大学生が塾講師バイト選びで注意すべき12のポイント

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回でなんとちょうど50個目の記事!

ブログ記事の投稿を始めてから大体2か月半。

この記事を書いているのはsantakaですが、特にペースとか気にせず、仕事終わりの暇なときに記事を書いては投稿してます。

ここまで長かったような気もしますが、まだまだ初心者ブロガーですね。。。目安の100記事の折り返し地点って感じ。

今回は今まで挙げてなかったバイトの記事です。

大学時代3年以上、二つの塾で働いた経験をもとに、塾講師バイトが向いてるか否かをチェックする12のポイントをまとめました!

塾講師バイトに興味があるがやろうか迷っている方にはぜひ最後まで読んでほしい。

僕(santaka)のバイト経験

今は社会人ですが、大学時代ずっと僕はいろいろなバイトをやってきました。

同時並行でいろいろやってたので、数々のバイトを羅列するとこんな感じ。

  • ホームセンターS(1年)
  • 集団塾E(1年ちょい)
  • 個別塾M(2年ちょい)
  • 試験監督(不定期)
  • 在宅試験採点(不定期)
  • ライブスタッフL(派遣、たまに)

具体名は伏せます。大手のところです。察してください。

同時並行でやってた時期もありますが、こうしてみるといろいろやってきました。

バイトにそんなモチベーションなかったから、月6万くらいしか稼いでなかったです。

塾講師歴は長かったのですが、とにかく楽なバイトを追い求め、最終的に在宅バイトと個別塾に落ち着いてたなー

塾講師バイト選びの12のポイント

1.お小遣い目的 or 教師志望

僕は集団塾Eでのバイトを始めてから気づいたんですけど、入ってみると「将来先生になりたい」っていうモチベーションの人が多かった。

僕はホームセンターSでの繁忙なレジ打ちに飽きて、中学生の勉強教えるのなら楽かなーと思って選んでしまったので、けっこうギャップを感じました。

休日に会議とかも入るし、授業のコンテストとか自己研鑽的なことも盛んだったり、同僚の出勤日数が多いのもあり、1年経ってやめてしまいました。

集団塾でのバイトだと、そういったモチベーションのギャップに直面する可能性があるので、嫌な人は、モチベが高くなさそうな集団塾を見つけるか、個別塾かそのほかのバイトをお勧めします。

2.メインのバイト or サブバイト

小遣いが足りないから、塾講師をやろうかなという人には集団塾は向かないです。

集団塾だとどうしても、出勤頻度が増えます。。。休み期間中とかだと一日中入ることも。

その点、個別塾はメインでもサブのバイトとしても向いていると思います。

けっこう融通が利きやすいので。

3.出勤ノルマの有無

これはちゃんとチェックしたほうがいいです。バイトの面接で「週3回出てほしいんだけど大丈夫?」って聞かれて、愛想よく快諾したらおそらく受け入れてくれるとは思うんですけど、続かないです。

募集要項と自分の生活サイクルを比較してよく吟味したほうがいいです。面接のときに聞くのが一番です!

4.曜日固定 or シフト制

塾講師以外でもありがちですが、集団塾では特に曜日固定という制約がのしかかってきます。

一つのクラスを持ったら、特定の曜日・時間は出勤しなければいけません。

基本的に長い期間にわたって授業の曜日・時間は変わらないですし、代講を頼むは大変です。。。

生徒もフレキシブルな日程で通いたいと思っているのもあり、個別指導は割と融通が利きやすいです。

ここも働く前によく確認したほうがいいです。

5.時給が高いバイトがしたいか

最も重要なお金の話

給与面で行くと、一般的には

集団塾 >> 個別塾 です。

個別塾も時給1200円だったり、最低時給よりは全然高い場合が多いです。

あと集団塾だと、クラスの人数が多くなると、高くなります。

6.科目固定 or 科目しばりなし

採用時の条件にもよりますが、基本的に集団であれば、講師の科目の得手不得手は考慮してくれます。個別だと、あまりみてくれません。一度に2・3人見るのが普通ですし、高校生の科目を見ることも多いです。

ただ、

教える内容の難易度や求められる授業レベルは、個別塾 < 集団塾

どうしても集団よりも個別のほうが、補修的な意味合いが強いので、難関校受験に特化した集団塾よりも、個別塾のほうが求められる授業レベルは高くないです。

7.スーツ着用 or 自由

まあ集団塾だとスーツ通勤がデフォ。個別塾もスーツがスタンダードですが、教室においておくことができたり、私服の場合もそこそこあります。

バイトのためにスーツとか用意したり、スーツ着るの嫌だったら、塾バイトは向かないかも。結構お金かかりますよね。

8.生徒(保護者)のクレームが怖いか

集団塾だと、こういうのを真に受けることがあります。

こうしたクレームをあまり気にしない or 教師になりたいから頑張るという人以外はあまり向かない気がする。

こればかりは生徒と保護者と講師次第。

どうしても集団塾だと講師にのしかかる責任も大きい(その分給料も多いんだけど)

僕も集団塾やっているとき3・4つくらいクラスを持ちましたが、一つのクラスを途中で外されたことがありました。

昔からうるさい怪獣問題児クラスだった&経験したことない中学受験の小6理科だった&自分がコミュ障だったという三重苦により、見かねた教室長に外されましたね。

あんまり周りの評価とか気にしないほうですが、この時ばかりはすごく申し訳ない気持ちになりました。

とはいえクラスを受け持って受験に送り出すというところまでやれたり、生徒の成績が上がるのを見れたら、やりがいや達成感もあると思うので、やりがいが欲しければ塾講師はうってつけ。

9.肉体労働はOK or NG

ライブスタッフとかホームセンターのバイトをやっているときは、暑さや寒さや眠さやだるさを感じることが多かったですが、塾講師は集団・個別ともにそういったストレスはほとんど感じなかったです。

しいて言えば夏場の通勤が暑い。

なんだかんだ授業をやっていると、特に集団は時間すぎるのあっという間です。

時間が過ぎるのを待つのがつらいみたいなストレスは少ないバイト!

10.授業準備(多少の時間外拘束)はOK or NG

声を大にして言いたいのが、塾講バイトは給料の出ない空白の時間が多い!

主な要因が

  • 時間割上、授業と授業の間のコマが空く
  • 授業前の準備時間がある。
  • 授業後も丸付けなどの雑務がある。

これらによって10~120分くらいは空白の時間があるんじゃないかな。

集団塾だと必然的に必要になります。指示されなくとも、授業内容と流れを決めとかないと授業が成り立ちません。授業時間分(+ささいな事務給)しか出ないので、それ以外の授業にかかわる勤務時間は計上されないことが多いです。

対策としては、授業の合間にタスクを処理することで勤務時間を短縮して、うまく実質時給を上げるしかないです。

11.人の世話をするのが嫌か

個別も集団も受験生を担当することになると、責任が大きくなり、必然的に世話をする機会も増えます。

個別の場合、あまり勉強が得意でない子を教える場合が多いので、粘り強く教える忍耐が必要です。

集団の場合、能力のばらばらな複数の生徒の理解度を把握して、うまく授業をコントロールする力が求められます。

どちらにせよ、その場だけの接客バイトや作業バイトとは違い生徒(お客さん)を比較的長期的に対応する仕事なので仕方がないですね。

12.大学生のバイト仲間が欲しいか

飲食のバイトや小売り系だと、パートの主婦層の方のシフトと被ることが多いです。

塾講師は暇な大学生が多いです。

つまり、友達はできやすいです。

集団塾だとなおさら、出勤頻度も多いので、塾講師界隈の交流も盛んな傾向があります。

あくまで、職場になじめた場合の話ですwww

まあ僕の場合、一つ目の塾ではあまり出勤頻度高くなかったのでなじめなかったし、二つ目の塾では、大学生ほとんどいなくて、同僚が主婦や社会人だったので、全然友達出来ませんでした。

コミュ力不足っていう要因もあるんですけど・・・

ブラックじゃない塾講バイトに巡り合えたらそこで気の合う仲間とか友人とかが増えるので、コミュニティがなくて悩んでる人や友達増やしたい人には良いバイト!

終わりに

どうだったでしょうか。僕の塾講師経験談は、あまり華のないものでしたが、塾講師バイトの実態やミスマッチの原因とかを書かせてもらいました。

結論としては、バイトの要項や勤務形態とかが、自分の希望とmatchしているかをちゃんと考えましょう。

 ↓ジョブセンスは働かなくてもバイト採用が決まるだけで報酬金が出るのでおすすめ!

スポンサーリンク


関連記事

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(ITコンサル)
◆santaka(SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する