使えてMacで使えないソフトが多い

OS市場はいまだにWindowsが覇権を握っています。最近はWindowsでよく使われているソフトはMac対応になっていますが、それでもまだやはり少ないです。

Microsoft Officeであれば、OpenOfficeなどで代用できますが、ないものも非常に多いです。

個人的にはOffice系のソフトはWindows標準のやつを使いたいですね。

ぼくはWindowsでAGD(デスクトップレコーダ)とかAviutl(フリーの便利な動画ソフト)を愛用していたんですけど、Macでは残念ながら使えないですね。

例をあげたらきりがないんですけど、Windowsソフトがが使えないのはかなり大きいポイントだと思います。

ソフトや製品等のサポートが不足

Windowsは有償ですし、ソフトもサポートがあります。

Macの場合、OSSが大半なので、そこらへんが弱いです。

キーボードがWindows愛用者には慣れにくい

慣れたら使いやすいんですけど、結構好みが分かれる部分だと思います。

キーボードを比較してみよう。

Windows

Mac

  • 半角全角キーじゃなくて英数・かなキー
  • capsキーじゃなくてcontrolキー
  • altキーじゃなくてoptキー

ぼくは日本語対応キーボードにしましたが、日本語載ってないものにもできます。

個人的にはalt + tabで画面切り替えが標準でできなかったりします。

Windows likeに使うにはあらかじめシステムの環境設定からキーボードの設定をいろいろいじる必要があります。

USB Type-Cの穴しかない

これね。

何が問題かというと、

USB Type-C対応のデバイス・USB Type-C対応の変換器が必要なんです。

大半の人はマウス・USBメモリなどのデバイスを今まで通り使えないわけですよ。

タイプCのデバイス持っている人とかなかなか見ないっすよね。

Apple製品に寄せているからこそのデメリットです。Apple専用のマウスとか売ってますが高いので、マウスの人はタイプCの変換器買うか、BlueToothマウスを買うのが良いです。

まあそもそもMac製品自体がUSBやマウスを使うように設計されていない感はあります。データの保存はクラウド上でやるのがいいですね。持ち運びはいろいろリスクあるのであんまおすすめじゃないっす。

CD/DVDプレイヤーなんてものはない

これは軽さ・薄さの代償。

CDをPCに標準では再生できないので専用のUSBプレイやーとかが必要です。

そしてタイプCにしなければいけません。面倒ですが、そんな感じでUSBタイプCに接続できる外付けCD・DVDを買いましょう。

んー外付けはめんどいっすね。これはデメリット。

まあ今時CD借りてデータインポートすることも少ないからいいのかな。

Windowsに比べて若干高い

メモリとかストレージのスペックが大体同じWindowsのPCと比べると若干高いです。

Proだと198800円が最低価格、Airだと10万くらいから買えますが、Windowsなら3万くらいからでも買えて、ピンからキリまでいろんな特徴のPCがそろっています。

まとめ

  • 価格が安さを求めるなら、Windows一択
  • Windows標準のソフトが使いたいならWindows
  • 高負荷の処理のソフトを行うならMacがやや向いている
  • 作業効率と操作性を求めるならMacおすすめ
  • iPhoneのデータを同期させて自在に使いたいならMac

「迷ったらWindows」

これにつきます。

背伸びして、「おしゃれだから」という理由で買うと、あまり満足度高くないと思います。

デメリットもそれなりにあります。

現時点(2018年4月)では

操作性をあげたいとか、重い処理をやりたいとか、Xcode(iPhoneアプリ開発ツール)をつかってみたいとか明確に目的がある人以外は、Windowsを買ったほうが満足度が高いと思います。

今後Mac OSで使えるソフトとかが増えてきて、使えるソフトの多様性の少なさといったデメリットは縮小していくでしょう。CD/DVDなどのハードや各種デバイスとの相性の悪さもありますが、そのうちこうしたハードやデバイスは使わなくなるような気がしています。

MacBookはちょっと時代を先取りしている感じはします。

そこがおしゃれと言われる所以であり、Macのおしゃれさといった魅力を構成しているのかもしれませんね。

Proの商品紹介はこんな感じ

僕が買ったのとスペックは違いますが・・・

ProではありませんがAirは比較的お手頃でいいかも

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する