スポンサーリンク

スポンサーリンク

無駄な会議や議論の問題は、どっちでもいいことを議論しているところにあるという話 -フクロウ雑記-

▼この記事をSNSでシェアする▼

こんにちは、フクロウです。

みなさんは無駄な議論や会議をやっちゃうことないですか?

大学時代はサークルの運営やらで、会社に入ってからは社内会議で。

無駄に時間ばかりかかるけど特に何か進捗があるわけではない会議をフクロウもたくさんしてきましたが、はじめのうちは何が悪いのかとかわかってなかったしどうすればいいのかもわかりませんでした。

研究の結果、最近そういう議論ってだいたいどっちでもいいことを議論しているってことに気がつきました。

今それ大事!?な議論

今でも覚えているんですけど、自分が就活でグループディスカッションをやった時の話です。

確か制限時間15分くらいで就職が決まってからの学生生活で何をするべきか」だったはずです。

で、自分は何となく会社はいってから役に立つ勉強をするとか今しかできない旅行とかするとかかな〜って思いながら議論の進め方を考えてたんですね

そしたら議論のはじめに、一人の男の子がこれって地方出身者か都会に住んでるかによって分かれるよねって言い始めて、まあそうかなと思って聞いてたんですよ。

そしたら同じ班女の子が東京がわかりやすいしそうしよって言ったんですが、そしたらその男の子が「いや!そんなはずはない!地方出身者にするべきだ!!だってその方がリアルじゃん!!」って言いだしちゃったんですよね。

そのキレっぷりになぜか女のこもスイッチが入っちゃったみたいで「いや!東京にしよう!その方が選択肢が多くて考えがいがある!!」ってキレ始めちゃって、端的にいうと地獄みたいなグループディスカッションになっちゃったんですよ。

なぜか二人とも譲らないでグループディスカッションというよりは真剣十代しゃべり場!みたいなテンションで話してるわけなんです。地方の若者にだってプライドはあるんだ!みたいなこと話してるんですね。

二人以外はドン引きしてて止めようとしても話を聞いてもらえないので何とか東京かなんかにセットして話を進めましたが、人事の方もペットが死んじゃった後の人みたいな悲しそうな顔で聞いてました。

なぜ人事の人はペットが死んじゃった後の人みたいな顔になったのか

ペットを飼っていたことのある人ならわかると思うのですが、ペットが死んじゃった後の人の心を占めているものは深い悲しみです。なぜ、人事の人がそんな深い悲しみに覆われたのか考えてみましょう。

それは要点から大きくずれたところで盛り上がった議論になっていたからなんですね。

この議論の要点は何だったでしょうか?

就職が決まってからの学生生活で何をするべきか。では少し違います。

おそらくこの議論で一番大事なのは、「議論を通して人事の人に会社にふさわしいかを見てもらう」ということです。

おそらくこのお題のセットは、仕事に対する意識や価値観についての意見を聞いたり多様な意見が出る議論をどうまとめるかを人事の方は見たかったはずで、地方出身者のコンプレックスや東京に住む人の意識の高さについて聞きたかったわけではないはずです。

また、地方出身者でも東京出身者でも議論は十分可能であり、しかもどちらで考えるかは絶対的な解はないです。

つまり、どちらでもいい。

そこから考えると、地方都会論争@しゃべり場の問題点は、

1、お題においてどちらでも議論可能かつ重要度の低い問題であったこと

2、議論自体の目的を見失い、人事の目を忘れていたこと

の2点にあると思います。

彼らが選考でどうなったかはわからないですが、予想するにあまり良い結果ではなかったのではないでしょうか?

じゃあどうすればよかったん?

その論点自体が議論の目的から見て重要であるかを見極めることと必要なら相手に譲るということですね

当たり前のことですが、議論が白熱していると見失いがちです。

下手にプライドを持たないこと、相手の話を聞き吟味することがとても大事だと思います。

もう一個聞いた話

これは聞いた話なのですが、ある会社でそれなりに偉い人が訪問することになったらしいんですね。それで会社の人たちで会議したそうです。

なんとなくの全体像が決まった後に、偉い人のお昼に何を出すかという話になりました。

いいお弁当がいいか予算がどれくらいあるかなぜかもめにもめた後、おにぎりを出すことになったらしいのですが、その後もコンビニのおにぎりにするかおにぎり屋さんのおにぎりにするか激しくもめたらしいです。

・・・この時間にお給料発生してるってすごくないですか?人類すごい。

議論の無限の可能性を感じさせます。

皆さんも、その議論する必要ある?どっちでも良くない?って言える人間になって、節約した時間でお家でくつろぎましょう。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する