世界を変える?新しい技術WebRTCって何?仕組みとかを易しく解説!

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぼくが以前、HTML5のイベントで聞いて興味を持ったWebRTCについて紹介します。

そこでNTTComの沖さんというエンジニアの方にWebRTCやNTTComのSkywayというWebRTCを活用したAPIの説明を聞きました。

☛参考記事:新しいIT技術に興味がある人におすすめ!HTML5感に行ってみた。

トンビ
今回はブラウザに革命を起こすかもしれないWebRTCについて紹介します!

WebRTCとは

WebRTCの概要

Web Real-Time Communication

一言でいうと、ブラウザ同士でリアルタイムコミュニケーションを実現するための仕組み(API)。

ビデオチャット、ボイスチャットや動画配信とかによく使われていて、これから盛んに導入されることが期待される技術です!

Googleによってオープンソース化されていて、IETFによる関連プロトコルとW3Cによるブラウザ対応APIの標準化が進められています。

プロトコルとしてはUDP が採用されている。音声や映像のデータを扱う以外にも、大量のデータを高速に送れるようにするため、セッションを確立しないプロトコルが用いられている。

もともとWebは文書作成に技術として作られましたが、それがハックされ、アプリとして応用されるようになりました。

WebRTCで実現する機能

  • 端末上のカメラやマイクからのストリームデータの取り込み
  • ストリームデータのP2P通信
  • テキストデータやバイナリデータのP2P通信
  • ファイル交換

をプラグインなしでWebブラウザのみで実現するのだ。

※P2P:pear to pear 、対等の立場で通信を行うノード(ピア)同士の通信を指します。

イメージ的にはこんな感じ。

有名な人も使っているみたい!

https://appear.in/

各ピア(クライアントのPC)から音声や映像の情報をリアルタイムで共有し、コミュニケーションを図るサービスである。

WebRTCの特徴

WebRTCが、P2Pのリアルコミュニケーションを実現するパブリックなAPIとしてリリースされている点である。

つまり、みんながリアルタイムコミュニケーションのサービスを作成可能になるという点が画期的なのである。

いままであればLINEやSkypeといったコミュニケーションアプリの開発には高度な技術や知識が必要でした。それと莫大なお金が。

でもこのWebRTCというAPIの登場により、その障壁が格段に下がり、リアルタイムのコミュニケ―ションアプリを極論誰でも作れるようになったわけなんです。ブラウザに組み込んでも、ネイティブアプリに組み込んでもよし!

あとは、専用のソフトウェアとかをインストールしなくていいんですよね!指定のURLにアクセスするだけ!簡単!

WebRTCの通信形態

普通はブラウザとサーバー間で通信をします。そしてカメラやマイクの利用ができませんでした。

しかし、WebRTCはサーバーの中継を不要にし、かつカメラやマイクの利用が可能になります!そしてストリーミングデータの送受信が可能になります。

※ストリーミングデータというのは、YouTubeで動画を再生するときにも使われていますが、動画のmp3といったファイルを視聴しながらその先のコマのデータを受け取る仕組みです。

対応OSとアプリ

  • Mac,Windows,Android,iOSのネイティブアプリ
  • Mac,Windows,AndroidのChrome,Firefox,Opera,Edge
  • iOSのSafari

WebRTCが実装されたアプリの例

1meeting

https://1meeting.net/

福岡のスタートアップ、グルー株式会社が開発したサービス

部屋を作り、URLを共有したら、そこですぐにビデオチャットが可能になります。

tokbox

https://tokbox.com/

ブラウザとiOSデバイスの 両方でWebRTCによるビデオチャットができる世界初のプラットホームであり、WebRTCの先駆者とも言えるアプリ。サンフランシスコのTokboxという企業が開発元である。

solaborate

https://www.solaborate.com/

世界中のハイテクメディアやブログからの最新技術ニュース、プロのプロファイル、ユーザーグループなどの一般的なソーシャルコミュニティの機能を示すTrending Tech News機能が特徴的なWebRTCによるサービス。

appear.in

パソコンまたはiPhoneとインターネット環境さえあれば誰でもすぐに使用できるコミュニケ―ションアプリです。ノルウェーで開発されました!

リモートワークを取り入れている企業で使われていたり、プライベートでも両方とも使える万能型のサービス!

今後

ライブコマースとかネットTVとの融合が盛んになると、WebRTCも知名度が上がって注目されるようになると思います。

最近のIT技術と言えば、ブロックチェーンとかAIとかVRに注目が集まりがちですが、このWebRTCも大きな可能性を持っています。

iOSでのWebRTCは開発途中ですが、これが実現すれば、スマホでのアプリも多様になっていき、新しいサービスが生まれるかもしれません。

まあそれよりもVRとかとの融合が個人的には面白そうだなと思いますが・・・

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する