スポンサーリンク

スポンサーリンク

駅・オフィスのトイレが混みすぎな件。その理由と対処法を伝授します。

▼この記事をSNSでシェアする▼

僕には最近、身近で一番の深刻な問題だと思っていることがある。

そうそれは都会の駅やオフィスのトイレ混雑がひどい件である。

こんな経験ありませんか

トンビ
やべえ腹痛

トンビ
途中下車しよう・・・

速歩きで駅構内のトイレに向かう。

トンビ
うしトイレついた・・(安心)

青年は絶望する。

入口付近まで続くサラリーマンの列。

失禁を恐れる心を抑え、改札を出てコンビニを探す。

駅前のコンビニに入るも鍵が閉じている。さすがにここに列はない。

あと5分がんばれと言い聞かせる。

ノックをする。ノックが返ってくる。

中の人も急ぐ気はあるようだ。頑張れ俺。

2・3分が経過する。

トンビ
やばい。早く開けてくれ!

平然とトイレの前をうろうろする。内心はめちゃめちゃ焦っている。

そんなところで個室から流水音が!

青年は間一髪救われたのであった。

公共の場のトイレ混雑問題

もちろんテーマパークとかイベント会場は無理ないよね。不可避な問題ではある。ただ、駅やオフィスに関するトイレの混雑問題には議論の余地があると思うんだわ。

通勤の時間帯のトイレ混雑は異常

通勤ラッシュ・退勤の時間は電車混みすぎだよね。

トイレに限って言えば、朝の混雑は異常。基本的に腹が痛いときはすぐに電車おります。遅刻しそうでもぜったいそうしてます。まじでやばくなりそうになったことあったのが反面教師になってます。

高校の時も通勤ラッシュに巻き込まれていたのですが、数年たっても何一つ変わらないですね。いつになったら解決すんだろう。

学生の数はたぶん大したことないが、サラリーマン・OLがめちゃ多いんだよな。

オフィスのトイレって基本満室じゃね?

僕はかれこれTHE都心で仕事をして1年近くになるんだが、トイレに行くと8割くらいの確率で列ができている。

昼休みとかではなく、勤務中に抜けていっても大体空きが無い。個室四つもあんのになー。かといって並んでいる時間無駄ですよねーーー。かといって腹痛いときは後で行こうかなーみたいな余裕もないので大体待つのですが、いざ入って用を足し出ると自分の後ろに並んでた人が待っているなんてこともよくあります。他の個室の人はやく出ろよって思います。

個室の外で待っている人は焦っていますよ。

トイレ混雑の理由

一言いうと、オフィス・駅のトイレの数は十分だと思う。どの駅にも必ず2個以上は大体個室があるし、オフィスも大体各フロアにトイレあるよね。十分快適な社会ではあると思う。

ぼくは主に人に原因があると思う。

朝に腹が痛くなる人が多すぎ

これは僕ですね。まあ僕に限らずストレス性胃腸炎の人とかなりがち。ストッパ下痢止めとか飲んだら、なんとかなるもんなんですかね。

ともかくトイレのタイミングを調整するのは至難の技ですからね。晩飯にあまりにも脂っこいものとかは食べないようにぼくは気をつけていますが、よく朝途中下車してしまいますねー。朝出勤前に済ませようと思ってもなかなかうまくいかない時がある。

朝の腹痛は原因によっては避けられないものですが、偏食や飲み過ぎによるものは十分対応可能ですし、前の晩に偏食や飲みすぎをした人は朝早く出勤しないことをオススメしたいですね。

トイレで休んでるやつがいる

これが懸案事項です。もっとも解決の余地があるし、憤りを隠せない事実です。すぐ解決できる問題である。朝のラッシュ時はあまりないが、オフィスで働いているときは頻発していますね。

当然個室の中の様子はわからないが、よほど体調悪くない限り個室に10分以上いるのっておかしくないですか?

最近はスマホが普及していて使用時間も長いです。カバンの中にある新聞とかを中で読んでいる人とかも中にはいるんじゃないかな。あとは便所飯。

これらはマイノリティーにしても、スマホの使用がめっちゃ多いような気がしています。時間を忘れて個室に居座ってしまうんでしょうね。

是非とも不安な面持で外で待っている人の姿を思い浮かべて欲しいものです。なるべく5分前後で出て来て欲しい。あとは「トイレ休憩=仕事を抜けている時間」という意識を持っておきたいところ。

都市圏で働くサラリーマンの母数が多すぎる

もっとも根本的な問題がこれ。サラリーマンが多いから、都市で働くことに価値があるから、都心にこんなにオフィスが乱立する訳で、トイレ問題も起きるのである。

そもそも朝起きて混んでいる電車に乗って、都市部のオフィスで働かなければならないという共同幻想がこの問題の根幹にある。

当然出勤してする必要は大体の人にあるかも知れないが、何も朝早く一斉に電車に乗って、夕方・夜になったら帰るという行動を全員がする必要があるのか。

答えはいいえですよね?

人口の多さやオフィスの集中はすぐには解決できないが働き方を改革することは、早くできるはずだし、それをすることが会社としての生産性向上に直結すると思います。

働き方改革の障壁である労務管理や人事評価の方法をうまく変えて、会社の成長に転嫁することが大切だと思います。

トイレ混雑の防止策

前の日に飲みすぎor脂っこいものの食べ過ぎをしない

これは朝の体調不良をもたらす原因の一つであり、回避できる問題だと思います。

朝の腹の調子が悪くなってしまった場合は朝早くのラッシュ時に通勤しないか、下痢止めや整腸薬を服用しましょう。

正露丸は効果的です。ビオフェルミンだとやや弱い気がします。

あとはストッパがオススメらしい。

それでも朝の腹痛が回避できない人のみがトイレを利用すれば、この問題は少し前進するはず。

リモートワークor時間差通勤・通学しようぜ

これはラッシュ時のトイレ混雑のために効果的な対策だと思います。個人としてやるだけでも、朝お腹が痛くなってトイレに入るのに困るなんていう心配を一切しなくてよく無くなりますし、大勢でこれをやれば朝トイレが混むこともなくなるし、通勤ラッシュという概念もなくなります。

会社に勤めている人多く、都市部の会社と関わって生きていかなければならない人が多い以上、会社が率先して改革を進めていかないとこの問題は進展しないような気がしますね。

働き方改革に必要なこと

  • いろんな場所・時間で労務管理や人事評価の仕組みを適応させること。
  • 自宅などいろんな場所から社内システムにアクセスできる環境の構築を進めること。
  • いろんな場所でテレカンファレンスが出来る仕組みを作ること。

個人的にはこの3点が重要だと思います。仕事の生産性を下げるもっとも大きな要素は移動の時間だと思います。けど、話し合いは重要。だからこそ同僚や取引先との話し合いを移動なしでできる仕組みをテレカンファレンスとかを浸透させることが大事。

社内システムにリモートで接続したり、テレカンファレンスを行う環境の構築は簡単なことではないが、現在も広まりつつあります。

トイレにスマホを持ち込まない

明日からいや今日からできますね。やっている人はやめましょう。というかいじらなければいいんです。

トイレの個室の中に張り紙でも貼ろう。効果はあるはず。スマホをいじってトイレに居座ってしまう人は本当にサボりたい人もいるだろうが、無意識的な人もいるはず。気づいたら長時間すぎることはざらにあると思うので、それに気づかせる工夫が必要です。

トイレ混雑に直面して緊迫しているときの対策

腹痛を感じたら、すぐトイレに向かおう。

もっとも基本的な心構えであり、もっとも大切な心得である。

たとえ友人などと行動を共にしていてもです。

これまでたくさんトイレの混雑問題に言及してきたが、トイレ混んでいる事が多い。ゆえに空いてないことを想定した動きが大切となる。失禁するのだけは避けたいですからね。

電車に乗っているのであれば、腹痛を感じた瞬間に降りましょう。大したことなくても大抵の場合10分後には猛烈にトイレに行きたくなっている可能性は非常に高い。

近くにトイレがある場合も同様である。

オフィス・駅のトイレが空いてない場合、特に3人以上並んでいる場合は他のフロアやよそのトイレに行こう。おそらく10分は待つと考えたほうがいい。

飲食店でもなりふり構わず空いてる店に駆け込もう

駅のトイレが空いてなかった場合多くの人は絶望するであろう。そのような場合は駅の他のトイレにいくこともできるが、個人的には改札を出て、駅ビル直近の飲食店やコンビニに行くことが望ましいと思っている。ビル内の飲食店とかだと店ではなくビルのトイレを使うことになるが混んでいる危険性がやや高い。

店ごとに設置されているトイレは一人しか入れないが混んでいない可能性が高い。

コンビニではなくいきなり飲食店のトイレなどを借りる場合、恥ずかしいかもしれないが、最悪の事態になるよりはましですよね。なんなら知り合いが周りにいるわけでもないし、周りの人もそんなに気にしません。

都市部のトイレ混雑問題は、画一的な働き方の弊害

朝の腹痛に悩むことが多い僕がこれまで色々考えていたことをまとめてきました。

一言で言うと、同じような時間で同じような場所で大勢の人が働いているからこの問題が起きるんです。

この「都市部のトイレ混雑問題」はマスメディアで取り上げられるような大きい問題ではありませんが、個人的にきになる問題であり、関係している人も多いであろう問題です。

働き方改革はすぐには実行できません。ただ、個人の意識変化が増えれば、この問題を軽減することはできます。

小さい意識から変えていきましょう。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する