スポンサーリンク

スポンサーリンク

【シンギュラリティ】落合陽一の「超AI時代の生存戦略」のレビュー

▼この記事をSNSでシェアする▼

落合陽一の「超AI時代の生存戦略」を読みました。おすすめポイントと本の感想をつらつら書いていきます。

これからAIでどう社会が変わっていくのか、たくさん知見を得られる良書となっています。

メディアへの出演も多いし、知らない方は少ないんじゃないかと思いますが、

開成高校卒→筑波大学→東京大学大学院博士課程→筑波大学助教

という経歴を持つ情報工学のスペシャリストでコンピュータグラフィックスやヒューマンインターフェースを専攻していて、その分野に非常に強い方です。

IPA認定の天才プログラマー・クリエイターなどたくさんの肩書を持つ「デジタルサイエンティスト」です。

「超AI時代の生存戦略」とは

一言でいうと、これからのコンピュータ(AIなどを含めた広義のIT技術)の発展によって社会とそれを取り巻く価値観等がどのように変わっていくかを抽象的に論じている本という印象を受けました。

AIの発展により、技術が高度になり、その技術のコストが下がり社会に浸透していったら、どのような社会になるのか?

産業はどうなるのか?その中で働く人の労働という概念はどのように変容するのか?はたまた生活はどのように変わるのか?これから人間の価値観にどのような変化が起こるのか?

社会という広い概念から人の価値観という狭い概念までにIT技術の発展がどのように伝播するのかを事細かに論じているところが、抽象度が高く難解でありながら面白い。

本書の副題がシンギュラリティに備える34のリストであり、三章構成でそれらについて紹介されています。

  • 一章:ワークライフバランスからワークアズバランスへの転換(生活方式の転換)
  • 二章:超AI時代の働き方(スペシャリストであることと知識にフックをかけること)
  • 三章:超AI時代の生活習慣(人間の個性について掘り下げた議論)

一~三章にかけてどんどん掘り下げて議論していく構成になっています。

ぼく個人の感想

これからの未来の変わり方を細かく予想することはだれにもできないが、こういうITの進歩に伴う将来の展望について専門家の考えを知るということで、自分の考え方を豊富にしてくれる一冊だと感じました。

僕自身が一人で考えようと思ってもAIが社会に浸透していくと、どのように社会が変わっていくかをあいまいに狭い範囲でしか想像できないが、この本を読んでどういう技術がどのように社会に浸透して、どういう変化を起こすかを明快なプロセスで描いてくれているので、たくさんの発見があった。

労働や生活が大きく変わった世界で、人の趣味や人間としての個性(PCとの違い)は何なのかという問いはすごく深いものでした。人間の身体性能とかの話は難しい点も多かったですが、

本書ではシンギュラリティに備える34のリストが紹介されていますが、

印象的な項目が二つありました。

一章:ワークアズライフへの転換

趣味性

→コンピュータが発展を続けていったら、人間としての個性は「趣味性」くらいしか残らなくなるという議論です。働き方と関連する部分も多いですが、人間が超情報化社会でどのように価値を生み出していくべきかという命題を言い換えたような感じもします。

その答えの一つが趣味性なのかなと考えさせられました。

二章:超AI時代の働き方

・情報アプローチ

・フックのついた知識

→一章の生活の変化の話と合わせて、情報化が加速する中で、人間は情報とどう向き合うべきなのか。それこそどのように知識をインプット・アウトプットして「価値」を生み出していくべきなのか。非常に考えさせられたまま、もやもやしながら本を読み終えました。

なんかこういう議論にぶちあたると、会社で働くってなんだろうっていうネガティブな考えがはびこってきますね。むしろこうやって続けている趣味としてのブログが何かしらの資産になればいいな(強い願い)

どんな人におすすめか

  • シンギュラリティに興味ある人
  • 「AIってなんだろう」って感じの疑問がある人
  • クリエイティブな仕事がしたい人

→具体的な答えは出ませんが、確実に知見のヒントはあるはず

読んでみたいなと思った人は↓

この本ではシンギュラリティそのものにはあまり説明されていないので、合わせてこの本を読むといいかも。

どのようにしてAIが人類の文明を発展させていくかについて書かれていて、具体的でわかりやすいです。

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する