営業職じゃなくてSEになってよかったなって思う理由

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トンビ
社会人になって半年かー。今の会社で働くのが決まったのは一年と4か月くらい前か・・・

前回の記事では、僕の就活の話を話しました。

いろいろと苦労をしながらも、なんとかSIerのSEとしての内定を得ました。

半ば追い込まれながら、SIerを選んだ僕の選択は正しかったのか?

あっている職業につくことはできたのか?

振り返ってみました。

銀行の営業職に全敗した僕の就活

前回の記事に詳しく書いたのですが、僕の就活は簡単に書くとこんな感じだった。

  • 受けた会社はIT,金融業界の合計20社弱
  • ベンチャー数社受ける
  • うち1社内定
  • 大手10社ちょい受ける
  • 二次面接くらいで落ちまくり、最終面接にいってもうまく自分を売り込めず、落ちる。
  • 金融系全敗
  • 駒がつきそうになり、説明・選考に参加し駒を増やそうとする
  • 残りの駒がわずかで絶望しかけたところで、命からがら現在の会社のSEの内定を得る(就活終了)

とにかく就活後半は苦しかったし、ベンチャー1社の内定で楽観的になり、自分の向いている会社とかを客観的によく考えられず、自分の向いていない職種で勝負をして苦戦してしまった。

人付き合いに消極的で、大人しい僕は営業職に向いてなかった。

つまるところ、とにかく面接が苦手だった。

やりたいことが特にないくせに、有名な企業を何となく受けてました。

これで初対面の大人と打ち解けるくらい平均以上のコミュ力があったり、いろんなことをやってきて話の引き出しが多い人間だったら、銀行とかの営業職になれた気がするが、そういうわけでもなかった。

なんというか就活中は、いまもですが、理系の学部に進学しなかったことを後悔しています。

学問的には数学が好きだったし、そういう理系的な知識を極めるのも好きだった。

普通のサークル・普通のゼミにいる文系学生で、特別な活動をしてなくて、強みもない。

コツコツ物事を継続する強みはあるけど、ありきたりだし、うまく面接官に売り込めない。

何か極めたもので特定の仕事にがあれば、と何度も思いました。

今思うと、社交性よりも分析力が問われる内務的な職種とSEに絞って就活すればよかったなーと思います。

新米大企業SEの実態&IT業界についての記事!

折衝力が求められるストレスも多い営業の働き方

同じ会社の営業や他社の営業の人の話を聞いていると、取引先や自社の上司などいろんな利害関係者とうまくやっていかなければならないし大変さや付き合いの飲み会とかの多さを嘆いている人が多いなと感じます。

それに納期に追われて苦しい。忙しい。などなどいろんなつらさが重なれば、好きな仕事だったり得意な仕事でないかぎり嫌になると思います。

なおさら僕は酒も飲めないし、外交的でもないので、ストレスを抱えるは、仕事のパフォーマンスは伸びないわですごく苦しい思いをすることになったのではないかと思います。

たぶん営業部隊に集まる人は、ウェイ系だったり、対人的なかかわりが好きな人も多いですから、自分もそういうふうにふるまわなきゃっていう考えになって、ストレスを抱えることになったような気がします。

トンビ
自分の就活を振り返ると、そういう営業に向いてない典型的なコミュ障学生に見えてただろうな・・・
トンビ
社会人になり、「営業職」というものの実態を理解するにつれ、納得がいくとともに、あのとき落ちてよかったなと思いました。

就活中は営業職の選考に落ちまくり、自信を失くしていましたが、良い企業に入れなかったのではないかとおいう思いばかりがめくってましたが、住めば都という感覚なのか。いまは自分に合う仕事にありつけたように思っています。

営業と比べたSEの働き方

SEも社外とのかかわりがないわけではないですが、だいぶ少ないです。

それかそういう付き合いは少なくないにしても、周りもがつがつした人が比較的少ないです。

営業は自社の製品やサービスの良さを、他社の人に売り込む職業。深く言えば、他人とコミュニケーションを密にとって信頼関係を構築することを生業にする職業です。それに対しSE(システムエンジニア)は、データベース、ネットワーク、アプリなどなどそれぞれのシステムの専門分野とかマネジメントをきわめてそうしたITスキルを生業にしていく職業です。

もちろん対人スキルはSEひいてはすべての仕事に必要ですが、そうした対人スキルがものをいう仕事ではないです。

これが半年働いていて感じるSE(技術職)という働き方の他の仕事と違うところです。

トンビ
細かいことや理系的なことが好きで、何かに没頭するのが好きな僕には合っていたかな・・・

ともかく自分に合う、自分の好きな働き方を探したほうがいい

これが学生生活・就活の苦労・半年の社会人生活を経て大切だと思うことです。

今僕は自分の興味があるITの分野の仕事をしながら、面白そうなことを漁りながら、ブログ・サイト運営に凝っています。当分はこういう習慣を続けて、将来好きなことに没頭して稼げる状態を目指したいです。

就活での失敗を経て、没頭できることを手当たり次第に見つけて、スキルや稼ぐ力をつけたいと思いそれを行動に移せるようになりました。

もし就活でこうした苦労をしてなかったら、今まで通り漫然と会社に通って目の前の仕事を消化するだけの生活を送っていたような気がします。

ぼくは行き当たりばったりで自分の居場所を見つけた感はありますが、就活をこれからする予定の人は自分の合う仕事を考え、働いている人の生の話を聞いて人とよく相談しながら就活を進めてほしいです。

SEの実態&IT業界についての記事!

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する