就活生は知らないと損するIT企業の選び方

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トンビ
It系の会社の種類とじぶんのやりたいことを比べてみよう。

一言で言うとぼくはこれが言いたい。

たぶんこの記事をみている人は、ITになんとなく興味あるけど、自分の志望動機とか会社への理解がうまく掘り下げられていない人が多いかと思っています。

ぜひともこの記事が参考になれば幸いです。

1.IT企業を選ぶ基準

「IT業界に興味があります。」という就活生は多いと思いますが、

具体的に「SEとして、こういうシステム開発をやりたい」だとか「こういうWEBサービス企業で働きたい」という願望を持っている人って少ないと思います。

特に非情報系の学生だとあいまいな知識や基準で会社選択をしていると思います。

ESや面接では、「御社の社員の話を聞いて、私も○○な働き方をしたい」とか「××な取り組みをしている会社に入りたいと思いました。」と言うとは思うんですけど、

実際、選択基準になる要素って

  • 事業内容
  • 仕事内容

よりも

  • 給与水準
  • 雇用環境
  • 2chの評価
  • 社員の雰囲気

のほうが強い気がします。

安定した生活高い収入を得られたり、周囲の人に受けが良い有名な大企業に人気が集まるのが世の常です。働いた経験のない新卒の学生が限られた知識で選択するとよりその傾向が強くなるのも当然ですね。

難しいところはありますけど、今後のしたいこととか目指しているキャリアを歩むために新卒でどんな会社にいくべきかを逆算して考えるのが理想ですね

以前の記事【IT業界就職ランキング】どの会社がよいのか?では、IT業界の会社の分類や業態などを紹介しましたが、今回は実際にどのように仕事をしてキャリアを積むのかを書いていきたいと思います。

2.業界別の仕事のイメージ

2.1 インターネット業界・Web業界

ITって聞いてイメージするものに一番近いのはたぶんここだと思います。

一番流行り廃りが激しいイメージがあるのもきっとここ、多種多様なサービスを展開する企業があります。会社にもよりますが、新しい技術に触れられるのもこの業界の魅力の一つ。

いわゆる超大企業みたいなところは少なく、ベンチャー企業が多い。

良い会社に巡り合えれば、会社が急成長していくとてもやりがいのある面白いができる可能性は高い。

  • 事業内容:EC(電子商取引)、ポータルサイト、SNSなど
  • 職種:アプリエンジニア、営業、事務

新卒採用割合としては、営業・事務:エンジニア=7:3くらいのイメージでしょうか。

新卒の学生では技術者として就職する人は少ない気がします。

641万円(ヤフー)、746万円(DeNA)、662万円(楽天)

業界全体の印象としては、他業界よりやや低め

  • キャリア

エンジニア:ビジネスのサービスそのものを作るエンジニアとして働いたのち、サービス開発を極めることもできますし、スキルを活かして、企画や営業に転身することも可能。大手になればなるほど、コーディングよりも管理に回る傾向がある。

営業・事務:もともとスキルや経験がない限り、エンジニアにキャリアチェンジすることは難しいです。ただ、世の中で受けるサービスを企画したり、売り込むことはやりがいもあると思います。他の職種と違って、営業でもサービスを企画しやすく、やりがいを比較的感じやすい。

ネット・web業界に興味がある人には、

そんな魅力的な企業が数多く参加してるニクリーチがおすすめですよ。

2.2 情報処理サービス業界(システムインテグレータ)

よく言う「SIer」「システムインテグレータ」と呼ばれる業界のことです。「IT土方」というのもこの業界を指す言葉のひとつ。

  • 事業内容:企業の会計システム、経理システム、製造システムなど
  • 職種:エンジニア、営業、事務

新卒採用割合としては、営業・事務:エンジニア=3:7くらいのイメージでしょうか。

技術者の割合がやや多めで、新卒の学生では製品のエンジニアになる人はやや少なく、システムの基幹となるネットワーク・データベースエンジニアやアプリエンジニアになる人が大半だと思います。

AIなど新しいシステムやITサービスを作ることも可能ですが、依然として既存のシステムの更改や保守といったあまり目立たない仕事が多いのも現実です。

795万円(NTTデータ)、1112万円(NRI)、695万円(SCSK)、812万円(CTC)

業界全体の印象としては、他業界よりやや高め

  • キャリア

エンジニア:ビジネスのサービスそのものを作るエンジニアとして働いたのち、サービス開発を極めることもできますし、スキルを活かして、企画や営業に転身することも可能。大手になればなるほど、経験を積んで、コーディングよりも管理職やプロジェクトマネージャを目指すのが典型的なキャリアアップの仕方だと思います。そうしたキャリアだと技術力は少しつきにくい。

反対に中小企業は大手の企業に派遣するような業態も非常に多い。もちろん、製品やある技術のスペシャリストを目指すことも可能だが、日本では管理職のほうが評価される傾向の会社が多いので、他国よりは少ない。

外販企業であれば、さまざまなベンダーの製品やいろいろな会社のシステムに詳しくなることはできる。ただ、会社内での大きい事業を異動することはあまり多くないので通信キャリア系・金融系など専門は決まってくることが多い。

営業・事務:もともとスキルや経験がない限り、エンジニアにキャリアチェンジすることは難しいです。新しいサービスを企画する機会ももちろんありますが、既存システムの更改などの案件も多く、WEB企業ほどクリエイティブな仕事はしにくい

2.3 メーカー

ハードウェア、ソフトウェア、ミドルウェアなどを作る会社。白物家電やPCなど人目に付く有名なメーカーやネットワーク機器やデータベースやサーバーなどのあまり目立たない機器をつくる世界的に有名なメーカーもたくさんある。

  • 事業内容:ハードウェア、ソフトウェア、ミドルウェアなどを作る
  • 職種:研究開発、エンジニア、営業、事務

新卒採用割合としては、研究開発:営業・事務:エンジニア=1:3:6くらいのイメージでしょうか。

営業職の割合がやや多めで、メーカーにもシステム開発業をやっている会社も多いので、製品技術者以外のエンジニアも多い。

783万円(NEC)、797万円(富士通)、858万円(IBM)、874万円(Oracle)

業界全体の印象としては、他業界よりやや高め

Oracleはもっと高いはず、、、

  • キャリア

研究開発:「製品を実際に作るやりがいの大きい仕事」というイメージが強いが、研究所で製品のテストをしたり、地味でつらい仕事も少なくない。大企業だと研究所に配属されたら、しばらくは少なくとも同じところで研究をするキャリアも多いので、実際に研究開発の仕事の様子とかを把握して、考慮しておく必要がある。

エンジニア:外販のSIerとは違い、自社の製品に強くはなれるが、一般的に通用するIT知識は仕事の中で身に着けるには努力が必要

営業・事務:もともとスキルや経験がない限り、エンジニアや研究開発にキャリアチェンジすることは難しいです。新しいサービスを作るというよりは技術者が開発した製品のビジネス展開に携わるイメージが強い。

2.4 通信事業者

いわずもがな固定電話、携帯電話の会社。これからもなくならないであろう通信インフラを担う企業ということで、(会社の)安定性には事欠かない(雇用されている人が安定した生活を送れるかは別問題)。

やはり生活に不可欠な通信インフラをもとにいろんなビジネスを展開していけることも仕事の面白さの一つだろう。

  • 事業内容:ハードウェア、ソフトウェア、ミドルウェアなどを作る
  • 職種:研究開発、エンジニア、営業、事務

新卒採用割合としては、研究開発・エンジニア:営業・事務=3:7くらいのイメージでしょうか。

営業職の割合が多めなイメージ

954万円(KDDI)、748万円(ソフトバンク)、833万円(NTTドコモ)、874万円(NTT東日本)

業界全体(あまり企業は多くないが)の印象としては、他業界より高め

  • キャリア

研究開発・エンジニア:新しいビジネスについての技術的支援ももちろんある。しかしメーカーとは違い、通信の障害対応など縁の下の力持ち的な仕事が多い。研究職であれば、メーカーの研究職同様に研究開発の仕事の様子とかを把握して、考慮しておく必要がある。

営業・事務:もともとスキルや経験がない限り、エンジニアや研究開発にキャリアチェンジすることは難しいです。メーカーの営業・事務と仕事内容は似ている。

3.各業界の特徴まとめ

ここまで各業界の職種別のキャリアや仕事内容などを考察してみた。

評価(0~5)を表にするとイメージはこんな感じかな。

業界 給与 安定性 やりがい 技術力

(スキル)

残業の少なさ 新規性
ネット・Web 3 2 4.5/4 3.5/4 2 5
SIer 4 4 3.5/3.5 3.5/4.5 2.5 3
メーカー 4 4 4/3 3/4 4 4
通信 4.5 5 3.5/3 3.5/4 4 3

※表記法:(営業・事務の評価)/(エンジニア・研究開発の評価)

数値化してみましたが、かなり主観的ですww

あくまで個人の意見としてお考え下さい。

業界ごとの傾向を見てきましたが、会社ごとに仕事の内容や取り巻く環境はまるで違うので、ちゃんと行きたい会社のことは調べましょう。

なにしろ技術の変化は速いから大企業も今後どうなるかはわかりません。

とにかくこの記事で紹介したような仕事のイメージをつかむことから始め、会社などについて詳しい情報を集めるのが大事です。

そのうえで、自分の経験や価値観と照らし合わせて理想の仕事観を自分なりに考えて就活に臨むのがよい思います。(あくまで就活的には)

個人的には直感で面白いなーと思ったことをやるのが好きなので、こういうのは嫌いでした。

あまりテンプレや周りの人の考えに流されすぎず、よい仕事を探しましょう。



スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する