スポンサーリンク

スポンサーリンク

SEO、SNS活用・・・YouTubeでアクセスを上げる8つの方法

▼この記事をSNSでシェアする▼

友人は言った。

キズナアイのひもになりたい。

トンビ
俺も!!

知名度、アクセス数、当然お金も手に入れられる。これがユーチューバードリーム。

幸か不幸か出演するのはリアルの人間じゃなくてもいいことが証明されてしまったのだ。でもそこにはどんなプロセスがあったのだろう。

僕は家にいるときにYouTubeを見ることが多いが、キズナアイのようなバーチャルユーチューバーに限らず、チャンネル登録数や再生数の多いチャンネルにはそれ相応の戦略があるなと最近思っています。

ブログでアクセスのことをよく考えるようになったし、YouTubeにも興味があります。(一応チャンネル持ってたりはする。ブログの素材しか載せてないが)

おかげで今月は2万PVを超えそうだ。

今回はそんなYouTubeを長時間観察していて感じた人気 YouTuberの成功の理由を語ります。

YouTubeというメディアの性質

YouTubeはご存知動画投稿サイト。

  • 無料で誰でもチャンネルを開設して、説明付きで投稿できる。
  • 登録なしで誰でも見れる。
  • 高評価・低評価・コメントをできる。
  • チャンネル登録者数が1000人を超え、総再生時間が過去12ヶ月で4000時間あると、広告を貼れる。(コンテンツが公的良俗に反していたりすると、貼れない。)
  • 唯一貼れる広告はグーグルのもので、バナーや動画などの広告が自動で流れる。
  • 1再生あたり収益0.1円が相場らしい。
  • TwitterなどのSNSでシェアもしやすい。
  • 検索機能もあり、似たテーマや同じ投稿者の関連動画が再生される仕組みがある。
  • 動画としては娯楽系が充実していて企業も多く参入している。

すごく当たり前のことですが、結構重要なことだと思う。

とりあえず、SNSとの親和性が高く、誰でも見やすくて多くの人が長時間見る。

テレビで見れなかったコンテンツがあったりとか、法律や決まりに反する動画も多く投稿される。

娯楽系の面白い動画が再生数が多くシェアされやすいが、幅広いコンテンツがあり、実用的で学術的なコンテンツもある。

YouTubeのアクセス・収入アップのコツ

検索数の多いジャンルの動画を量産する

SNSでのシェアとか口コミが再生数に大きく影響しやすいメディアのような気がするが、SEOは重要だと思う。なんとなくYouTubeで検索かけたとき水溜りボンドとか有名ユーチューバーは上に出てきます。

  • ゲーム
  • スポーツ
  • 音楽
  • アニメ
  • 映画

などなどこれらのジャンルは検索数も多く、上手い人の凄技動画とか面白い裏技動画とかを探したい人が検索することも多い。検索上位を取ることは難しいとは思いますが、ロングテールでブログと同じように検索数の中くらい〜低いジャンルの動画も幅広く作ることで検索でのヒット数を増やすことも大切だと考えられる。

YouTubeはGoogleの傘下にあるサービスだから、ブロガー御用達のグーグルアナリティクスで見れるような平均滞在時間とか直帰率とかを検索のアルゴリズムに当然反映していると思うんですよ(あくまで憶測だが)

こうしたSEOのアルゴリズム的な背景を考えるに、Webサイトと同様に、YouTubeも検索に強いジャンル・テーマ構成にすることで検索でのヒット数も上がり、チャンネル全体の順位も上がり、関連動画でも拾われやすくなり、再生数も増えると思う。

検索数の多いジャンルほど検索上位に載せるのは難しいと思うが、関連動画はヒットしやすい。検索数が中程度のジャンルなら上位を取りやすい。バランスは難しいが、チャンネル開設初期で知名度がないときはYouTube内でのアルゴリズムの評価を上げる努力をすべきだ個人的には思う。

検索されやすいキーワード含んだ気を引くタイトルにする

検索でヒットされやすいチャンネル・動画のテーマにするだけでなくタイトル名も重要だとお思う。

ポイントは二つ

  • 検索数の多いキーワードを取り入れる
  • 展開が気になり、視聴者にとって発見がありそうなタイトルにする

キーワードを意識することで検索でより拾われやすく、関連動画でも表示されやすいコンテンツにしていくことが重要だと思う。

なんか個人的にスーパーマリオRTA(マリオの進化系、自作のオリジナルステージとかをやっている)動画をよく見るんですけど、どんなコースなんだろうとか凄技ってどんな感じなんだろうって気になっちゃうんですよ。

ゲームのプレイ動画とかは典型。

裏技ってどうやるんだろう。それと単純にやっている人や知っている人が多いですよね。RTAは知らない人もマリオはみんな知ってますよね。

そんな感じで人気テーマを広いタイトルに入れることで、YouTuber内でユーザーとの接点を増やせると思います。

有名なアニメやドラマなどのパロディを作る

YouTubeに限らず、Twitterでも藤原竜也のモノマネ・パロディとかの動画はシェア数とか再生数やばいですよね。

上の内容と被りますが、みんなが知っているテーマでかつ面白くてついシェアしてしまいたくなるようなコンテンツって強いですよね。

ヒカキンもスーパーマリオビートボックスを起爆剤に売れていきましたからね。みんなが知っているテーマにオリジナリティを載せて発信すると、話題を生みやすいのかもしれない。

似たジャンルの動画を数個は作る

YouTubeって見始めると止まらない。

写真の右側とかの関連動画の力ってやっぱり強い。惰性で見続けてしまうことも多い。

だからそこの効果を見逃さないわけにはいかない。有名なPVのパロディとかって見られやすい。Seikinパイセン1000万ってすげえな

同じチャンネルでも動画のジャンルやテーマがバラバラだと2次的な再生のコンバージョンを得ることが難しい。

関連動画や次にオススメの動画に動画が表示されにくくなるが、あそこをクリックする人は多い。

野球の動画を見ている人って当たり前だけど野球に関心があります。野球系の動画があれば、右側の動画に関心を持って見てもらえる可能性が高いですよね?

動画を長くし、ユーザーのページ滞在時間を増やす

長くすべき理由は2つだ。

  • YouTubeも動画の再生データやページのアクセス情報を収集していてSEOや表示に反映している。
  • アドセンスの条件も達成しやすく、広告のコンバージョンも良い。

先ほどグーグルアナリティクスのようなサイト内の統計はグーグル検索に反映されているし、YouTube内でも考慮されている。グーグルの検索から動画見る人もいるし。

平均滞在時間を上げればSEOの評価は上がるし、広告のコンバージョンは上がる。

YouTubeで稼ぐ以上、広告のコンバージョンは大切だ。

広告の動画は最初のみ、短く

かといって広告を貼りすぎると、低評価があからさまに増えて、チャンネルのイメージも悪くなり、サイト内のアルゴリズム評価も下がる。バランスが重要だ。

長い動画だったら、途中に動画を入れても良いが、あまり望ましくない。ブログでもグーグル広告を自動にしていて広告が多い時期があったが掲載箇所を減らした方がPVあたりの収益が増しています(実体験)

5秒たったら中断しやすい広告やバナーを適度な間隔で貼り、ユーザーの気分を損ねない広告の導入が大切です。

YouTuberにとっては高評価とかSNSのシェアが財産といっても過言ではないです。

オリジナルのコンテンツを混ぜて、割合を増やす

ここまで散々SEOが大事とはいってきましたが、オリジナリティやブランドイメージを発信していくのは重要です。

自分が何者であるかを、インターネット上で認知してもらうことが重要です。一つ注力するジャンルを決めて、ロングテールのコンテンツを作るのがいいんじゃないかなと思う。

まあもっともブログでキャラを打ち出しきれていない僕がいうのはおこがましいんですけど。

YouTubeにはWordPressブログとは違い(はてなはあるが)投稿者にひもづく登録制度があり、はてなとかよりもみんなが通知を見やすい。そしてファンやリピーターも形成しやすい。

多分動画を長くたくさん見てくれる人はこうした人たちです。

パクリやSEO狙いのみではこうしたリピーターを勝ち取るのは難しいし、こういったキャラクター戦略は難しくも大切です。

SNSで発信していく

動画以外にもSNSは見る人は多いし、シェアによっていろんな人に注目されるきっかけはそこら中にあふれています。

最初は僕はリアルの友人や知り合いに口コミしたり、発信を手伝ってもらうのもありだと思います。

ブログはSNSでのシェアによるアクセスアップは一時的でさほど効果も大きくはなりにくいが、娯楽系の動画はシェアによってバズりやすい。

YouTubeって難しい

結論としては大衆の好むジャンルの攻略とオリジナリティーの確立の二つを頑張るべきだというのが結論です。

僕はそんなに動画投稿したことないし、ブログやSNSにしか力を割いてません。

基本的にYouTuberは稼げる手段もグーグルの広告のみです。

収益自体はブログも動画も基本的にアクセス比例で薄利というのはあんまり変わらないが、

広告掲載条件もブログよりたぶん厳しい。ブログは10記事でサイトの構成がちゃんとしてればだいたい通ります。

それに売れるには動画編集スキルとか特殊スキルとか根気とか色々素質が求められるような気がします。

ブログにも似たようなスキルが必要だとは思いますが、動画編集ってブログの記事作成よりもハードだし、YouTuberすごいなって思います。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する