就活を始めるやる気が出ないときにとりあえずやってみるといいこと ーゆとり就活①ー

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちはフクロウです。なんやかんやで就活は終わりにしました

IT系の総合コンサルティングファームから二月に1つと3月に1つ合計2社から内定をいただき、そのうちの1社に行くことにしました。

まだ続けてもいいのですが、とりあえず納得できる企業だと感じたので就活は終わりにすることにしました。

せっかくなので、だらだら就活をしてきた自分ですが、自分が就活を通して考えた内定をもらうための方法について何回かに分けて書いていこうと思います。

初回の今回は、自分のプロフィールを書きつつまだ就活のやる気が出ないときにとりあえずやってみるといいことをまとめてみますね。

フクロウのプロフィール

内定先

ITコンサル2社(内資1つ外資1つ)

大学

中堅私大文系(留年と浪人を1年ずつしている)

学生時代頑張ったことで話したこと

→サークルの話

バイト経験

塾講師、TECH::CAMPメンター

志望していた業界

→たくさん。

金融、IT、コンサル、出版、映像、広告・・・etc

資格

TOEIC800~900

強み弱みそれぞれあるって感じですね。

英語とTECH::CAMPの経験は場所によっては受けがいいです。反対に、留年と浪人はハンディキャップになるかなと思いましたが、就活中特に触れられることもなく実際にはそんなにハンディにはならなかったと思います。

就活にやる気が出なかった時期

就活を最初に始めるまでと落ちまくってた時期は全然やる気がなかったですね。

だいたいやる気が出ないのは

1、ESとかテストが面倒

2、何をすればいいかわからない

3、上手く行かなくて自信がなくなっている

4、行きたいと思える企業以外の選考

とかそんな感じでした。ドラクエやったり、サークル行ったりして時間をつぶしてましたね。

特にその時期をめちゃくちゃ後悔しているとかではないですが、選考とかエントリーの締め切りを見逃したりした時はやばいと思いました。笑

自分としては、やる気の出ない時期があることはそんなに悪いことではないと思います。就活は往々にして疲れるものですし上手く行かないことが多いです。

そんなときに極端に高いハードル(50社受ける!とか)を課してしまうとそれはそれで体力が続かないのでできるとこからやっていくのがいいと思います。(まあそれで何もしないのはまずいので大事なのはバランスってとこですね)

ではやる気が出ないときでもできる簡単な就活について書いて行きます!

就活を始めるやる気が出ないときにとりあえずやってみるといいこと

就活サイトに登録する

就活は情報収集が命です。

どの企業がインターンや選考をやっているのか、選考は何をしてどこをみられるのか、内定した人としなかった人の差は何か。

情報があるからゴール設定ができ、ゴール設定があるから今やるべきことが見えてきます。

そのためにまずは就活サイトに登録してみましょう!

登録自体は5分もあれば終わるはずです。

おすすめサイト
One Career ワンキャリア

サイトURL:https://www.onecareer.jp/

個人的に一番オスメメです。

選考やインターンの情報がカレンダーにまとめられていたり、何よりも前年度の選考の内容や内定者のESを見ることができます。

マイナビやリクナビを登録してもいいですが企業の情報が少ない上に選考に関する情報がまるでないので正直微妙です。

外資就活ドットコム

外資系企業を視野に入れている方におすすめです。

外資企業は、選考が早いので就活を始めた夏や秋に登録しておくといいと思います。外資系にいく気が無くても早めに内定をもらえるとその後の就活で余裕ができるので受けて見るといいと思います。

スカウト系サイト

自分から動かなくても登録しておくだけで企業からオフォーが来るので楽です。

プロフィール登録がめんどうならとりあえず最低限だけ書いておいて後から書き足していくといいと思います。

ニクリーチ

人事の方とお肉を食べられるサービス。
気楽に使えるのとご飯代の節約になります笑

就活が終わった先輩、友達に話を聞く

あまり意味がないように見えて結構大事です。特に志望業界で内定を持っている人や早くから就活を始めて結果を残している人のアドバイスは有用です。

ご飯に誘ったりするならそこまで面倒ではないですしね笑

どうゆうスケジュールで過ごしたかやどの企業の選考を受けたかなどを聞くといいと思います。上手くいっているように見える人でも選考落ちをしてたりするものなので失敗談も聞いておくといいですよ!

通りそうな企業の1dayインターンの選考を受けてみる

大事なのは、インターンに行くことではなく、選考を受けて見ることです。

いきなり本命だったり競争の激しいところだと準備に時間がかかりますし、プレッシャーが大きいです。

なので緩そうな企業の選考を受けてみて、就活ってこういう流れなんだ〜って感じたり、選考を合格して自信をつけるのに使うといいでしょう!

最悪、合格してからでも連絡をして辞退すれば問題ないです(でも早めに連絡しましょう

ちなみに1Dayインターンは、業界研究をしなくても業界の仕組みや働き方について教えてもらえたり有用なので気になる業界の1Dayインターンを受けて見るおすすめですよ。

いかがだったでしょうか?

就活機を始める気が起きない時が一番面倒に感じてしまうものです。

手間のかからない簡単なものからゆっくり初めていきましょう!!

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する