1万円以下なのにFPV機能搭載!ドローンHolyStoneを買ってみた。

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どーもーーーー

にわか弱小ドローンブロガーのトンビです。

いままでCoDroneをいじってそのソースコードとか動画を上げてたんですけどね…

トンビ
カメラ付きドローンで空撮が撮りてえええええ

CoDroneはほんとにArduino開発環境から始めたのでコントローラで実装できるまで長かったw

ドローンをいろいろいじってる中でやっぱり空撮がやりたくなったんですけどその機能ないんですよね

HolyStone ミニドローンて何?

届いたドローンがこちら

正式名称(?): HolyStone ミニドローン 2.4GHz F180C

英語のパッケージ入って届きました。日本語は一切なしwww

(説明書は日本語のものが入ってます)

さっそく開封!

でででーん

(←なつかC)

中に入っているのは、

  • ドローン本体
  • コントローラ
  • バッテリー2つ
  • バッテリー充電装置
  • 予備のプロペラとか

ドローン本体にはMicroSDが入っていてそこにドローンのカメラのデータを保存して、動画や写真がPCとかから入手できるという仕組みになっています。

またコントローラはドローンを操作するだけでなく、搭載されているデジタル画面からドローンとの接続(バインド)やドローンの操縦モードなどを確認することができます。

HolyStone ミニドローンの特徴

SPECを整理すると、

  • 値段:8220円(税込み)→アマゾンで買った
  • 動画・写真が撮れる(MicroSDに保存)
  • 720p対応、200万画素
  • FPV(飛んでいる最中のカメラも確認できる)機能あり
  • 3D宙返り機能あり
  • プロペラガードあり
  • 本体サイズ:135*135(mm)
  • 操縦可能距離:50-100m
  • ワンキー帰還機能あり
  • 本体重量:51g(200g未満なので許可なしで公の場で飛ばせる、もちろん周囲に配慮の上で)

トンビ
CoDroneに比べてない機能がたくさん!!

ホビードローンとしてHolyStoneが魅力的な点はたくさん!

  • カメラの機能が充実!
  • なのにアクロバット飛行可能!多機能!
  • しかも軽くて簡単に飛ばせる
  • そのうえ値段が手ごろ

1万円以下でここまで機能が搭載されていてサポートもしっかりしている最強のドローンです。

ドローンになんとなく興味あって入門者向けを買ってみたい人におすすめ!

実際に飛ばしてみた感想

開けて操作しないのはもったいない。

ってことで早速試してみた。

バッテリを装着して、コントローラに単三電池4本入れます。

ちょっと多いね(ぼくは家にある充電池を入れました)

充電池何かと便利。(ドローンのパッケージには入ってません)

左スティックを下げながらコントローラの電源をつけ、そのあとドローンのコードをつなぎ電源をONにする。

そうすると、コントローラに電球マークがついて、ドローンの青と赤の光が点滅から点灯に変わります。

これで飛行準備万端!

ほんとに簡単、多少戸惑ったけど30分あれば開封からここまでいけます。

実際に飛ばしてみます。

YouTubeではなくTwitterのリンク貼っておきます。

3Dアクロバット飛行楽しすぎますね。

飛んでるドローンかっこよすぎる!

(自画自賛)

ちなみにこれ撮るのに10回くらいチャレンジしました。

一人でコントローラ操作とカメラ撮影はなかなか厳しかった。

それとコントローラの上下操作が効きすぎて高さ調節が難しかった。

あとカメラの画角の中で宙返りさせるのに苦労しましたw

けど楽しい。

今回は簡単に飛行を試してみましたが、今後いろいろ試してあげていきたいと思います!

そしてその後外で飛ばしてみた(12月10日)

僕が高度調節するの下手だったのもありますが、あんまり外向きではないかも。風の弱い日ならいけるかな・・・

電池4本はついてないから、別で必要です!

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する