スポンサーリンク

スポンサーリンク

効果はある?花粉症、アレルギー性鼻炎の僕のレーザー(レーシック)治療体験談

▼この記事をSNSでシェアする▼

レーザー(レーシック)治療って知ってますか?

どちらかと言うと近視の人の治療のイメージが強いですかね。

忌まわしい花粉の対策の治療です。

毎年この時期は悩まされる人も多いでしょう。

→毎年杉の木の映像見るだけで鼻がムズムズしてくるわ笑

若干プラシーボ効果もあると思うんですけど、こう思うの僕だけですかね。

レーシック治療は鼻の粘膜にやる治療もあるんです。僕は8年前くらいに受けました。だいぶ前ですが、これからレーシック(レーザー)治療を受けるか迷っている人に、少しでも参考になればと思い、治療を受けた感想をまとめていきます。

あくまで個人の治療の感想です。客観的な事実としては絶対的なことは言えませんが、治療の実際の様子や治療後の経過とかを書きました。

※治療の効果には個人差があります。

鼻のレーシック治療とは

レーシックとは目の治療と同様に光(レーザー)のことを指します。

麻酔薬を流した後に鼻の粘膜をレーザーで焼くことで粘膜の過剰な反応を抑え、鼻炎や花粉症の症状を和らげるための治療です。

そもそもアレルギー性鼻炎とは、鼻の奥の粘膜が腫れ、炎症ができ鼻水や鼻づまりになることを言います。

ハウスダストや雑菌により粘膜が腫れやすくなっていることが原因となっています。同様に花粉症も花粉が鼻の中に入ってきた際に粘膜が腫れる症状なんです。体内に一定の花粉が取り込まれると、花粉症を発症してしまうそうです。

花粉症といっている人の大半はスギ花粉(2月下旬から4月上旬)。たまにヒノキ花粉(3〜5月)とかの人がいます。後ブタクサとか。

種類に限らず花粉症もアレルギー性鼻炎も粘膜の炎症が大きな原因となっています。

レーシック治療受ける前

僕は小学校高学年くらいからアレルギー性鼻炎になり、花粉症を併発しました。二つもいらねえよって感じです。まあ花粉症の人ってめちゃ多いし、その中でアレルギー性鼻炎持ちもおいと思います。僕の場合父親が鼻炎で、遺伝?かわかりませんが、僕も鼻炎を発症しました。花粉症は鼻だけでした。目は大丈夫だったので不幸中の幸いって感じです。両方の人マジ大変だなって思います。

多分症状が軽かったり、自覚してない人も入れたら、意外と人数多いんじゃないかなとおもいます。

レーシックを受ける前僕は3年ほど毎年12月から3月くらい定期的に地元の耳鼻科に行き、薬の吸入をして、抗炎症剤とかをもらって毎日服用していました。

最初はそれで症状がやや緩和されていたような気がするんですが、なかなか効かなくなってきました。ほぼ一日中鼻詰まっているし、鼻もろくにかめない。それで抗アレルギー性の強めの薬にして、点鼻薬をもらうようになりました。それで確かに鼻づまりは楽になった。ただ、点鼻薬してないときは鼻水がひどかったです。

点鼻薬とかで鼻づまりは解消したんですけど、代わりに鼻水が辛かった。常に鼻噛まなきゃいけないし、点鼻薬やめると鼻づまりきつくなると言う踏んだり蹴ったりな状況で通院をやめたかったので、レーシック治療を受けることにしました。

レーシック治療を受ける準備・流れ

受ける準備

僕の場合は、日常的に通院していた耳鼻科の診療医にレーシック治療を紹介され、親と相談し、受けることにしました。紹介状を書いてもらい、大きな病院の診療を予約し、2週間後に受けに行きました。

僕は自治体の大きな病院でしたが、大抵レーシック治療を受ける場合は地域の小さな病院では受けられません。

大学病院や自治体の病院に紹介してもらい、診療を受ける形になります。

紹介なしで大きい病院で受けようとすると、紹介料を取られ費用が高額になります。

診療の流れ・感想

スプレー薬をを鼻の奥の粘膜にかけます。スプレーの中には血管収縮薬と部分麻酔用の薬が含まれています。

これはレーザーを粘膜に照射すると、強い痛みが伴うので、それを抑えるためにスプレー薬を打った後に実際のレーザー照射を行います。

記憶は曖昧でしたが鼻の中にレーザー照射用の器具を入れて10分くらい治療をします。鼻の中を照射している際は苦しくもなく痛みもなく、快適でした。

ただ、鼻の奥に打ったスプレー薬が鼻を通って奥歯に若干流れて、奥歯の感覚が若干なくなって不思議な感覚でした。これって他の人もあるあるなのかな。

とりあえず不安あったレーザーの痛みは皆無でした。鼻の中とかも皮膚の感覚がなかったからあまり記憶にも残らなかった気がします。

レーシック治療受けた後

治療直後

レーザー治療は痛くなかったのですが、1時間くらいすると、鼻の奥がヒリヒリしてきます。

痛くはないのですがややかゆい感じです。

治療直後「もう粘膜は腫れないよな」と期待しすぎていましたが、最初は割と鼻水が出ていました。鼻づまりは皆無でした。

夕方に治療を受けて、2時間くらいは鼻の痒かったり、鼻水が出ていました。ただ、2日しておさまりました。

治療後1週間

治療して1週間すると、鼻水が治ってきました。ただ、完全に鼻水や鼻づまりがおさまる訳ではありません。

レーシック治療の成果としては、鼻の腫れが85%くらいなくなったという感覚でした。

もともと結構鼻づまりが絶えずきつかったので、治療後完全に鼻水・鼻づまりはなくなった訳ではなかったが、症状も軽くなり時々しかならなくなったので感動していました。

治療後1年後〜現在(治療から8年後)

レーシック治療の効果はせいぜい1〜3年と聞いてはいたのですが、効果は持続していて今はあまり鼻炎や花粉症に悩まされなくなりました。

鼻炎はほとんど悩まなくなりましたが、花粉がきつい3月の時期に耳鼻科に薬もらいに行く程度に軽症になりました。行かない年もあります。

今は鼻水がやや出やすく、鼻詰まりはだいぶ減りました。冬や春以外の時期も鼻水は人よりは出やすいですが、レーシックやってよかったなと思いました。

これからも辛くならないといいなという感じです。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する