【面白そう】オンライン学習ツールUdemyを知っていますか?

▼この記事をSNSでシェアする▼

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近NewPicksを読むのに凝ってます。通勤電車の中で、することがこれくらいしかないですね。僕は適当に見出しを一通り見て、気になった記事を閲覧するスタイルで見てます。そんな中で面白い記事があったのでまとめてみた。

1.NewsPicksのすすめ

NewsPicks読んでたら、面白いコンテンツについての記事を見つけました。

こないだNewsPicksの有料会員になってしまいました。

以前、日経の会員になっていたことがありましたが、やっぱりこっちのほうがコスパが良くて、個人的な趣向に合っている気がしました。

メリットは

  1. 月会費 1400円 < 4000円弱
  2. ITコンテンツの面白さ
  3. 著名人や一般人のコメントが見れる(ニュースに対する知見が増える
  4. 有識者の対談とかのコンテンツの豊富さ
  5. SNS機能(ぼくはつかっていませんが)

まとめるとこんな感じ

無料だと機能制限があったり、経済ニュース以外はあまりないことがデメリットにはなりますが、非常に魅力的なコンテンツだと思います。トレンドの経済ニュースを幅広く見れて漫然と新聞を読むよりも、ニュースに対する見識をつけやすいと思います。個人的には3番のメリットががもっとも大きい。

そんなNewsPicksを漁っていて見つけたのがこの記事

メルカリ サンフランシスコオフィスで働くエンジニアも注目するオンライン学習の魅力とは?

メルカリのソフトウェアエンジニアの方がUdemyを利用してきた経験とサイバーエージェントなどを渡り歩いたキャリアについて書かれています。

こういう新しくて便利なツールにアンテナを張って、自分のスキルアップを図るのが大事だなとしみじみ感じます。

2.Udemyとは

一言でいうと、

ITやビジネススキルに強いオンライン学習プラットフォーム

アメリカ発のサービスで

日本ではベネッセが運営しているエンジニアのスキルがつくオンラインサービス

トップページはこんな感じ

まず会員登録して、受けたい講座に料金を払って、受ける仕組みになっています。

会員になると月謝を取られるといったこともありません。

これからこういうのが流行しそうですね。プログラミングの必修化・AIの発展などの世間の変化を追い風に、手軽にITの知識を身に着けたい人や専門的な知識を生かして仕事をしたい人のニーズがたくさんありそう。

これまでの王道的な勉強法である「参考書を買う」「塾に通う」「社会人教育を受けに行く」

といったものよりも何より手軽です!

さっそく登録してみた。

ログインすると、講座の一覧が。

コンテンツがすごそう

Git、Python、AIとかもあって面白そう

しかも、今はやりのプログラミング関連の講座が1200円という思わずクリックしたくなるランナップ

Udemyでは、評判通りビジネス、開発、プログラミングなどのジャンルを中心とした動画、記事などのコンテンツが教材となっている。

2017年4月の時点で45000件を超えるコース、英語と日本語合わせて4853件(うち日本語71件)、IT&ソフトウェア分野には2486件(うち日本語41件)を誇っている。

授業形式は主に動画の閲覧で、必要に応じて補足資料をダウンロードする形式。

補足資料の形式は様々で

開発技術に関するコースなら、サンプルコードやプロジェクトファイルが配布される場合もあるみたい。

3.Udemyの特色

内容をあーだこーだ行ってきましたが、Udemyの画期的なところは

  • アプリからも使用可能
  • 講師にもなれる(収益の33%もらえるらしい)
  • 一般人が受講生や講師として参加する形式
  • 割引なしでも24000円
  • 最新IT・ビジネススキルに関するコンテンツが豊富

演習機能がないことや講師が一般人であることはデメリットかもしれませんが、最新IT・ビジネススキルを低価格で習得できるのは大きなメリットです。最新技術についてのスキルとかは、学べる環境がそもそもあまり整っていませんし、、、

何を受講するかすげー迷う。。。

Udemyへのアクセス↓

スポンサーリンク

▼この記事をSNSでシェアする▼

フォローする

メニュー・主な記事カテゴリ

おすすめ特集!




「ゆとり鳥日記」について
ITを中心に関心の赴くままに好きなように書いていく雑記ブログ!管理人が二人います。
◆フクロウ(19卒就活生)
◆トンビ(社会人1年目SE)

詳しいプロフィール
お仕事の依頼・ご要望

ゆとり鳥日記をBTCで応援する