スポンサーリンク

スポンサーリンク

にわかエンジニアブロガーが独立する方法について考えてみた。

▼この記事をSNSでシェアする▼

トンビ
僕の仕事・人生観を色々綴った。ザ・ブロガー感満載の記事となっています。

最近ブログのタイトルを「1から鳥と学ぶIT」から「ゆとり鳥日記」に変えました。もちろん二人で決めました。

理由としては、(僕の主観込みだが)

  • ITというくくりに縛られず、二人の生活や知識を発信していきたい。
  • 年功序列とか終身雇用的な伝統的な考えをあまり好まない「ゆとり」世代であり、二人もその気質が強い。

この二つかと思っています。フクロウ的には違うニュアンスを思い浮かべているかもしれないが、大きく違わないはず。

これまでもITを中心にいろんなジャンルの記事を書いて来ましたが、この機会にタイトルとして大きく打ち出してブログを変えていこうと思いました。

ブログを続けている中での心境の変化

ブログを始めた頃の心境

昨年の7月にブログを始め、現在まで8ヶ月くらいブログをやって来ました。

当初は僕がノリで買ったドローンの開発記録を発信するためにブログ開設しようぜって話になり、フクロウと二人で運営する形でブログを開設しました。

会社生活に退屈さと危機感を感じた

会社に入り研修を受け配属先にも慣れました。ただ、会社中心の生活に物足りなさを感じ、こんな生活が続くことに不安を感じていました。会社と家の往復ばかりをするだけの平日と漫然とう休んで過ごすだけの休日。仕事も自分の興味のある分野であるITの仕事についたし、会社の付き合いで疲弊するような生活でもない。会社に、もっというならシステム開発のプロジェクトの中に埋もれてすごく狭い世界で生きているような感覚がありました。学生の時もそんなにコミュニティとか友人との関わりを深く持つタイプではありませんでしたが、社会人生活はずっと長いのに、関わる人や環境が代わり映えしない勤め先の環境で生きることになんとも言えないやり切れなさを感じました。まあ幸せなことではあるんですけどね。勤め先は良くも悪くも安定的です。伝統的な日本の大企業って感じです。

会社以外の生活も楽しく充実したものにしたいという感情がだんだんと芽生えて来ました。

ブランド・ステータスではなく、個人として力をつけたい

僕はこれまで、所属するコミュニティとか自分のステータスを気にしてばかりいたと思います。

  • 学歴
  • 学業成績
  • 就職する会社
  • 資格

受験勉強を頑張って挫折した過去からこういった肩書きに対する依存意識が強くなったように思います。テストで高得点をとったり、良い成績を取ることで実際に自分が成長した気になるし、ちやほやされることもあります。学業を極めていく上でこういうモチベーションの保ち方はプラスに働きます。しかし、これらは決まった範囲の知識を覚えているかの指標に過ぎません。特に学校のテストとかそうですよね。資格とかは実用的な部分もありますが、知識の有無や肩書きを示すだけのものもたくさんあると思っています。このブログにもIT系の資格とかの話をたまに書いていますが、それらを持っているからといってエンジニアリングのスキルがあって価値を作れるかは別問題です。

そんな考えが潜在的にあったのもあり、就活では真剣に対策もせず適当に興味を持った大企業をちょろっと受けて危うい状況に陥りました。

結果的に現在の勤め先(SIer)に入りましたが、ここで普通に働いていたら、会社とか肩書きにすがる人間になるなと思うようになりました。

こういう考えが自分の意見や知識を発信して、価値のあるメディアを作り上げていくブログにのめり込むようになったと思います。

有名になったら稼ぎとか知名度上がって楽しそう

上の二つの理由は言ってしまえば綺麗事だ。ブログを興味を持ってやろうと思った理由を後から分析しているに過ぎない。

単純にお金が欲しかった。有名になってみたかった。

というのが僕がブログに飛びついた一番大きな理由だと思います。

実際のところは有名ブロガーの記事をみたり、ツイッターを見ることで楽しく生きる方法があることを知ったのがきっかけですね。

カルロスさんのブログとか僕には到底真似できる気はしないですが、読んでて楽しいです。ブログに関心を持ったきっかけはカルロスさんのブログです。

うまくいけばお金稼げて楽しそうじゃないですか?

動機とかどうでもよくないですか?関心・欲のままに生きれば

面白そうだから。楽しいから。リターン(稼ぎ・知名度アップ)がありそうだから。後から考えるとブログに興味を持った理由を深く掘り下げられなくもないですが、長ったらしく書くと嘘らしくないですか?

就活の時とかそれこそ上の二つのような分析的な理由を土台に堅苦しい志望動機とか書いてましたね。懐かしいけどあれ苦手だったなー。「私は部活・サークル活動の経験から〇〇することにやりがいを感じるので御社で△△な仕事をしたいので御社を志望します。」的な。

今の新卒の就活(面接)って人間の性格・関心とかが一生移り変わらないっていう潜在的な前提の上に成り立っているような気がします。過去の経験を話すだけで会社にとる人選ぶってめちゃ危なくないですか?就活の前に仮就労期間(インターン)みたいなのが長めにあるべきだと思うわ。離職率も下がると思うし、会社と応募者のマッチングに良いと思う。面接である程度性格・能力とか、会社に貢献するかもある程度推測はできるとは思うけど。

こんな感じで斜に構えやすい性格でコミュ障なので、文系総合職の採用試験はもっぱら面接とかで落ちましたね。そのくせ成長志向高い感じなので、「会社に長く属して、周囲と協調して仕事をする」という能力が求められる人物を演じる面接が嫌で苦手でした。

少し話は逸れた気がしますが、こういう成長意欲とか個人としての自己顕示欲を向けられる趣味としてブログがあっていたような気がします。

ブログ継続8ヵ月経過した今の心境

自分で価値を生み出しているやりがいは大きい

最近はそれなりにアクセスを集められて、SNSでの反応も増えてきたのでだんだんと楽しくなってきました。

はじめこそアクセスが低く最初の2ヶ月は鳴かず飛ばずでしたし、アクセス0とかもあったので、モチベーションが続きませんでした。そういう局面でも試行錯誤してブログのデザインや記事の書き方とかテーマを模索し続けた結果、3ヶ月過ぎてから徐々に実り始めました。

アクセスを得られたことも大きな成果ではありますが、ブログのデザイン編集や記事を書くなかでスキルとか知識を得られたような気がします。これも結構大きい。

  • あまり知らなかったIT系の知識やスキル
  • IT以外の雑学とか思考法
  • 文章の書き方
  • SEOのこと
  • インターネットマーケティング
  • WordPress,php,css,HTMLのこと

どれもすごく専門的なところまで極めていませんが、浅い知識のものも多いですが、

①記事を書くために②ブログのアクセスを上げるために、インプットやアウトプットを試行錯誤することで、自分の知識やスキルは確実に増えている実感があります。

ブログをやっていて楽しかったり、充実感を感じられる理由はここにあると思います。

ブログはあくまでサブ事業

ブログはだんだんと軌道に乗ってきました。ブログを価値のあるメディアとして資産化することはできています。

ただ、あくまでブログ=発信する手段

やっぱりコンテンツもっというなら、ブロガー自身がインプットやアウトプットを試行錯誤することがメインであるべきなのではないかと僕は思います。ブロガーがいろんなことに取り組むこと自体に大きな価値がある気がします。

色々調べてそれをまとめて記事にすることも大事だし、ブログに必要なコンテンツだと思います。ネットに溢れている雑多な情報をまとめてわかりやすい形で需要に合わせてコンテンツとして届けるのもブログの重要な役割です。

ただ、それは二次的な情報であり、オリジナルではありません。

最近の記事を振り返るとそういう記事が若干多いな気がして、自分としては何も生み出してない物足りなさを感じています。独立するためには価値を生み出す手段を色々持つことが必要。

ブログのオリジナリティやブランドを打ち出していくことがこのブログの課題。

  • 自分が体験したり、取り組んだオリジナルの情報(一次情報)をもっと発信する。
  • 自分の意見を二次的な情報に足して発信するのをもっとうまく行う。

この二つが重要だと僕は思っています。

プロダクト・成果を生み出したい。

自分の中で構想もうまく練れていないので、言葉にするのも難しいのですが、個人としてアプリとかサービスとかを作ってみたい。規模の代償は問わず、IT関係の人が集まるコミュニティとかイベントとかでもいいなと思っています。

ブログも個人の一つのプロダクト・成果ではあると思いますが、それとは別に。

僕は普段システムエンジニアとして案件のチームに埋もれています。スキル・経験も積めるし、そこそこ給料もらえし、ITシステムというプロダクトに携わっているといえば携わっている。

ただそれだと「〇〇会社、××案件のトンビ」としての価値しかないんですよ。自分がITシステムを提案して作っているわけではなく、作っているチームの一部にしか過ぎないんです。

今会社・案件がなくなったら、自分が生み出せる価値ってそれこそブログしかないんです。

だからこそ会社でスキルをつけつつ、社外でもブログを伸ばしつつ、アプリとかプロダクトを作りたい。何より会社に依存して40年以上も働きたくない。自分が出した成果に応じる報酬をもらって楽しく生活したい。

会社の給料が上がるの時間かかるし、上がる保障もない。

独立する方法

従業員として会社に一切属さない独立をするかはわからないが、起業・転職・複業など何らかの形で「会社に依存しない」という意味での独り立ちは絶対に達成したいと思っています。

今の時点ではアプリとかサービスを作ることに興味があるので、とりあえずその勉強をしています。最近再びテックキャンプに行き始めAIやVRなどのカリキュラムをこなしています。

いきなりリリースするサービスを作ることはできないので、

デモ作品→プロトタイプの試作→リリースするサービスの企画・制作

この流れで進めて行きたいと思います。

勉強していてカリキュラムをこなしていると、ついやった気になってしまうので、目に見えるプロダクトを生み出すことを重視しようと思います。

AI,VR,iOSを一通り、デモ作品とかを作り終わったら、どの分野でプロダクトを作るかを検討して、プロトタイプ制作に取り掛かろうと思います。Webサービスもありかなと思っています。

途中で興味関心がずれて動画とかドローンをやり始めるかもしれないですが、仕事外で何かプロダクト・成果を作ることにこだわりたいなーと思います。

プログラミングとかこういうのって初期投資すごく安くできるし、取り掛かりやすいしほんと便利な世の中っすわ。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する