人工知能の作り方「おもしろい」ゲームAIはどう動くのか レビュー

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

三宅陽一郎さんの著作である

人工知能の作り方「おもしろい」ゲームAIはどう動くのか

を読みました。

AIについての本を読み漁ってるのと自分はゲーム好きなので単純に興味を惹かれたのがあって買いました。

結論から言うと、ゲームAIというかなり特殊な分野に関する本ですがかなり楽しめました!!

評価

面白さ   ♠♠♠♠♠

読みやすさ ♠♠♠

知識    ♠♠♠♠

1、面白さ・読みやすさ

専門的なところもややあるものの基本的にはAIの知識がない人にも読みやすくおもしろい内容になってます。

ゲームAIの具体的な技術にも割と触れているので少し重く感じるところがあります。

ですが、専門用語を使いつつも説明が論理的でしっかりしているうえにわかりやすいいイラストがあるので内容のわりには読みやすいですね

ゲームの具体例とかもあるのでこのゲームのここはこう言う風に動いていたのか!という発見があってゲーム好きな自分としては個人的にとても面白かったです!!

2、知識

AIの一般論・概説のようなパートゲームAIという分野特有の技術についてのパートがあります。

AIの概説パートにおいては、知能とは知性とは何かという根源的な問いから初めてくれているので広がりのある議論になっています。人工知能入門として読むのもいいかもしれません。

対するゲームAIパートでは、ゲームAIの歴史的な発展にも触れつつ話が進んでいます。ゲーム業界がぶつかった壁や革新、その時の流行などゲームの歴史としても読み応えがあるものでした。バグの回避やコードの効率化など具体的ではあるものの初心者でもわかるように書かれています。

ゲーム開発に興味がある方は簡単な技術書としても読めるはずです。具体的なコード等は書かれていないので、実装の引き出しを増やすために読むって感じでしょうか?

内容ピックアップ

1、知能と環境

知能が環境から独立して存在することは少なくとも現実世界においてはほとんどありえません。

この本においては知能の原点として動物の生命維持における判断をあげています。生物はほとんどの場合において、環境から得られる情報(周囲の状況、敵との距離等)や身体の必要性(空腹感、敵からの逃亡の必要性等)といった情報を元に思考をします。

その中でこの本では一つの知能の定義としてを「外部と内部の境界でその関係の調整をするもの」をあげています。

例えばお腹が空いた(内部)からご飯を探す(外部)という判断や敵を見つけた(外部)時に身を守るため(内部)逃げるか戦うかの判断をするもののことですね。

つまり思考というものはその知性の宿っている身体の置かれている状態に依存するので独立して知性について考えるの難しいということです。

特にゲームAIにおいては独立した知性も大切ですが、どのようにステージを作るか、それに対して人工知能がどのように動くのかといったところが重要になるようです。

2、センサーとエフェクター

知能は環境から影響を受けると書きましたが、そこをベースに考えると知能ひいては人工知能にはセンサーとエフェクターが必要になるそうです。

ここでいうセンサーとは、情報を集める機能のことです。人間でいうなら目や耳などの五感のことですね。

対してエフェクターとは外部に対して働きかける機能です。人間でいうなら物を運ぶための手や歩くための足といった環境に働きかける身体全般ですね。

なぜこれら二つが必要かというと知能が環境から情報を集めて(センサー)それを元に判断を下し(知能)をして、最後に環境に対して働きかける(エフェクター)必要があるからなんですね。

例えば、動物が

目視で敵を見つけた(センサーで情報を得る)

強そうなので逃げるべきだと考えた(知能が判断を下す)

足を使って走って逃げる(エフェクターが環境に働きかける)

といった感じですね。

知能の実践にはこの二つが必要で、人工知能のパフォーマンスを上げるにはこの二つの機能の発展が重要なんですね。

3、人間らしさとAI

ゲームAIにおけるひとつの重要な機能の一つが人間らしさなんだそうです。当然、人間らしさを必要としない物(ステージの変化や難易度の変化など)もあります。

しかし、近年のストーリーやキャラクターを重視したゲームにおいてはいかに仲間も敵も知性を持った存在→人間らしい存在であるかということが重視されるようです。

そのためにランダムな動きやボタンを操作していない時に怠ける動きをするなど一見無駄に見えるものの人間らしさに大きく貢献している機能の研究がなされているそうです。

確かに最近のゲームは街のモブキャラクターですら会話も動きも人間のように豊かな多様性を持っているように感じます。

いかがでしたか?

人工知能の作り方「おもしろい」ゲームAIはどう動くのか

個人的に読み物としてとても興味深かったです。ここで書いた内容以外にも知能とはなんなのかについて言及しているところや具体的なゲームAIの構成について書いてあるところもありおもしろかったです

ゲーム好きな方、人工知能に興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する