【入門編】生産性・効率性アップ!時短に役立つすぐできるおすすめライフハック術12選

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「全然勉強はかどらねえ」

「もっと仕事に集中したい」

「疲れてやる気が起きない」

「私生活をもっと充実させたいのに、時間が足りない・・・」

santaka
みなさん、そう思う瞬間はありませんか。

ぼくは今そんな感じです。

ブログ・プログラミング確かにやりたいことはあるんですが、はかどらない。書く時間が足りないんですよね。仕事・通勤中にテーマと構成大体考えてます。

休む時間と作業時間両方ほしいけど時間が足りないんですよね。家帰って長時間だらだらYouTube・ネットサーフィンしてると、余暇時間あっという間です。

ライフハックとは

そこで有効なのがライフハックである。ライフハックは文字通り、生活(ライフ)をうまくやり抜く(ハックする)ということで、もともとは情報処理業界を中心とした仕事術で、枚につ短い時間で実践できる工夫で効率的に仕事を行い、いろんなことをこなし生活を有意義にするために行われるものです。

ライフハックを知ったのは約1年前でした。

(街中をとぼとぼ歩いているとき)

フクロウ
おれらがいま忘れていることってなにかわかる?
santaka
?????????

おもむろに一人フクロウが速歩きを始める。

ひょんなことから僕はライフハックを知りました。

社会人になってから、限られた時間でブログとかを進めるうえで少しずつ意識しながらぼくもライフハックを実践するようになりました。

家事としてのライフハックもたくさんありますが、今回は時間短縮にフォーカスしたライフハックをまとめました。

ライフハックの種類、身に着けるコツ

ライフハックにもいろんなものがあり、やり方も様々である。ただ根本の考えはある程度共通している。


ライフハックの手段

  • 不要な作業・繰り返しの作業の時間を取り除く。
  • 同時にできる作業は並行でやる。
  • 従来のツールよりも効率の良いものを使う。

この3つに集約されるとぼくは思います。

これから下で紹介するライフハック術も確かに有効ですが、

  • 自分の生活で何か削減できる作業はないか。
  • もっと便利なものはないのか
  • この時間他にもできることはないのか。

という視点を持って自分流のライフハック術をものにしましょう!

これがライフハックを実践するのに重要なコツです。

下では3つの種類に分けて、ライフハック術を紹介します!

ライフハック術12選

無駄な作業・時間を削減する方法

1.速歩きをする。

冒頭に紹介しましたが、速歩きは無料ですぐに実践できる!駅まで歩く時間ちょっとした時間ですが、大事になります。

ちょっと速く歩くことで、一本早く電車に乗れたり、あることに速く取り掛かることができます。やや体力を消耗するかもしれませんが、負担も少ないのでやりやすいかと。特に一人の時向け。集団だと周りの理解がないと実践ができないです。

2.有料の交通手段を利用する。

お金をケチって、バスじゃなくて歩き!

っていうのはぼくもよくやってしまいますが、ライフハックの観点で見ると、マイナス。

ぼくも雨じゃなければ、基本近所の移動は基本自転車。

3.よく利用する場所の近くに住む。

一番カネはかかるけど、これはかなり効果的。テレビで林先生も、家賃が高くても仕事場の近くに住むべきだって言ってましたね。

通勤は一番の無駄な時間。

4.そもそも自宅の近く、あるいは自宅で仕事をする。

これがライフハックの究極系。フリーランスとか自営業とかその類に属します。プロブロガーとか代表格ですよね。

都市圏のサラリーマンとか通勤時間60分とかふつうですからね。往復2時間以上時間と体力を消耗してます。非効率の極みですよね!

5.スマホのリマインダーを使う。

期限付きのToDoリストとして使えます。

なにより予定を忘れにくい!

スケジュールアプリでもいいですが、iPhoneの標準搭載のリマインダーのほうが使いやすいです。

時間設定をしておけば、締め切りが近づくと、ロック画面上にポップアップが出ます。

6.グーグルドライブなどのクラウドに個人データをすべて残す。

ローカルに残しておくのも大事ですが、フリーのクラウド領域に残しておくと、違う端末からのアクセスができて作業の効率化ができるし、PCを買い替えるときなどの端末の変更の際もバックアップとリストアがスムーズになります。

スマホであれば、iCloudやDropBoxといった領域に保存しておくと面倒で時間のかかるリストアが短縮できるし、端末が壊れたときもデータを安心して利用できます。

同時並行で作業する方法

7.移動中にkindleで読書する

電車の移動時間ってほんとに時空の無駄ですよね。

そういう時間にスマホを使うのもよいですが、本を読みたい人もいますよね。

実際に本を持ち込むと荷物が重い。それに電車が混んでいると本を取り出して読めない。なんてこともよくありますよね。

そういうときは電子書籍(kindle)

kindle端末を買わないと読めない印象が強いですが、iPhoneからでもアプリ使って読むことができます。

自宅にいるときに読みたい本をダウンロードしとけば、通信量を節約し、読めます。読まない時は端末から削除してクラウド上におけば、携帯の容量も食いません。

8.調理を同時並行でやる。

  • お湯を沸かす。
  • 肉を炒める。
  • レンジで温める。
  • 炊飯はタイマー機能を使う。

ほかにも調理はいろいろありますが、2口以上のコンロのある所に住み、電子レンジを買っておくと、自炊も短縮できます。

一人暮らしをするときにけっこう重要です。

とにかく自動化できるところはタイマーでセットして、その間はほかのことに時間を割り当てましょう!

9.パソコンかスマホでメモを取り、制作物の下書きにする。

  • 大学で授業を受ける時
  • 仕事の会議の時
  • セミナーに参加する時

などなど何か話を聞くとき、メールで連絡したり、レポートにする場面って多いはず。だけど、手書きでメモをとってたら、それを打ち直さなければなりません。ここにも時空の無駄がありませんか。

ハードウェア上でメモを取っておけばそれをそのまま使わずとも、コピペしてレポートなどの制作物にする効率が断然上がります。

PCが許される限り、軽量で使いやすいタブレットPCやスマホを利用するのはおすすめです。

タイピングも練習しておきましょう。

より効率の良いツールを使う方法

10.マネーフォワードを使う。

自分が使ったお金をお小遣ノートに・・・ってめんどくないですか。

そして通帳を記帳して、いろんな口座を把握する。かなり骨が折れる。

これを全部まとめてマネーフォーワードでやりましょう。

財布で使ったお金は自分で記録をつけなければいけませんが、口座を登録しておけば、入出金が自動で記録されます!

そこも省略したければ、クレジットカードや電子決済を多用すると、いよいよ家計の管理を完全自動化できます。(浪費に注意)

FX・株など投資商品にも広く対応しています。

だいたいの金融系のアカウントは登録できます。

11.通販を利用する。

食料品・日用品は近くのスーパーで買えばいいと思いますが、家電などの大きいものや高価なものは通販が望ましいと思います。

  • 店に行くのが遠い。時間が持ったいない。
  • 店に行っても、買いたいものがない場合がある。
  • 買う予定のものを買い忘れることもある。

買いたいものがないときってガン萎えですよね。通販なら複数の店舗の在庫を紹介できますし、買いたいものがある可能性が断然高い。

12.食料については宅配を使う

これもありですね。毎日スーパー行くと20分くらい普通に時間かかる。それに買い忘れとかもあります。

手ごろなのだとCOOPがおすすめですね。事前に商品表に記入して出せば、あとは配達の時間を待つだけ。家にいなくても置いといてくれるのが便利。

宅配を事前に頼んでおくと、買い忘れも防げるし、買いたいものが手に入らないリスクも下がる!

まとめ

今回は私生活や仕事や勉強ですぐ活用できて、大衆的なライフハックをまとめました。

もっと良いライフハック術を見つけたら、常時アップしていきます!

もっと極めたい方はこんな本もいかがでしょうか。

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(ITコンサル)
◆santaka(SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する