フレームワーク本の定番!グロービスMBA「図解 基本フレームワーク50」をオススメする理由

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、フクロウです。

インターンやら就活を続けて来て思ったことなんですが、

フクロウ
このままじゃ社会で通用しなくね?

ってすごく感じちゃいます。

インターンとか行けば行くほど大学で得た知識なんてのは机上のもので使いこなすにはまだまだ時間がかかるし、そもそも社会に出てからは全く役に立たない知識も多いんですよ。

そんなこんなで最近は最新の技術とかマーケティングみたいなどこに行っても役に立つような本を買いあさっては読んでいます。

広範な知識はブログのネタにもなりますからね!

そこでその知識の一つとして、あるいは知識のまとめる術として思考フレームワークを入れられるだけ入れておこうかなと思いました。

いくつか読んだのですがその中でもお勧めの一冊を紹介します。

図解 基本フレームワーク50

総評

面白さ   ☆☆☆

読みやすさ ☆☆☆☆☆

知識    ☆☆☆☆

専門性   ☆☆☆

総評としてはフレームワークに初めてくれる人、とりあえずマーケティングやコンサルの考え方を数覚えたい人、一通りフレームワークを知っていて復習したい人にオススメです。

オススメポイントを挙げていきます

1、とにかく読みやすい

用いる場面、考え方、具体的な事例、コツ・留意点の四つに2つ図表を乗せるというフォーマットで全てのフレームが解説されています。見開き2ページで必ずまとめられているのでスイスイ新しいフレームワークを見ていけます。

図と具体例も充実しているので初めて見るフレームワークでもすんなり理解できるのが大きな利点ではないでしょうか?初めて見るフレームもありましたが図があると理解の早さが違いますね。

また、綺麗にまとめられているので辞書の代わりとしても使っていけます。

2、多くのフレームワークに短い時間で触れられる

フレームワークについてはクリティカル・シンキング編、戦略マーケティング編、組織マネジメント編、会計ファイナンス編、その他上級編の5つの章で構成されています。

クリティカルシンキングとマネジメントはどの仕事でも必要になりますし、例え直接使わなくてもマーケティングの知識があるだけで仕事の際の物の見方が広がると思います。

とにかく雑にでも多くのフレームワークを頭に入れて考え方の幅を出せるのが強みですね。

ただ、欠点を挙げるなら個別の話については専門的なところまでは踏み込めていません。個別のフレームの細かい話については参考にした本も書かれているのでそれを読んで見るといいと思います。

内容ピックアップ

いくつか有用そうなフレームワークを上げていきますね。

ピラミッド構造

元マッキンゼーのバーバラ・ミントさんが考えた論理のフレームワークです。

「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」はベストセラーになっています

具体的には、ピラミッドの一番上に主張を置き、その下に根拠を2〜4個おきさらにその根拠の根拠を・・・といったようにピラミッドがたに論理を展開していきます。思考が整理されるだけでなく、相手に説明する際も明瞭なものになります。

利点

・論理的な思考や思考の整理ができる
・相手に説明する時よりわかりやすくなる

C分析

これも比較的基本的なフレームです。

customer(市場顧客)company(自社)competiter(競合)の三つの視点から自社の戦略を考えていきます。どちらかといえばマーケティングよりのフレームワークですね。

有名なフレームワークで3Cというだけで通じる人も多いです。

単に顧客にフォーカスするだけであったり、強豪を意識しすぎることがないように一度立ち止まって考えるときにとても便利です。

議論がいきずまったときにアイデアを出すためにとりあえず3Cで分析してみるのも有効です。

利点
・見落としが減る
・アイデアを出すアプローチが増える
・マーケティングがスムーズに考えられるようになる

マズローの欲求五段階説

これは組織マネジメント・リーダーシップ編に収録されています。

ご存知の方も多いとは思いますが、人間の欲求を分析した考えです。人は生理的欲求、安全欲求、所属と愛の欲求、承認欲求、自己実現欲求の順に満たされていくと次の欲求が生まれるという考え方です。

チームをマネジメントする際の参考にしたり、自分の長期できなキャリアを作る上での自己分析に有益だと思います。

とはいえ、この5段階の欲求は全ての人間が承認欲求鵜を持っている前提で作られており、それはおかしいという批判もあります。

利点

・チームのモチベーション管理がしやすくなる

・将来のキャリアを考える際の自己分析に有効

さて、いかがでしたか?

フレームワークは新しいアイデアを出すきっかけになったり、思考時間の省略をする上で極めて有用です。

特にこの本は、一冊で多くのフレームワークに触れられるのでささっとフレームワークをおぼ得たい人、初めてフレームワークという考え方をしてみる人にオススメです!!

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(ITコンサル)
◆santaka(SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する