会社、バイト、仲間内などのコミュニティにお土産を持っていくべき?

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フクロウ
卒論終わったらブログ復帰するわ!

ということで、今回もトンビが書きます。フクロウは12月上旬に復帰します。フクロウの記事をお楽しみに。

土産物食っているときは幸福感高いよな

トンビ
最近職場にお土産を持ってくる人が多くてうれしすぎる!

僕のシステム開発の現場はおじさんがたくさんいるのだが最近旅行や帰省に行った人が多い。

ついこの間の週末も金曜の休みをとったりしていく人が多くて土産のおいしいお菓子を3個もらった。どれもうまい。

たぶんどれも一個あたり100円は普通にしてそうなおいしさ・大きさ・見栄えのお菓子。

そうじゃなくともなんかみんな恰幅よく2個くれる。

小腹を満たせる量がある。

スーパー良識人の僕としては職場になんか申し訳ないなと思ってしまうほどである。

トンビ
ただ良識がありすぎるので、ぼくはもらった人が気負ってしまうだろうなという気を使ってしまうのでお土産は頼まれた時以外全く買ったことがありません。

ありがた迷惑とまではいかないまでも遠出したときは自分もそうしなきゃいけないという返報性的な何かを感じてしまう。

なんというかこういう体験って学生時代もあったな。

仲の良い友人に土産物を仲間内によく配っている友人を思い出したので、彼にどういう考えがあるのかを聞いてみた。

乞食飼いの陳くん

高校からの友人の陳くん(プライバシー保護のため仮名)は、部活で仲が良くいまでもよく会う友人である。

陳くんの生態はこんな感じ

  • 部活・勉強にまじめ
  • 責任感強め
  • 素行良好
  • 仲の良い友人には誕生日プレゼントをくれる
  • 旅行に行くと必ず部活で土産を配る
  • 一緒に旅行に行った際にも土産を買ってない時を見たことがない。
  • そしてロリコン

みなさんの周りにもいるでしょうか。ロリコンではないかもしれませんが、こういう外面がいい人(内面ももちろんいいよたぶん)

僕は人に土産をありがたくもらうことが好きなので厚意に甘え土産物をよく乞食しています。

そんなわけで陳くんは乞食飼いなのである

土産のみならず彼は学生時代に授業の資料やメモを気前よく貸したりしていた。いろんな場面で乞食たちの面倒を見ている陳くんをみていると、

  • 人にお金配れるとか金持ちやな。
  • 自分で全部食べればいいのに。
  • ストレスたまらないのかな?
  • 偽善者なのかな?
  • 周りの評価上げて慕われたいのかな?

こんな疑問や感想が出てきます。

もしバイトや会社の人に好かれて収入を上げたいと思っているのなら、ほんとにコスパに合っているのだろうか。

なんにせよ土産とかの媚で給料上がる上がる会社だったらやめたほういいねw

陳くんの行動はよいことだとは思いますが、その行動についていろいろ疑問やわだかまりを個人的に抱いたので陳君にどういう気持ちなのかを聞いてみた。

彼の個人的な意見としては、

陳くん
なんか単純に喜んでくれたらうれしいやん

だそう。

八方美人なのか仏なのかはわからないが僕は今後も彼の恵みの品に乞食しようと思う。

土産を買ってコミュニティ持ち込む4つの理由

陳くんの意見が結構的を得ていると思ったので、それを紹介します。

1.話題作り

これはあまり溶け込めていないコミュニティで交流を図る方法として非常に効果的!ビジネスの場面とかでも現にこういう意図で土産物を贈る。たしかにそのとおり。

話したことない人でも渡すことで話のきっかけができるし、なにより喜ばれますよね。

2.義理

陳くんもこれに当てはまる。これだと思いたい。仲の良い友人に日ごろお世話になっている感謝の意を示すために配るよというなんとも聖人的理由がこれ。

みんながこんな気持ち持ってたら戦争なくなるねわっしょい。

3.常識

これが問題の元凶。1や2の厚意としての土産物がエスカレートして、コミュニティ内の慣習として確立され始めたら黄色信号。

先ほどの返報性の話に戻るが、「前に○○さんにもらったから」「ほかの人が配ってたから。」こういった感情をルール化してはならない。

会社のローカルルールとかみたいになってきたら宗教宗教。

4.見栄

3の常識に見栄という要素が入ってくると、非常に厄介である。遠出のついでに土産物を簡単に用意しようか。というならまだしも。

みんなに良い品を上げて自分の株を上げようみたいな考えの持ち主が混じってくると、もらう側も困ってしまう。

「〇〇さんのお土産いくらくらいする代物だし、自分もそれくらいのかわなきゃいけないのかな・・・」

土産物が高価だとかえって周りの人を苦しめてしまう。

結局土産物は買わないのが最適解じゃね?

トンビ
だって遠出して買わなくても怒る人いないよね

怒られたらその人はちょっとやばいよね。

上の話を踏まえると土産をあげ始めると、返報性の束縛に苦しむ危険があるし、なにより金がなくなる。

そのデメリットを超えるほどに他人が喜ぶのがうれしいかもしれないが、それに固執するくらいならものではなく行動で示すのがよいような気もしてくる。

誰かの面倒なことをやってあげたり手伝うことでもそれは代替できるよね。

おわりに

けっきょく最初にもどるけど、土産物文化ってあんま好きじゃないよねっていうトンビの偏見の話でした。

ぼくはインドアであんま外出しないことを職場の人に言うと、もったいないと言われたり、出かけることを勧められます。

ぼくの職場では休日に何しているかとか時事問題とかのうわべの話題くらいしか話さないので、みんな土産ほしいんだなっていう風潮を感じる。考えすぎなのかもしれないけど、ほとんどみんな土産配っていて若干負担に感じるのは事実。

遠出するときもまったく話さなければ全て解決だよな。

p.s. 会社の人にこれ言ったら間違いなく受け入れられないよなあ

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する