ネットでの出会いってどうなの?賛否両論やメリット・デメリットを考える

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぼくは最近あれ使ってたんですよ。あれ。

ペアーズっていうマッチングアプリ、まあたしかにネットってこともあって抵抗はありましたねー。

誰がみてるかわからんし、FBもろくに使ってない僕は知り合いが閲覧していて恋活アプリを使っているのをバレたくない人にバレてる可能性もありますしねーまあバレてもわかんないんだけど・・・

※ペアーズではFB上の友人は表示されません。また当然同性のプロフは表示されません。

ネットで出会った感想

かれこれ5人くらい会ってみました。

なお彼女はいない模様(安定)。

メッセの継続率悪いし、本当に人いんの?と思いましたね。

まあこういうのは女性は引く手数多で大量にメッセが来るらしいので、男側は数を打つしかないようですね。

1人怪しいビジネス系の人いて危機感持ちましたが、それ以外の人はごく普通の人でしたねープロフ詐欺はなかったです。写真詐欺については否定しませんが・・・

アポとってバックられたりもしなかった(ちょい感動)

あ、ひどい詐欺はありませんでした。まあ登録する時に身分証明書必要だしな。

すべての人に言えることではないし、サクラや危ない人がいる可能性は否定できませんが、プロフをみている限りは、怪しさ全開の人はほとんどいませんでした。少なくともペアーズは。

Withのほうがたぶんいいです。

まえにちょっとだけ登録したmatch.comはちょいやばかったです。

まず同世代あんまいないし、メッセ送っても一通目すらほとんど通じない。通じたと思ったらすげー長文で身上書みたいなメッセきて危機感感じました。ちょっとそのやばい人の印象が強いです。

まあマッチングアプリ、いわゆる出会い系はアプリやサービスによって登録者もちがうので、注意が必要ですね。

ネットでの出会いってどう思う?

賛否両論いろいろあると思います。アメリカとかだと今や結婚のきっかけの約3分の1がネットだと言われていますが、日本はそれに比べるとまだネットでの出会いはすくないそう。

賛否両論をまとめるとこんな感じ

賛成

  • まあ会う相手が怪しくない人で信用できる人ならいいんじゃね
  • メッセージや電話をしてコミュニケーションをある程度とったらよいのでは?
  • 犯罪とかしなければ良いと思う。
  • 出会い方は人の自由だと思う。

反対

  • 犯罪に巻き込まれる可能性あるし、怪しい人もいるから使うのは好ましくない。
  • 身元とか内情をよく知らない人いきなり会うのは抵抗がある。
  • 普段身を置いているコミュニティで出会い探したほうがいいんじゃね
  • ないならサークルとかコミュニティ探すべき
  • もしくは知り合い紹介してもらったほうがいいんじゃね
  • サクラ多そうで印象悪い

主な論点はネットで会う人に対する恐怖感や信頼性の問題ですよね。

たしかに知らない人と不特定多数のいる場所(サークル)で会うならまだ同じ場所に知り合いがいたり、他人の目があります。ただマッチングアプリとかだといきなり知らない人とマンツーマンで会うという状況に陥ります。

話題にも困りますし、なんか会ったとき危ないですよね。女性は特に。

まあ会うときは人がわりかし多い治安の良いところにすべきですね。

メッセしても相手のことを知るのは難しいですが、なるべくコミュニケーションを重ね身元とかなんとなくさぐって問題なくて信頼できそうだと思ったら会えばいいんじゃないかな?

メリット

  • ネットで比較的簡単に会える
  • 合コンよりははるかにコスパがいい
  • 普段学校・会社にいては会えないような人に会える。
  • 身を置いているコミュニティのキャラとかを気にする必要がない。
  • 知り合いにバレないのでアタックしやすい

デメリット

  • 危ない目に会うこともないとは言えない(特に女性)
  • プロフ詐欺に遭うこともないとは言えない
  • 写真詐欺もあるっちゃある。
  • メッセだけだと正直相手の素性はよくわからん
  • 自然な出会いよりも印象があまり良くない(これについてはあとで触れる)

コミュニティ内の恋愛ではないので、知り合いの目がないので、アタックしすぎてコミュニティがギクシャクすることもない。ただ身元やプロフに確証のない人と初めて2人で会うというのがどうしてもつきまとう。

こればかりは人次第ですが、人によっては写真を盛りすぎていたり、プロフとなんか違くね?ってなることがあるかもしれない。あんまりいないので深くは心配しなくて良いとは思います。

そのリスクを踏まえても、コミュニケーション・アポを取るのがやや困難なところはありますが、普段出会いのない人やコミュニティ内の恋愛が苦手な人にとっては比較的に手軽に、安く会えるので便利で良いところはあります。

ネットで出会った人と交際・結婚ってどうなの?

まあここは気になりますよねー

仮にマッチングアプリで彼女ができたところで、人に彼女ができたことは言ったとしても、

「どこで会ったの?」って聞かれて、

「ネット・アプリだよ」って答えるのってちょっと抵抗ありませんか?

それに言われた側も「お、おう」ってなってしまうような気がする。

実際にそういう会話のやりとりを見たことがあるんですよね。

「配偶者に出会ったのどこなんですか」って聞いた相手がネット経由で結婚した方だったんですよね。

結婚とまで行くと、馴れ初めを親に説明したり、友人に説明するのも若干億劫になりそう。

そしてたくさんの人が行うであろう結婚式でもそのような紹介があるだろう。

どのように乗り切っているのかすごく疑問ですよね。

馴れ初めの話題には触れないように配慮しているのかな。聞かれたら「ネットなんですよねー」ってちょっと遠慮がちに答えるくらいしか方法が思いつかないっすね(あまり深く気書かないでくれ的な感じで)

まあ迂闊にも結婚式で、

「出会いは退勤後に自宅でスマホぽちぽちしてたら妻のプロフィールが書いてありました。そこでぱっと見で趣味や関心が合いそうだなと思ってメッセを送りました。そこから1日二通くらいやり取りするようになり、初めて会って良い印象で話も盛り上がって、何回か秋穂くさいがスタートしました。」みたいなことを言われてもドラマチックな感じは皆無だし、結婚式で感動する要素がゼロ。まして聞いていて聞いちゃいけないようなことを聞いている感じもしそうですね。

まだまだネットでの出会いってメジャーじゃないし、「危なそう」とか「”真面目”に出会え」とか言われそうな気もしますし、否定的な意見が多そうです。

ただこういう風潮は日本固有のものかもしれませんし、どんどんこういうのがメジャーになって行く気がします。

現に僕も友人が使っているのを聞いて興味を持ってペアーズを使いはじめましたし、今の若い世代の人はスマホネイティブ世代と言われていますし、10年くらいたったらネットでの出会いに対する否定的な見方も少なくなっていくのではないかと思います。

現在でもアメリカでは結婚の約3分の1はネット経由だと言われていて、Tinderとかのマッチングアプリや出会い系の浸透は早いようです。

ネットでの出会いに対する否定的な意見って多くの人がそれの実態を知らなかったり経験したことがないことによって生まれている。ネットでの出会いが社会的に浸透していけば、ネットでの出会いサービスを使う、いわば少数派に対する色目というのもなくなっていくと思うんですよね。

まあそれが親世代とか年上の人に浸透して行くのは時間がかかりそうですが、今や衰退しましたが、お見合いもマッチングアプリに似た要素を多く含んでいると思うんですよ。

初対面の人に会っている点とかね。それが親類とかの紹介で他人の目がありますが・・・

お見合い結婚→恋愛結婚→恋愛結婚+ネット恋愛結婚

という流れでお見合いがマッチングアプリによって代替されるとは思うんですが、まだそのフェーズの途中にある気がしています。

下の記事ではオンライン恋活サービスを使った時の赤裸々な体験談を語っています。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する