【H29秋AP】応用情報技術者試験の受験の感想とコツ

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AP試験、先日の10月に受けてきました。

結果は、、

トンビ
合格でした!!

午後は自己採点より10点くらい低くて少しがっかりでしたが

会社の報奨金もあるし、費用も時間ももったいないし、年2回しかないし受かってよかった!

ってことで試験を振り返り、コツや勉強法を解説します!

1. AP(応用情報技術者試験)とは

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が、通常毎年4・10月の第三日曜に開催している情報処理の国家試験のことを指します。

対象者像は「高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者」となっています。情報処理技術者試験制度のスキルレベル3(スキルレベルは1から4が設定されている。)に相当する。2000年度(平成12年度)までの名称が第一種情報処理技術者試験、08年までソフトウェア開発技術者試験であったことから一種・ソフ開という略称を用いる人もいる。【Wikipediaより引用】

といってもわかりにくいので、特徴をまとめてみた。

特徴

  1. システム開発者・利用者の双方に必要な広い分野の応用的なIT知識・能力を問う試験
  2. 主にシステム開発会社の若手・中堅社員や意識高めの情報系の学生が多く受験している。
  3. 世の中のいわゆるシステムというものの大枠のイメージをつかんだうえで、DBやプロトコルやシステム開発の知識理解を深めるのに役に立つ。
  4. 基本情報技術者試験のステップアップや高度資格のための知識の土台になる。(高度試験だとAP持っていると午前Ⅰが免除されます。)
  5. FEと範囲は一緒だけど、難易度が上がる。(FEの応用問題が、APでは基礎レベルになる)

1.1 試験概要(合格ライン、形式)

午前

試験時間150分。四肢択一式(マークシート)で80問出題され全問解答。素点形式で採点され60点以上で合格。

問題番号 内容 得点
問1-50 テクノロジ系

(コンピュータ科学基礎・ハードウェア・稼働率・ソフトウェア・論理回路・データベース(SQL、正規化)・ネットワーク・セキュリティ・設計)

すべて1.25点×80問

問51-60 マネジメント系

(DFD・開発規模、工数など)

問61-80 ストラテジ系

(全体計画立案・業務改善・契約タイプ・経営戦略・ABC分析・利益や費用の計算・関係法規など)

合計 100点

午後

試験時間150分。素点形式で採点され60点以上で合格。こちらもマークシート式

問題番号 内容 小計 得点
問1 情報セキュリティ 20点 1問解答=20点
問2 経営戦略、情報戦略、戦略立案、コンサルティング技法 20点 4問解答=80点
問3 プログラミング(アルゴリズム) 20点
問4 システムアーキテクチャ 20点
問5 ネットワーク 20点
問6 データベース 20点
問7 組み込むシステム開発 20点
問8 情報システム開発 20点
問9 プロジェクトマネジメント 20点
問10 サービスマネジメント 20点
問11 システム監査 20点
合計 100点

1.2 試験の統計

  • 受験者の年齢層は10代半ばから50歳代と幅広い
  • 合格者の平均年齢は30歳弱
  • 受験率は60~70%(低い)
  • (受験者のうち)合格率は20%付近を推移

2. 試験の感想

実際に受けた平成29年度の秋試験の感想はこんな感じ

  • 午前問題は、過去問の類題でみたいなのが4割くらい
  • 午前でも、時々知らない単語がでて、自信のない問題も数問があった(消去法で答えて、半ばあきらめて答えた。)

→ということで、計算問題などはちゃんと論理的に解けたし、9割がた理由を持って応えられたし、全体で8割は取れたかなという感触だった(実際の点数81.25と一致)

  • 午後問題はセキュリティ(必須)を解いたのちに何を解くべきか20分くらい問題を見つつ考えた。
  • アルゴリズム(ナップザック問題、問3)、システム開発(ブログラムの分岐、問8)がいけそうと判断し、残り3問は(大問9、11のマネジメント系)を解く
  • 問11の監査の記述があいまいでよくわからなかった。(かといって文章に載っていないことや特別な知識はいらないです。)

→問8の記述空欄にしたのは今思うと惜しかったが、全体的に8割くらいは根拠を取って解けた印象。

→選択式と記述(数値)の問題の正答で62点くらいはTAC配点で取れると判明し、合格を期待しました。

→実際に公式解答を見ても記述と同じ意味のものを丸としてカウントし78点くらいだと思ていたが、記述の単語がIPAのものと違うところが加点されず68点だった

→納得は行かなかった部分もあるが、感触として今回はやや容易だったため逆下駄をはかして合格率20%くらいになるように調整が働いた説もある(2chより)

3. 試験に気づいたこととコツ

気づいたこと

  • 午前問題は基本情報の延長。FEを取った後にすぐやると勉強時間少なくて済む。
  • とはいえ基本の難しめの問題が応用情報の標準レベルの難易度応用情報の午前テキストの9割くらいは覚えていると、午前で落ちることはないと思う。
  • 結局セキュリティの午後問題は一番大事、勉強を一番先にすべし。
  • ネットワーク。データベースといった専門的な選択問題は4分野くらい対策すべき。

→セキュリティ含め4分野強化しておけば、そのうち1つ敬遠して3分野解いたとしても、50点確保できてあとは慎重に解けばいけると思う。午前問題を解ける知識があればどの分野でも各分野絶対5点は取れます。

→余裕があれば全分野の午後問題やるべきだけど時短でやりたければ、3分野でいいと思う。ぼくもDB系とアルゴリズムはあんまやらなかった。3分野だけだと試験の時解く予定の分野が苦手な問題だと詰んでしまう可能性は高い。

  • 困ったときはマネジメント解けば一番大量失点しにくいとは思うので1回は解いておこう。
  • 午後が本番という感じはあります。

コツ

  • 午前問題はとりあえず最初から解いて解法がわからないものにチェックをつけつつとりあえずマークシートを埋めよう。
  • 聞いたことがない単語が出ても、英単語が載っている問題だったらその英単語の意味を考えればわかる問題や選択肢を絞れる問題もあるから粘ろう。
  • 午後問題はセキュリティを解いた後、余程全分野できる人以外は自分が解けそうな問題を10分くらい考えよう。

→超大事。パフォーマンスを最大限に発揮するためにこれはやろう。今回僕はセキュリティとマネジメントとネットワークを主に重点的に解いていたのですが、今回アルゴリズムが難しくなさそうだったのと、問10の選択肢の知識系がわからなかったので方針を変えて解く問題を決めました。

  • マネジメント系は国語でいけるので一見得点源にしやすそうですが、理屈で解いてもIPAの公式解答とずれる可能性もあるので満点は期待しにくい。
  • あとはマネジメント系はやけに知識問題がマニアックになることがあるのも安易に問9~11を解くのをお勧めできない理由の一つです。

→特定のDBとか専門分野を強化したほうが安定して満点をとれる得点源を作りやすいです。

4. どう勉強すればいいの?

  1. 午前問題の試験範囲をカバーしたテキストを1周読む
  2. 午前問題の過去問を解く
  3. セキュリティと得意な分野5つの午後問題を練習する
  4. 3までを終えて弱い分野の午前の知識を暗記する
  5. 午前問題の過去問(余裕あればテキストの類題も)復習する。
  6. 午後問題の過去問演習をする。

時間の許す限り1→6の勉強を繰り返すのがよいと思います。

最初過去問を解くときは答えをみながら計算や知識を覚えるような感じでいいと思います。

応用情報の問題は過去の問題のリメイクとかが多いので過去問演習を繰り返すことで、効率的に午前問題の得点アップを狙えます。

午後問題は午前問題の知識があれば解けるようになってはいますが、やはり慣れが必要です。

→個人差はありますが、ここまでやるのに、1~3か月を目安に進めるのがよいかと思います。(FE合格者程度の知識がある人の場合)

僕個人は1・2を10日くらいでやり、3・4を20日間で進め、残り試験までの2週間で5・6を行いました。仕事をしながらの勉強でしたが1か月半で十分合格水準に到達できる勉強法だったといえる思います。

総勉強時間は70時間くらいかな。平均すると平日1時間、休日3時間くらい。もちろんやらない日もありました。

5. 終わりに

以上、AP試験の特徴と感想等をまとめてみました。僕が使ったお勧めのテキスト2つと試験の申込みのリンクを紹介しておきますね!

この2冊があれば試験対策をひととおり十分にできます。

このテキストで午前問題の範囲の勉強と付属のCDで過去問10年以上分を解ける良書です!
パソコンで見ながら僕も過去問4年分くらい解いてたんですが午前問題に非常に役に立ちました。

上の本と同じシリーズのものです。午後問題が各分野5問以上あってその充実した解説とべつにポイントの説明もあってわかりやすいですよ!

応用情報過去問道場

本買いたくねえよって人はここも使えるけど午前の問題と答えのみだから試験対策用にはきついけど、問題の感覚をつかむことはできます。

▼応用情報試験の申込・詳細はこちらから▼

IPA公式サイトの試験情報

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する