RPA(ロボットによる業務自動化)で何が変わる?マクロ、AI、ボットとの違いを比較

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近AI並みのバズワードになるんじゃないかと思っているワードがあります。というかもうなってる?言葉があります。

トンビ
それがRPA

Robotic Process Automationについてその正体と使い道や競合を探っていきます。

1.RPAとは

(画像はNTTデータのRPAソフト WinActor)

Robotic Process Automationの略で、ロボットによる業務の自動化を示します。

パソコンの操作の代行ロボットって感じ

RPAはIT系の人たちのみならずいろいろな場所で働き方改革・業務効率化を進める技術として注目されています。

RPAにおけるロボットというのはソフトウェアロボットという言い方をするのが妥当です。

RPAの導入効果

  • 請求書のデータ入力が自動化される。
  • 社内のファイルサーバーのデータを判別して、ドキュメントを分類するのが自動化される。
  • 報告書の作成やメール送付が自動化される。
  • Webサイトからの情報収集

RPAの導入により、経理や人事などの事務的な作業が自動化されます。

これによりコストや業務時間の削減が行われ、企業の生産性が向上していきます。

あと強調しておきたいのが、導入までの期間が非常に短く、コストも小さいことが挙げられます!

DBからアプリにデータを加工・表示するのであれば、APIを駆使してシステムを構築すべきだと思います。しかし、このようなマイクロソフトのOfficeなどにブラウザの情報とかを入力する作業についてはソフトウェアロボットに覚えさせることで自動化するのが非常に便利です。

ロボットが画面上のオブジェクトを認識してくれるので、アプリの仕様や細かい設計の策定をあまり必要とせず、RPAのソフトウェアで容易に設定可能なので、方針が決まっていたら1か月前後という短い期間で導入まで持っていくことができます。

2.RPAのイメージ

動画で確認しよう。ロボットというと、工学的なイメージを抱く人が多いと思うけど、RPAはそういうものではなく、PC内のブラウザのオブジェクト管理ツールといった感じである。

ぼくは最初見たときマクロのようなイメージで見てました。まあ実際に被っている仕組みとかあるしな。

データの取り込みがめちゃ速くなります。

こういうコピペの仕事って人間だと時間かかるし、間違いもときどき起きますよね?

そんな単純作業を効率的に正確に行うためにRPAが導入されるんです。

経理におけるRPAはこんなイメージかな。

人が判断してやっていた業務もRPAに置き換えることができるっていうことがよくわかります。めちゃ便利ですね。

銀行とかでRPAの導入が注目されるのも無理ないですね!ますます人員削減が進みそう。

3.RPAの仕組み

マイクロソフトの.NETやWebのHTMLのコードなどをもとにデスクトップのオブジェクトを認識し、デスクトップ上の動作を認識します。

特徴としては、マクロやボットよりも自動化できる操作がおおいことが目立ちます。(少し五平はあるけどイメージとして)

RPAでできること

  • Webのブラウザの操作
  • マイクロソフトのオフィスアプリの操作(マクロとか)
  • ネイティブじゃないアプリの操作

従来のマクロではマイクロソフトのアプリとInternet Explorerの操作がごく一部対応していたけど、RPAでは対象範囲が広くなっています。

またRPAのソフトウェアを導入することで、日常的なデスクトップの操作を一定期間モニタリングし、頻度の多いコピペとかの自動化すべき操作を提案してくれたりします。

4.類似機能との違い

4.1 ExcelマクロやVBA

当然のことながら動作を自動化できる範囲はエクセルに限定される。

エクセル内での操作を自動化するためにマクロとして残すことができます。マクロはVBAのコードとして残されます。エクセルには、VBAではないマクロ言語もありますが細かいところはここでは無視。

特定の範囲のデータを取り込んでグラフ化する動作とかを保存したり、経費精算の作成とかは入力用のシートと出力用のシートに分けてVBA化して一度記録すると、業務効率化できます。

マクロはエクセルだけでなくワードもサポートしていて、ワードであれば、文字形式の変換とか文字付図形オブジェクトの生成とかが便利です。

4.2 ボット、AI

ボットというのはチャットボットのことです。人間の会話とか行動をシミュレートするコンピュータプログラムです。

Siriとかりんなとか有名ですけど、ボットとか今出ているAIは自動応答を主な機能としています。

コールセンターとかの質問を学習して、その最適な答えを返すことに特化しています。

今出ているAIは狭義の人工知能ですね。そのうち自動応答以外にもいろんな機能がついて多機能になっていくとは思うんですが。

5.RPAの今後

最近銀行とかで人員削減が話題になって、RPAが注目されることが増えています。一般的に企業がもうかっているとIT投資がふえますが、RPAは導入コストも小さく期間も短いので、あまり景気がよくない銀行とかそのほかいろんな企業でコスト削減・業務効率化を推進するRPAが注目されているんです。

RPAを導入する会社の人からすると、業務が自動化されて会社の利益になるうれしさと自分の仕事がなくなってしまうという悲しみで複雑かもしれませんがこれが世の中の流れです。

個人的には自治体とかの公務員の仕事とかはRPAの導入の余地が大きいんじゃないかなーって思います。

ただ、RPAの導入と保守とかに関してはまだ詳しい人が少ないし、導入実績も少なく、RPAの導入までたどり着くのに時間がかかったりします。エンジニアとしてはRPAについての知識をつけることは仕事をつかんだり活躍するチャンスになることでしょう。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する