実際に使って感じた本当に良いプログラミングスクールの選びのポイントとおすすめのスクール7つ

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プログラミングは楽しさがないと続かない

トンビ
独学でもなんとかなるかもしれないけど、分かる人や学習ツールに頼ったほうが何倍も効率よくITスキルがつくよって話

文系だったけど内定もらった後、大学の授業で興味本位でプログラミング言語の授業を取ったとき、ひたすら言われるがままにC言語をキーボードを打っていくんですけど、ただ言われるがままにタイピングしているだけで構文の意味とか文法はその場で深くちゃんと理解できませんでした。

カリキュラム上短い時間にたくさん文法とかやること多いから講義のペースがなかなか速いんですよね!

あとから読み返して、自分でVisual Studioで復習せざるを得なかったし、実際勉強がなあなあになってました。あとからスライドだけ見返しても文字ばっかでイメージでプログラミングを理解したり・・・

なにより楽しくなかったんですよね。

参考書を読んでプログラミングの勉強に挫折した人も多いのではないでしょうか。

でもスクールで学んだ時は、プログラミングに詳しい人にわからないところを教えてもらったり、オリジナルアプリの作成の計画まで練ってもらったり、仕事の話もいろいろ聞けてためになった部分が多かったです。

プログラミングを学ぶときは、

  • コースのラインナップの豊富さ
  • Ruby on Railsなどの実際にプロダクトが作れること、サポート
  • 就職支援
  • 料金

自分の目的と照らし合わせて、この4点をよく見るといいです。

今回取り上げた7つはこの4つのバランスがそれぞれ異なりますが、本当にプログラミングを楽しく学ぶのに良いポイントを兼ね備えています!

おすすめ学習スクール(オンライン)

1.TECH::ACADEMY

特徴

iOS,Unity,Webアプリ…ほかにもたくさんのプログラミングやWordpressの使い方まで!

いろんなITスキルを磨きツールの使い方を学べるオンラインスクールTECH::ACADEMY

これまで300社以上の教育実績があり、何よりコースの種類の多さが魅力!

コース内容・料金

とにかく学生に優しい!社会人価格も比較的安め。オンラインだからかな。

期間も選びやすいのが魅力的!

<料金>

はじめてのプログラミングコース

  • 社会人:69000円(4週間)、99000円(8週間)、129000円(12週間)
  • 学生:49000円(4週間)、69000円(8週間)、89000円(12週間)

それ以外のすべてのコース

  • 社会人:69000円(4週間)、99000円(8週間)、129000円(12週間)
  • 学生:119000円(4週間)、169000円(8週間)、219000円(12週間)

受け放題コース(24週間):12個のコースが受けられる。

  • 社会人:398000円
  • 学生:248000円

とにかくコースが多い!

プログラミングだけでなく、サイトの企画設計とかエクセルとか、仕事で役に立つ実務スキルが身につくコースが豊富!!

<コース一覧>

プログラミング

  • Webアプリケーションコース:ruby,ruby on rails,CSSなどを学びオリジナルサービスを作る。
  • PHP/Laravelコース:PHP,Laravel,CSSなどを学びオリジナルサービスを作る。
  • フロントエンドコース:jQueryをマスターし、アニメやAPIを多彩に使ったオリジナルサービスを作る。
  • WordPressコース:CSS等も学びながら、WordPressを利用した本格的なサイトの構築をする。
  • iPhoneアプリコース:Swiftを学ぶ。gitなどの使い方も学びつつ、AppStoreでのアプリ公開を目指す。
  • Androidアプリコース:Javaを学びアンドロイドアプリの製作をし、GooglePlayでのアプリ公開を目指す。
  • Unityコース:2D/3Dのゲーム制作を行う。
  • はじめてのプログラミングコース:オリジナルアプリではなく、SQL・PHP・TML/CSSの基礎を学び、典型的な製作物をつくり、広く知識をつける。

デザイン

  • Webデザインコース:オリジナルWebサイトを作る。HTML,CSS,jQuery等を習う。
  • UI/UXコース:ユーザビリティの高いiPhone,Androidアプリの製作

マネジメント

  • Webディレクションコース:Webサイトの企画設計といったスキルをつける。
  • Webマーケティングコース:広告のプラニングと運用を主に学ぶ。

オフィス

  • Excel2013コース:表・グラフ等が中心。MOS2013スペシャリストを目指す。

そのほか

  • Python(特別コース):機械学習の基礎からシステム構築まで

学習形式

オンラインですが、毎日8時間(15~23時)チャットでメンターのサポートがある。

また、受講生限定でスカウトが来たり、転職支援のサービスも豊富です!

希望者がカウンセリング等を進め選考を受ける形となっている。

2.Udemy


特徴

こちらもオンラインツール。UdemyはITスキルだけでなく、ほかの分野の講座もたくさんある!TOEICとかスキルアップ系から趣味関連まで幅広くあります。

Udemyの最大の特徴は安さと講師が一般の方であること。

他のサービスと違う点が多いので整理してみます。

  • 月額制ではなく動画を購入する課金制
  • 無料のものもちらほら
  • 動画投稿者にわからないところを質問できる
  • ITスキル分野以外の動画も豊富

コース内容・料金

料金は一概に書けないのでここでは掲載を割けます。

AI,Ruby,PHP,HTML,CSSなど主要なWebスキルの講座はだいたいカバーしています。

学習形式

一般の方が講師となると、不安で信頼しにくいですが、30日以内の返金保証制度もあり、動画投稿者を評価する仕組みもあるので意外と使いやすいです。

評価が少なかったり、低評価が多い投稿者以外はおおむね質問に対する応答もていねいにしてくれるのもよいところ。

独学中心でやりたい人におすすめかな。

前に記事書いた時と変わっているとこもあると思うので実際の値段はホームページから確認してみましょう。


3.CodeCamp


特徴

こちらもオンラインスクール

コースはWeb系・アプリ系に特化していて5コースあります。

Rubyマスターコースですと6か月298000円と高く思えますが、月単位でみるとほかのさーびすより安い!身に着けたいスキルが決まっていて長期間取り組みたい人にはコードキャンプが向いてます。

コース内容・料金

それぞれ被っている所も多いですが、メインでやりたいことに合わせてコースを選びましょう。

<コース一覧>

  • Webマスターコース:HTML/CSS,JavaScript,jQueryといったWebの主要スキルセットをマスターする。
  • アプリマスターコース:スマホ向けアプリ製作(Java,iPhone両方対応)
  • デザインマスターコース:PhotoShop,Illustratorを主に学びます。
  • Rubyマスターコース:Ruby onRails(メイン)+Webマスターコースの内容を学ぶ。
  • Javaマスターコース:Androidアプリの製作コースです!

料金は下のような感じ。シンプルな料金体系。プレミアム(+3万円)では教えてもらえるスキルセットが増えます。

<料金>
どのコースも一律!受講期間は基本6か月です!(レッスン60回)

  • 安心プラン:6か月で298000円
  • プレミアム:6か月で328000円
  • スピードプラン:1か月で148000円

学習形式

オンラインで環境構築とかも不安ですが、面倒な設定をせずプログラミングを楽しむことができます!

講義を生徒が予約して勉強を進める形になっていて、毎日7:00 〜 23:40でレッスンを開講しているのでいつでもネットが繋がればどこでも受けられます!

CodeCampのレッスンは完全にマンツーマンで、1レッスンあたり40分、講師が生徒の習得度に合わせた講義が行われます。

4. Progate

特徴

Progateは無料で始められる初心者向けプログラミング学習サイト!

「初心者でも独学でプログラミングを習得できるように」というコンセプトのもと作られているのもありイラストが豊富でわかりやすいのが特徴

しかもコースが豊富なんですよね。

RubyはもちろんSQL,JavaScript,Pythonなどなど13個あった。

コストかけず家でRubyやPHPをカリカリ進めたい人はProgateがおすすめ!

ぼくも有料会員で2018年6月ごろからやっているんですが、環境構築なしでネットさえ繋げれば、わかりやすいです!

コース内容・料金

無料!最強!

ただ、無料だと応用的な内容には踏み込んでない印象はあります。ただ基礎を抑えるにはよいと思う!

有料プランは、月額980円で、公開中のレッスンをすべて 受講することができます。

驚きの安さ!!

コースも多くて強い。

コースの一覧はこんな感じ

  • HTML/CSS
  • jQuery
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby On Rails5
  • PHP
  • Python
  • Java
  • Command Line(Linuxのサーバ基礎操作)
  • Git
  • SQL
  • Swift
  • Sass(CSSの発展版)

学習形式

オンラインです。会員登録を行い、イラストが豊富なスライドを見て、実際に課題をおこないコードを書くことでスキルを身に着けていきます。

カリキュラムが進むとレベルアップします!ゲームみたいな感じ。

おすすめ学習スクール(通学型)

5.TECH::CAMP


特徴

アプリ・デザイン・人工知能・AR・VRなど多岐にわたって最新技術が学べるのが最大の魅力!あとは基本通学式でプログラミングに取り組みながらつまづいたところをすぐに質問できるのが魅力!徹底的に数千回改良されたTECH::MASTERというオリジナル教材がわかりやすいです。

TECH::MASTERでは導入のプログラミング言語などの概念の話から入り、実際にコーディングしていく際にも問題演習や補足が豊富なので進めやすいです!とにかく教材の質が高い!

あと忘れていけないのが転職実績の高さ!未経験の方でも3か月のエキスパートコースを受講したのちに、著名なWebベンチャーに多く転職をしています。

コース内容・料金

基本料金(税抜き)は入会金128000円+月会費12800円になっていて、期間は月単位で自由に選べて、カリキュラムを自由に複数受けることもできます!

※エキスパートコースのみ料金(税抜き)は398000円(オンライン:298000円)

テクノロジーコース

  • Webサービス開発:ruby,HTML,CSS,JavaScript,ruby on Rails,Bootstrap
  • VR・3Dゲーム開発:AR,VR,Unity,C#
  • デザイン:PhotoShop,Illustrator
  • AI:Python
  • iPhoneアプリ:Swift(?)→2018年1月16日より開講予定

エキスパートコース

→Webエンジニアとしての転職支援も含んだ本格的なスキル養成講座

学習形式

こちらは通学型のテクノロジースクール。自宅でカリキュラムを閲覧し進めることもできます。あと近くに質問できるメンターがいるので学習を進めやすいです。

スクールの場所と利用できる時間はこんな感じ

拠点:渋谷・新宿・池袋・東京駅前・御茶ノ水・早稲田・名古屋・梅田

※上の拠点が自宅から遠くて通えないなという人もオンラインで対応してもらえます。

教室利用時間:平日16~22時、土日祝日13~19時

オンライン質問対応時間:全日13~22時

カリキュラムの進め方は各々の自由ですが、コースの開始時期は決まっていて、自分で選べるわけではありません。

  • 受講期限は決まっておらず月単位で受講する。
  • コースの開始時期は月初めと月半ばの2回があります。

最新のテクノロジーとか気になっていて、ITスキル何か身に着けたいなっていう人はTECH::CAMPが一番向いてるかも。

お得な情報!TECH::CAMPの受講料金が12800円/月が、紹介者割引適用で5%引きになります! 紹介コード(9e9b4a)を申し込みの際に紹介者の欄に入力するだけ!!

TECH::CAMPの実態を知りたい

6.DiveIntoCode

特徴

Ruby on Railsに特化した通学型プログラミングスクール。最近AIコースが追加されました。

特色ははっきりしていて、中途採用されるエンジニアを目指すというコンセプトが強いです。

とにかくコミュニティや勉強する仕組みが確立されていて、仲間もできやすいので、本気でrailsのスキルをつけ仕事をしたい人にお勧め。

コース内容・料金

コースは3種類ありますが、現在エキスパートAIコースは受講停止中。

メインはRubyによるWebサービス開発で、就職や起業を目指す即戦力コースと趣味として学べるチュートリアルコースの二つがあるのが特徴的。

レベルが二つに分かれているのはたぶんここくらい。

概要は下のような感じです。

  • 即戦力コース:ruby,HTML,CSS,JavaScript,ruby on Rails,jQuery,SQL

Web系エンジニアとして中途採用されるレベルを目指すコース

期間は6か月で、費用は298000円(税抜き)

  • エキスパートAIコース:Python,Linux,anaconda,深層学習,機械学習

こちらも人工知能の専門家として中途採用されるレベルを目指す。自然言語処理・音声認識・数学・統計学などプログラミング以外の知識もつけていく。

※2018年1月現在コース改定に伴い募集が停止されており、料金の情報が載っていませんでした。

  • DIC Railsチュートリアルコース:ruby,HTML,CSS,ruby on Rails,Git,minitest

こちらは転職目標等はないコース

期間は2か月で、費用は198000円(税抜き)

学習形式

学習する流れはこんな感じ

1.自習:オンライン学習サービス「DIVER」か教室のメンターへ質問をする。
2.授業:同期とディスカッション形式で進める。
3.勉強会:教室のメンバーと弱点を補強する。
4.チーム開発:座学では身につかないGitHub Flowでチーム開発を経験できます。
5.卒業課題・デモ:個人でアプリを企画・開発・発表します。

特徴としては1~5を終えて卒業した後も事業について相談出来たり、コミュニティ・就職支援が充実していることです。

授業の開催時間と場所はこんな感じ。

拠点:東京校

※上の拠点が自宅から遠くて通えないなという人もオンラインで対応してもらえます。

メンタリング(教室利用時間):木曜日以外の10~22時

オンライン質問対応や授業の受講も可能でしたが、現在は募集停止されているそうです(18年1月8日時点)

7.WebCamp


特徴

ここはとにかく手厚さに関しては一番なんじゃないかな。

WebCampは一か月でWebスキル(HTMLとCSS)かプログラミング(RubyとRuby On Rails)を極め、作りたいページを作ることを目標としています。

料金は1か月118000円(社会人)59000円(学生)からって感じです。学生安い!!

安さと手軽さが売り!一番初心者向けのスクール!

コース内容・料金

学校の名前の通りWeb系に特化していて、HTML,CSSに特化しているのが珍しい。

内容・レベル感ともに、初めてWeb系のスキルに挑戦する人にちょうどいいコースとなっている。

<コース>

WebCamp

  • デザインコース:HTML,CSS

HTML,CSSに特化してWebデザインのノウハウを学ぶコース

  • プログラミングコース:ruby,ruby on Rails,HTML,CSS

プログラミング初心者が、サービス開発までを目指すコース。エンジニア志望の学生や社会人も受講できます!

WebCampPro

転職支援サービス付きの3か月コース!未経験者でもエンジニアになれるプログラムで、就職成功率98%を誇っており、転職・就職できなかった際に受講料が全額返金されるという充実したコースとなっている。

<料金>

料金体系は両コース共通です。※すべて税抜きの価格

  • 1か月:128000円(社会人)、99800円(学生)
  • 2か月:218000円(社会人)、167000円(学生)
  • 3か月:298000円(社会人)、218000円(学生)

Proは498000円

学習形式

ここも通学型で自習室の空いている時間が長くて、講師と生徒のマンツーマン制度があるので初心者も安心です!

カウンセリングで、学習内容や受講期間について話し合い、一人一人に合ったカリキュラム作成していくので、ついていけるか不安な人にも安心!

拠点:渋谷のみ(神南)

教室利用可能日時:毎日11~22時、PCでも質問可能!

学習形式:講義とメンタリングの形式が融合した形となっている。

講義はディスカッションがメインで、週一回開催される。

それ以外の自習は主に講義に向けた準備を行う形で学習を進める。

作りたいサービスの構想とか決まってたら、WebCampが一番手っ取り早いかも

プログラミング学習ツールを比較してみたけど

どうでしたか。今回はアプリや最新技術が学べるツールというくくりでまとめてみました。

一見こうしたサービスってどれも似たようなものに見えますが、結構違いますよね。

それぞれ価格・コース内容・コースの種類・期間・目的・環境それぞれ大きく異なります。

漠然とした興味で始めるのもいいし、明確な目的を持って使うのもよし。趣味感覚でやる人も仕事にしたい人もできるし、今はITスキルについてのいろんなサービスがえぐまれているなって思いました。

料金見ると高いと思う人もいると思うけど、ITスキルの開発とか趣味に自己投資するのって金融商品に投資するよりも何十倍も何百倍も有意義だし価値があるとぼくはおもってます。

ぼくにとってプログラミングを趣味の側面が大きいですが、ブログの大事なコンテンツであるという点では仕事にもなっている気がします。プログラミングをやる前にはこんな趣味とかありませんでした。プログラミングに取り組んだことによって、自分がITスキル系のことにのめり込むきっかけができたような気がしています。

ここに載っているサービスで自分に合うものを使い倒せば、自分の打ち込めることを見つけたり、社会的に価値になりうる仕事を見つけることもできます!

ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する